整体で腰痛、肩こり、小顔矯正、骨盤矯正が人気

浮腫み

 

浮腫みを解消する為には、何をしたら浮腫みが減るのかということと、浮腫みとはどういうことなのかということを知らなければ浮腫みを減らすことはできません。
最近は多くの方が浮腫みの解消に訪れていますが、浮腫みを減らすためには何が必要なのかということを知る必要がありますので、浮腫みというのはリンパの働きが悪くなって老廃物が多く蓄積していることが原因ですから、つまりは水の蓄積です。

 

水と言ってもリンパ液ですから、老廃物が多く含まれているのは当然ですが、どうしてリンパ液が流れていかなくて浮腫みになっているのかということを見つけ出すことをしないと単純にリンパマッサージをしただけでは軽いマッサージと同じですから何も改善策にはなっていませんし、いくら引き締まってもまた終わった瞬間から戻っていきます。

 

浮腫みには浮腫みになるだけの原因があるから、浮腫みになっている訳ですから、むくみの原因として考えられる一番のものは体の状態に関係しています。

 

浮腫みと脂肪というのは違いますので、脂肪はつまんでみると脂肪が中にあるのが脂肪ですから、浮腫みというのは脂肪も少しはあると思いますが、多くはリンパ液ということになります。

 

浮腫みを減らすためには、どうして浮腫みが起きているのか、どこから浮腫みが起きているのかということを見つけ出さなければ分かりませんので、普通一般的に見てサプリメントを飲んでも浮腫みは減りにくく、ダイエットをしても浮腫みは減りにくく、運動をしても浮腫みは減りにくくジョギングをしても浮腫みとは関係ありませんから逆に浮腫みが多くなってしまいますので、どうして浮腫みが起きるのかということを見つけ出さなければいけません。

 

そのためには、検査することをしていますので、検査と言っても病気の検査ではありませんので、病院で行なうような血液検査や尿検査やエコー検査やレントゲン検査やMRI検査などをして分かるのは病気ですから当院で行う検査というのは病気の検査ではありません。

 

浮腫みというのは、病気でも起きてしまうことがありますので、病気の段階で起きてしまうむくみは腹水が一番わかりやすいと思いますのでお腹の中に水がいっぱい溜まってお腹がパンパンに張ったりぶよぶよになったりすることが腹水と言いますので、それと同じことだということなんです。

 

しかし、多くはそこまでなっていませんので、似た症状が起きているということを考えた方がいいと思いますので、似た症状ということはあまり体調が良くないということだと思いますが、最近多くの方が睡眠負債状態になっていますので、睡眠負債状態の方は色々な症状を感じにくくなっていますので分からなくなっていることが多くあり、どんなに体調が悪くてもわからない方も時々います。

疲れやストレスと浮腫み

浮腫みがどうして起きるのかということを説明しなければ、浮腫みを解消することができませんので、浮腫みというのは毎日毎日の生活や仕事をすることでも、運動することでも車の運転をすることでも、食事を作ることでも掃除をすることでもジョギングをすることでも旅行をすることでも精神的なプレッシャーや緊張を加えられることでも多くなったりするものが原因なんです。

 

多くなるものというのは、疲れやストレスです。

 

疲れやストレスというのはどこに溜まるのかということが一番、問題になるんですが疲れやストレスというのは筋肉にもたまりますがある部分に何10倍もの疲れやストレスが溜まるということがわかっています。

 

疲れやストレスというのは、筋肉にもたまりますが、例えばですけど、体重が100キロの方がいるとしたら100キロの体をぎゅっと搾ってみれば水分が65キロにもなりますので体重の半分以上が色々な部分の水分だということがわかります。

 

水分が何かを起こすということはありませんので、あと残った35キロの中に疲れやストレスがたまるところがあるということなんです。35キロの中には皮膚の重さと筋肉と靭帯の重さと脂肪の重さと骨の重さと神経と血管とリンパの重さと中枢神経系と内臓しかありません。

 

この中で疲れやストレスが溜まりやすい所というのは、中枢神経系も内臓の1部ですから、内臓と筋肉だということが消去法で分かります。

 

筋肉よりも体の内側にあるのが内臓ですから、内臓も食事をすることやアルコールを飲んだりすることや脂分を分解したりすることでも色々内臓が働いていますので、生活したり、動いたりすることだけではなく、内臓が紹介したり分解することでも仕事をしているんです。

 

内臓が働いて紹介したり、分解したりすることでも内蔵自体に疲れやストレスが溜まっていきますし、呼吸することでも肺が働いて血液と酸素を混ぜることをしていますので、背が働いているだけでも肺は疲れていくということが起きても当然だと思います。

 

そして、それ以上に毎日毎日動いたり仕事をしたり、運動したり生活したりすることでも疲れやストレスは内臓に溜まっていきますので、両面から内臓に疲れやストレスが溜まっていくということで内臓の働きが病気ではない状態でどんどん低下していきます。

 

忘れましたけど、内臓と言っても病気と言ってる訳ではなく、内臓に疲れやストレスが溜まると説明していますので、病気とは勘違いしないでください。

 

