整体で腰痛、肩こり、小顔矯正、骨盤矯正が人気

整体

整体とは痛みやコリの原因は歪みやズレにあるという基本的な概念の下に体を整えていくことで歪みやズレを解消して痛みやコリを楽にしていくことをしているのが整体です。
体に起きるあらゆる痛みや凝りとあらゆる症状というのは歪みやズレを必ず伴いながら起きていますので、風邪をひいても背骨の7番目の骨がずれています。

 

胃の痛みや胃のもたれが起きている時でも、背骨の5番目の骨がずれています。

 

膝の痛みが起きている時でも、背骨の8番目の骨がズレを起こしています。

 

背骨のズレというのは、内臓と関係がありますので、内臓と言っても病気というわけではありませんので、なんでもかんでも病気というのを関係づけることなく説明をしっかりと聞いてください。

 

本当に密接に背骨のズレというのは、内臓と深く関係していますので、内臓の病気というわけではなく、内臓に疲れやストレスが溜まるということがあります。

 

毎日毎日の生活や仕事をすることや、運動することや精神的な緊張やプレッシャーなどで多くなるものが、疲れやストレスなんですが、疲れやストレスがどこに溜まるのかということを知っている方はあまりいませんし、少ないと思います。

 

疲れやストレスというのはもちろん、筋肉にもたまりますが、筋肉よりも何10倍も多くの疲れやストレスが内臓に蓄積していっています。

 

内臓に蓄積する疲れやストレスというのは、筋肉よりもかなり多く、色々な部分から疲れやストレスが内臓に蓄積していき、内臓に蓄積すると内臓が弱っていきます。

 

内臓がズレると筋肉よりも体の中にありますので、体の中から崩れを起こしていき、崩れることで骨盤の歪みや骨盤の開き、背骨のズレになっていきます。

 

生活している限り、生きている限り、疲れやストレスは存在しますので、疲れやストレスが溜まっていないという方はいません。

 

例えばですけど、体重が100キロの方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみたら水分が60%から65%だと言う事なんで65キロ前後が水分だということになりますので、体重の半分以上は水分で構成されているということです。

 

水分に疲れやストレスが溜まるということはないと思いますので、疲れやストレスが溜まるところは別にあるということなんです。

 

疲れやストレスが溜まると簡単に言いますが、疲れやストレスが溜まる所を分かっていなくて疲れやストレスが溜まると言っている代わりに、疲れやストレスを減らそうとする努力はしていません。

 

ストレスは筋肉にもたまりながら内臓に溜まっていくということですから、内臓に溜まると体の内側から崩れを起こし、歪みやズレになるということです。

 

疲れやストレスを感じていない方も、時々いますが、感じていない方ほどむちゃくちゃ体調が悪いということが起きていますので、むちゃくちゃ体調が悪いかたは睡眠負債状態になっている方が多く見受けられます。

整体とは

色々な症状が歪みやズレから起きていますので、腰痛や肩こりに代表される色々な症状と症状ではない体調の悪さというのは全て歪みやズレから起きていて、歪みやズレの原因は内臓にたまった疲れやストレスが原因です。

 

色々なことで疲れやストレスが溜まっていきますので、生活したりすることでも疲れやストレスは多くなりますし、食事を作ったりすることでも疲れやストレスは多くなりますし、掃除をすることでも疲れやストレスが多くなるし、運動することでも多くなりますし、食事をすることでも内臓が働いて分解や消化することでも内臓が働くことで疲れやストレスが多くなっていきますので、内臓からも疲れやストレスが溜まるということが起こります。

 

色々な物事で疲れやストレスは溜まるばかりですから、疲れやストレスがたまる生活ばかりしているということですから、人の体は疲れやストレスとは無縁でいることはできません。

 

疲れやストレスが多く、蓄積して行けば行くほど体は歪んでいき、骨盤が歪んだり骨盤が開いたり背骨がずれたりしていきます。

 

例えばですけど、腰痛の原因は内臓の中でも腰痛に関係しやすいところというのは腎臓です

 

腎臓の働きが弱い方が腎臓に疲れやストレスが溜めやすく、腎臓に疲れやすいですが、蓄積していくと腎臓に関係する筋肉のバランスが悪くなり、骨盤の歪みや骨盤の開きが起こり、背骨がずれて腰痛を起こすことになりますので、骨盤が不安定になった時に重たいものを持ったり、中腰をしたり、前かがみになったりすると体を支えることができませんので体を支えることができない時に切っ掛けで腰痛になります。

 

重たい物を持つことが原因ではありません。重たいものを持つ前に、骨盤の歪みや骨盤の開きがありますので、骨盤が不安定状態になっている時に気がつかないで重たいものを持った時に腰が痛くなります。

痛みやコリ

痛みやコリが起きる時には必ず歪みやズレが起きていますので、歪みやズレを直すこともなく、楽にする方法もあるんです。

 

痛みやコリの原因は歪みやズレにありますが、歪みやズレを改善することもしないで楽にする方法があります。

 

