整体で腰痛、肩こり、小顔矯正、骨盤矯正が人気

更年期障害

 

更年期障害になってしまったらどうしますか。更年期障害というのは50代前後の女性に閉経で訪れている年齢の間に起きるのが色々な症状として感じることがありますので、更年期障害という名称がついています。
更年期障害と自律神経失調症というのは、同じような症状を起こしますので、分別するためにも50歳前後の閉経の女性の方に付ける名称が更年期障害という感じでついてしまいますので、最近は30代の方や40代の方でも更年期障害になるという感じですから、分け隔てはなくなってきています

 

普通でしたら生理が終わる閉経前後に色々な症状が起きるのが更年期障害という病名がつきますが、ホルモンの異常などにより異常な体のだるさや眠れない、頭痛や腰痛や肩こりやお腹を壊しやすいなどいろいろな症状が起きてしまうのが特徴の1つです。

 

自律神経失調症になる場合は、男性だったりと、または閉経前後ではない女性の方がなるのが自律神経失調症という感じなんですが、更年期障害と本当に似ているため、あまり差はありません

更年期障害は

更年期障害というのは、ホルモンの異常で起きてしまうと説明が病院ではなされていますが、ホルモンがどうして異常になっているのかということは分かっていませんので、ホルモンの異常というよりも体調の異常といった方がいいと思います。

 

体に何かの症状が起きる時には全部と言っていいほど体調が落ちて崩していることが原因ですから、体調が落ちるということはどういうことが起きているのかに問題があります。

 

更年期は更年期であるでしょうが、本当にそれが原因なのかということを考えなければいけません。

 

なんでもかんでも更年期つまり閉経のせいにしている場合もありますので、検査することで異常のある部分を見つけ出すことをしています。

 

更年期による閉経でホルモンのバランスが悪くなるというのをあるでしょうけど、当院の院長は体調の検査をすることができますので、体調の検査をすると本当に異常事態ということがわかる感じです。

更年期障害は体調から

更年期障害というのは、体調を崩していることが原因で崩している時に閉経を迎えたのが一因になっています

 

多くの更年期障害の方の体調を上げて整えていくことができれば、更年期障害というのは障害らしい障害はなくなってくると思います

 

更年期障害というのは、体調を崩している状態で落ちていますので、どういう風に体調を崩しているのかというと疲れやストレスの蓄積と睡眠負債状態に原因があると思います

疲れやストレスの蓄積

何事にもお疲れや、ストレスの蓄積というのがありますが、疲れやストレスというのは毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することや掃除をすることや洗濯をすることや車の運転をすることや買い物をすることや歩いた人、ジョギングをしたりすることでも多くなったりするものが体に蓄積していくことが原因で体調を落としている時に閉経を迎えたりすると、更年期障害に陥る場合が多くあります。

 

閉経前後の状態と体調とした時が重なった時に起こりやすくなっていると思いますので、まずは体調を上げて整えていくことをしていけば色々な症状が解消していくことが多く見受けられますので、経験上から言ってもまずは体調から上げて整えていくことをしなければいけません。

 

しかし、体調というのはどういうことなのかということになりますが、体調ほど抽象的な言葉はなく、意味がイマイチわからないというのが体調なんですが、痛みやコリがないからといって体調が良いとは限らないし、自分で感じていない状態が多く見受けられます。

疲れやストレスがたまるところ

疲れやストレスというのもたまるところがあるから、溜まっていくわけですけど、どこにたまるのかということを考えたことがない方が多くいますので、疲れやストレスというのは体に溜まるということはわかっていると思いますが、どこにたまるのかということを突き詰めなければいけません。

 

例えばですけど、体重が100キロの方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみたら水が65キロにもなって出てきます。

 

体重の半分以上が水分だということなんですが、水分が何かを起こしたり疲れやストレスがたまる所だということは説明がつきませんので、どこに溜まるのかという他に原因があります。

 

疲れやすそうですが、たまるところというのは後残った35キロの中にあるわけですけど35キロの中には皮膚の重さと筋肉と靭帯の重さと脂肪の重さと骨の重さとあとは中枢神経系脳大脳と脳幹と脊髄の重さと内臓の重さになります。

 

この中で疲れやストレスが溜まりやすいというところは、中枢神経系も内臓-1部ですから、内臓と筋肉ということになります。

疲れやストレスが溜まっていくと

疲れやストレスが溜まっていくということは、どういうことが起きていくのかということになりますし、中枢神経系と内臓と筋肉に疲れやストレスが溜まると言っていますので、ホルモンをコントロールしているところは全て大脳の部分の大脳の脳下垂体に関係しています。

 

つまり、大脳にある脳下垂体が何かのトラブルを起こしているというのも考えられないことはありませんので、何かのトラブルというのは病気というわけではありませんし、何でもかんでも病気というのを結びつけるのはやめてください。

 

内臓に疲れやストレスがたまるということを説明していますので、内臓に多くの疲れやストレスがたまることが原因で内臓は働きの低下を起こしていきます。

 

内臓の働きの低下が色々な部分の歪みやズレを起こしていきますので、第1位起こりやすいのは骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレになります。

内蔵に溜まっていく疲れやストレス

内臓には多くの疲れやストレスが溜まっていますので、疲れやストレスが溜まっていく事が原因で色々な内臓の働きが低下していきますので、内臓の働きの低下から歪みやズレだけではなく、色々な部分にあるホルモンの異常が起きていきます。

 

この時にあることが重なったものが起きます。

 

あるものというのは、睡眠負債状態です。

睡眠負債と更年期障害

睡眠負債状態というのは、寝ているようで眠れていないのが原因なんですが、本人も眠れていると勘違いしているぐらいある現象が起きていきます。

 

睡眠負債という状態は、夜寝ようとするとすぐ眠れるし、朝まで目が覚めないから寝ていると勘違いしているのが原因なんですが、目が覚めないから寝ていると単純に思っているだけなんです。

 

睡眠負債という状態は多くの方に起きている現象ですが、夜寝ようとするとすぐ眠れるし、朝まで目が覚めないから寝ていると思っているだけなんですが、寝ている時に寝ながら考え事をしている時間になっています。

 

睡眠負債状態が起きていると、夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えていますので、夢を長く夢を見ていたような記憶があってもたった数秒の時間だということなんです。

 

こんな状態の睡眠をしていたら、体調が悪くならない訳はないし、更年期障害や自律神経が乱れない訳はありません。

 

更年期障害は直そうと思うなら、内臓にたまった疲れやストレスを減らすことが一番だし、検査をしてみて本当に眠りができているのかということを考えていかなければいけません

 

最近は多くの方が眠れていないので、眠れていない方は睡眠負債状態になっていますので、初めに一番わかりやすい事の部分はうっかりが多くなったり、物忘れが多くなったりすることです。

 

 

 

八幡東区八幡西区戸畑区若松区門司区から更年期障害を解消する為に。

page top