内臓に毎日毎日の疲れやすですが、溜まっていきますが疲れやストレスを減らすことができるのは唯一、寝ている時だけなんですが、最近多くの方が睡眠負債状態で寝ているようで眠れていません。

 

内臓が疲れるから体が疲れたと感じるわけです。

 

内臓に疲れやストレスがたまることが原因で身体が疲れたと思います。

 

疲れを感じる時には、筋肉に疲れやすいですが、溜まった時でも乳酸が多くなり、リンパの中だけは悪くなることが原因で疲れを感じることもありますが、内臓の方が何10倍も疲れやストレスを溜めていますので、内臓にたまった疲れやストレスの方が多いということです。

 

内臓に疲れやストレスがたまることが原因で内臓の働きが低下していき、内臓の働きが低下することが原因でむくみを多くしてしまいます。

 

内臓の働きが落ちることが原因でリンパの働きが悪くなり、リンパの働きが悪くなることが原因で老廃物が多く蓄積していき、循環が悪くなっていき、働きが低下した状態でむくみになります。

 

浮腫みの方を検査してみると、異常と思えるほど奈落の底のような体調をしている方やどん底のような体調をしている方がいますが、多くの方はそれを感じ取っていません。

 

普通は奈落の底のような体調をしていた人、どん底のような体調をしていたら調子が悪くて悪くてしょうがないという風に感じなければいけませんが、睡眠負債状態があると大脳が弱ってしまっていますので、痛みやコリを感じにくく、自分がどんだけ体調が悪いのかということも分からなくなっていきます。

 

体は単純に循環を良くすればいいというわけなのはなく、循環を良くすれば必ず内臓を通らなければいけませんので、内臓の仕事量が増えてしまうということになりますが、内臓が元気であれば仕事量が増えてもこなしきれと思いますが、内臓疲弊状態や内臓衰弱状態が起きているとそういうわけにはいきません。

睡眠負債と浮腫み

最近は多くの方が眠れていると勘違いしているぐらい睡眠負債状態が起きていて、眠れていません。

 

眠りというのを勘違いしている場合が多くありますので、眠りというのは大脳が休養とって寝ていることだけを眠りといいます。

 

夜寝ようとするとすぐ眠れるし、朝まで目が覚めないから寝ていると単純に目が覚めないから寝ていると思ってるだけなんです。

 

目が覚めないから寝ていると思うこと自体が寝ているから分からなくなっている証拠なんですが、単純に昔でしたら不眠症という言葉があるように夜寝ようとすると1時間も2時間も3時間も眠れなかったり、夜中に何回も目が覚めてしまう方やトイレに行く方が不眠症という状態でしたが、最近の睡眠負債状態は違います。

睡眠負債状態というのは、目が覚めないんです。

目が覚めないけど、眠りが浅い状態が1時間も2時間も3時間も4時間も5時間も6時間もあるのが睡眠負債状態です。

 

しかし、寝ている本人は目が覚めないから朝まで眠れていると勘違いしています。

 

夢というのは、目が覚める瞬間に見ているから、記憶に残り覚えていますが、夢は永い夢を見ていたような記憶があっても脳がを起こすトリックであり、たった数秒だったり数分の時間でしか夢を見ていることはできません。

 

誰が見てもスースー寝息を立てているような眠りをしていても、本当の意味で脳が寝ているか、どうかは分かりません。

 

本人も寝ているからもっと分からないと思います。

 

疲れやストレスというのは、大脳が休養とって寝ている時に解消して減らせることができます。

 

単純に目が覚めないから寝ていると思わないでください。検査をしてみると骨盤の歪みや骨盤の開きがむちゃくちゃ大きくあったり、背骨がガタガタしているぐらいずれていたりということが起きていると体調が落ちているということなんです。

 

そして当院では頭を触ればすぐにわかりますけど眠れている頭なのか眠れていない頭なのか、判断することができますし、検査をしてみると大脳がどれぐらい衰弱しているのか弱っているのかということがすぐにわかりますが、大脳が弱ってしまっていると大変まずいことに脳細胞の急激な現象が起きていきます。

 

脳細胞の急激な減少も急速に進行していき、年齢以上に脳細胞が急激な現象を起こしていきますので、いつかは何かが起きていきます

 

脳が弱っただけでも痛みや凝りを感じにくくなり、骨盤の歪みや骨盤の開きなどがむちゃくちゃあっても背骨がガタガタ状態でも何も症状を感じないという方もいます

 

体調の悪さというのは、自分で感じなければいけませんが、感じない方は太りやすくむくみやすくなるのは当然なんです

むくみを減らすなら

浮腫みを減らそうと思うなら、体に蓄積した疲れやストレスを減らすことから始めなければいけません。

 

体に蓄積した疲れやストレスと内臓に蓄積した疲れやストレスと睡眠負債状態から起きてしまった大脳の疲労や衰弱などが原因で浮腫みとして起きてしまっています。

 

 

 

八幡東区八幡西区戸畑区若松区門司区から多くの方が痛くない方法でボキボキぼしない方法で浮腫みを解消することをしています。

page top