整体で腰痛、肩こり、小顔矯正、骨盤矯正が人気

更年期障害

更年期障害になる時には、どうして更年期障害になったのかということを探さなければ解消することができませんので、更年期障害というのは40歳から50歳の女性の方が閉経前後で体調を崩した時にホルモンのバランスが悪くなった状態で起きるのが更年期障害です。
しかし、閉経前後だからといって更年期のような症状が起きるということはありませんので、何かの原因があるから更年期障害になっているという風に考えた方が正解だと思います。

 

更年期障害になる時には、だるいとか疲れやすいとか眠れないとかイライラするとか病気があったり肩こりがあったコリがあったり、いろいろな部分の不調状態を起こしていきます。

 

更年期障害というのは、自律神経失調症と起きる色々な症状が同じなので、自律神経失調症というのは年齢に関係なく起きてしまうので、閉経とはあまり関係がありませんが、症状的には似通っています。

 

更年期障害と言うと病院で診断されてしまう方が多くいますが、病院で行なう治療というのは薬を服用することが多く見受けられますが、薬を服用しながらでも当院の治療を受けることが体調を整えていくことをしていますので、体調を整えていくことが原因で色々な症状が楽になっていきますので、薬を服用しながらでも構いませんので、体を整えていくことから始めていきませんか。

 

更年期障害が起きる時には色々な部分に歪みやズレが起きていますので、歪みやズレが起きているだけでも色々な症状が起きてしまいますので、まずは歪みやズレから整えていくことをしなければ更年期障害を治すことはできません。

 

更年期障害が起きる時には必ずあるものが関係していますのであるものというのは二つ原因があります。

疲れやストレスの蓄積

体には多くの疲れやストレスが蓄積していますので、疲れやストレスが多く、たまることが原因で身体は歪みやズレを起こしていきますが、疲れやストレスというのはどこに溜まるのかということが一番の問題だと思います。

 

疲れやストレスがたまるところがあるから、色々な症状を起こしたり歪みやズレになるということなんです。

 

疲れやストレスというのは、毎日毎日の生活や仕事をすることや、運動することや歩いたりすることやジョギングをしたりすることや買い物をすることや車の運転をすることやデスクワークをすることや色々な物事で多くなったりするものが体に蓄積していきますが、体のどこに溜まるのかということが一番のトラブルの原因なんです。

 

疲れやストレスというのは、例えばですけど、体重が百kgの方がいるとしたら、体をぎゅっと搾ってみれば65キロもの水分が出てきます。

 

65キロもの水分ということは、体重の半分以上が何らかの水分だということですから、水分が何かを起こすということはありませんし、水分に疲れやストレスが溜まるということは考えられませんので、あと残った35キロの中に疲れやすいですが、溜まって色々なものになるという原因があるということなんです。

 

あと残った35キロの中には皮膚の重さと筋肉と靭帯の重さと脂肪の重さと骨の重さと、あとはリンパと血管と神経の重さと中枢神経系、大脳と脳幹と脊髄の重さと内臓の重さになります。

内臓に溜まる疲れやストレス

内臓に溜まる疲れやストレスですから、何でもかんでも内臓というと病気というのを結びつけることなく、内臓に疲れやストレスがたまるということで、体は歪んだりズレたりしていきます。

 

毎日毎日の生活や動いたりすることや、仕事をしたりすることや、運動したりすることが多くなると疲れやストレスが生まれていきますので、疲れやストレスが多く蓄積していくのが内臓に蓄積していくということなんですが、体を動かすだけが疲れやストレスを多くしてしまうものではありませんので、もう一つの原因があります。

 

もう一つの原因というのは、内臓は食事をしたり、アルコールを分解したりすることをしていますので、内臓が働いてくれているから消化したり、分解したりすることができますので、内臓も働いています。

 

内臓が勝手に働いてくれていますので、エネルギーを作って生活するエネルギーになりますけど内臓が勝手に働くことでも疲れやストレスが多く、内臓に蓄積していきます。

 

内臓が勝手に働いて消化や分解を行うことでも疲れやストレスが多くなりますし、生活して体を動かすことでも疲れやストレスが多く、内臓にたまっていきますから、両面から疲れやストレスが内臓に蓄積していくということが起こります。

 

内臓に疲れやストレスがたまることが原因で骨盤の歪みや背骨のずれが起きていきますので、背骨のズレや歪みが起きると体は誰でも痛みやこりを伴いますし、体の不調状態を起こしていきます。

ホルモンにも疲れやストレスが溜まります

当然なことなんですが、内臓に疲れやストレスが溜まると説明していますので、ホルモンの部分にも疲れやストレスが溜まりますので、疲れやストレスというのはどこでも構わずに溜まっていくのが疲れやストレスです。

 

では一番、疲れやストレスが溜まりやすいホルモンというのはどこなんでしょうか。

 

最近は多くの方がある部分に疲れやストレスが多く、たまってしまって本人にも気が付かない状態で体調がどんどん落ちてしまっているという方が多くなっていますので中には麻痺状態を起こしている方がいます。

睡眠負債と更年期障害

最近は多くの方が眠れていると思っていますが、実は眠りが浅い睡眠になっていて眠れていない方が多くなっていますので、眠れていない方は検査することでも分かりますし、頭を触ってみると眠れていない方の頭は固く張っていた、ブヨブヨしていたり、変形が強くなっていたりという色々な状態になっていますので、すぐ分かります。

 

夜寝ようとするとすぐ眠れるし、朝まで目が覚めないから寝ていると単純に考えているだけの方が多くなっていますので、眠りというのは大脳が休養とって熟睡状態になることを言います

 

目が覚めないから寝ているというわけではありません

 

夢というのは、目が覚める瞬間に見ているから、記憶に残り覚えていますが、夢というのは長く夢を見ていたと思ってもたった数秒の時間だったり数分の時間だったりという感じで起こす脳のトリックなんです

 

夜寝ようとするとすぐ眠れて寝ながら考え事をしてる時間が5時間も6時間もあって目が覚める瞬間に夢を見ています

 

目が覚める瞬間に見ている夢しか覚えていないのは当然なんですが、寝ながら考え事をしている睡眠というのは目が覚めた瞬間に忘れてしまう睡眠です

更年期障害と眠り

更年期障害になる時には多くの方が疲れやストレスが蓄積した状態で内臓のバランスが悪くなってしまい、大脳が弱ってしまうことが原因で更年期障害になった年齢に近づいた方が起きています。

 

更年期障害になるためには40歳から50歳代の年齢が関係しますが、閉経前後だということだけで判断される場合が多くあり、体の状態の検査をすることは病気ではない限りできません。

 

病気の検査はいろいろありますが、血液検査や尿検査やレントゲン検査やMRI検査やエコー検査など色々な検査法がありますが、これらで陽性が出る場合は、ほとんど場合の病気です。

睡眠負債と更年期障害とは

必ず睡眠負債が起きている時には内臓の働きのバランスも悪くない内臓に疲れやストレスが多く蓄積している時で眠りが浅くなっていますが、目が覚めないから寝ていると思っている方が多くなっていますので、気がつかない状態で更年期障害の年齢に近づいた方が更年期障害になっています。

 

病院という所は病気の専門家ですから、病気になっていない限りは色々な検査をしてもわかりませんし、病気として完成してしまったら数値の異常が出て陽性反応を示し、病名がつくということをしています。

 

しかし、更年期障害というのは病名であって病気らしい病気ではありませんので、薬で抑えるしかありません。

 

 

 

 

 

八幡東区、八幡西区、戸畑区、若松区、門司区などから更年期障害を解消する。

page top