歪みやズレを改善することなく、楽にする方法というのは、湿布を貼ったりしても楽になることがあるために湿布を貼って楽になる程度であれば楽になるという感じです。

 

ドラッグストアなどに売っているサプリメントなどを飲んでも痛みやコリを楽にすることができるために、栄養やミネラルやビタミンというものや何かのエキスが入っていますので、何かのエキスで楽になることもあるでしょう。

 

マッサージをしても痛みや凝りが楽になることもありますが、マッサージというのは筋肉に対してほぐすことをして柔らかくすることをして、楽にする方法です。

 

また、ボキボキしても楽になることもありますし、低周波治療器などをかけても楽になることがありますが、歪みやズレば残ったままになっています。

 

歪みやズレを残したままでも楽になることはありますが、楽にすることと治すということは意味が全然違います。

 

歪みやズレを残したままだと、悪化した形で出てくるか違った形で出てくる可能性がありますので、例えば腰痛であれば脊椎管狭窄症という感じになったりします。

 

肩こりの部分であれば、長期間歪みやズレがあると神経の麻痺が起こったり、手の握力の低下が起こったりすることもあります。

 

歪みやズレを改善しなくても楽にすることがありますので、逆にすることと治すということは違うと言う意味なんです。

疲れやストレスの蓄積

ヒトの体というのは、生活をする事や動いたりすることや運動することで色々な疲れやストレスを溜めてしまい、仕事をすることでも疲れやストレスを多く貯めてしまいますので、疲れやストレスを食べることが原因で歪みやズレになります。

 

しかし、疲れやストレスというのは先程も説明したように内臓に蓄積していきますので、内臓が疲れやストレスを溜めていくと痛みやこりだけではなく、徐々に自分自身も細胞の変化が起きていきます。

 

自分自身の変化というのは、変な話ですが、自分自身の変化が起きれば細胞が変化していくことが起きてしまいますので、細胞が変化するということは老化するという形で起きていきますので、内蔵の老化の最終形態が病気という感じです。

 

実は痛みやコリというのは密接に内臓の状態に深く関係していますので、単純に急激に1年や2年で病気になることはありませんが、進行途中で痛みやコリになっています。

 

人の体には弱い部分とそうでもない部分がありますので、そうでもない部分は何も痛みや栗になりにくく先将来の問題につながることもありませんが、弱い部分には疲れやストレスが溜まりやすく、何かの症状を時々起こしながら細胞の変化が起き病気に近づいていきます。

 

腰痛が起きる方も弱い腎臓に疲れやストレスがたまることが原因で進行途中で腰痛や腰の痛みを起こしています

 

必ず背骨のズレが起きて痛みやこりになりますので、背骨のズレというのは密接に内臓に深く関係を持っていますので、内臓を疲労させると、歪みやズレになります。

睡眠負債と整体

体を整えていくのが整体なんですが、最近多くの方が睡眠負債状態になっていますので、睡眠負債状態というのは寝ているようで眠れていないのが原因なんですが、眠れていないことさえ分かっていない方が多くいます。

 

眠りというのは、脳が出ていることを言いますので、脳が寝ていない限りは寝ているとは言えません。

 

夜寝ようとするとすぐ眠れるし、朝まで目が覚めないから寝ていると思ってる方が最近増えています。

 

普通でしたら良い睡眠をしているような感じなんですが、実は眠りが浅いことさえ分かっていないからです。

 

眠りというのは、熟睡状態が数分の時間あることを言いますので6時間の睡眠のある方でも眠りにつく時間が5分ぐらいだとしたら、目が覚める時間も約5分ぐらいだとします。

 

その中で夢を見ている時間というのは、たった5分だったり短時間で夢を見ていますので、長く夢を見ていたなと記憶にあっても数分の時間になりますので、あと残った時間、5時間45分の時間がどういう状態の時間になっている日は寝ているから分かっていません。

 

5時間45分の時間がすごく悪い睡眠になっているんです。

 

すごく悪い睡眠というのは、寝ながら考え事をしてる睡眠なんですが、寝ながら考え事を知る睡眠は目が覚めた瞬間に忘れてしまう睡眠でもあります。

 

寝ながら考え事をしてる睡眠というのは、夢よりも記憶に残りにくく、目が覚めた瞬間に忘れてしまいます。

 

夜寝ようとするとすぐ眠れて寝ながら考え事をしてる時間が3時間も4時間も5時間もあるということなんです。

 

寝ながら考え事をしている睡眠というのは、大脳が働いている睡眠ですから、体がいくらスースー寝息を立てていても誰が見ても寝ているように思えても寝ていません。

 

眠りが浅いということは、大脳が弱っていきますので、大脳が言われということは痛みやご利用感じにくくなり、風邪を引くこともなくなるということなんです

 

大脳が元気だから、体の中に細菌が増えてしまうと、風邪を発症させるような感じになっていきますが、大脳が弱ってしまっていると熱を上げることもできなくて、細菌を減らすことはできません

 

 

 

八幡東区八幡西区戸畑区若松区門司区から人気がある整体に訪れています。

page top