生理痛

生理痛を解消していくためには、毎月毎月の生理の時に色々な症状で悩んでいないで原因がありますので、原因を早く見つけ出すことが大切になります。
生理痛というのは色々な症状を起こしてしまいますので、ホルモンのバランスが悪いとか普通一般的に言われますが、生理痛には生理痛になる原因がありますので、原因を見つけ出して解消していくことをすれば生理痛などの色々な症状が楽になっていくと思います。

 

毎月の生理痛がひどい方は下腹部が重たくなったり、腰痛が起きたり、イライラしたり頭痛が起きたり、肩こりになったり、体がだるくなったり不安になったり眠れなくなったり、あらゆる症状が起きてしまっていますが、これらも全て原因があるから起きている証拠なんです。

 

体というのは必ず何かの症状が起きる時には原因が裏側に潜んでいますが、病気ではなければ病院に行ってもわかりませんし、病院というところは病気の専門家のいるところですから、病院では生理痛の原因は病気になっていない限りは分かりません。

 

生理痛でも卵巣や子宮の病気というのもありますが、多くの生理痛の場合、病気ではない状態で生理痛が起きてしまっていますので、病院に行って薬をもらっても検査をしても異常なしという感じで済んでしまいますので、何かのホルモンの異常という感じになると思います。

生理痛とは

どうして生理痛が起きるのか、なぜ生理痛が起きるのかということを見つけ出さかければ、生理痛を良くすることはできませんので、生理痛を楽にする、痛み止めや症状を抑える薬ばかり飲んでいると原因もいつまでも同じままではいられませんし、進行するということが考えられるということです。

 

生理痛には生理痛になる原因があるから、生理痛になります。

 

生理痛になる原因を見つけ出さなければいけませんが、当院では検査することをしていますが、総合的な検査をしてみると生理痛で訪れた方全員が異常と思えるほど体調が悪くなっています。

 

生理痛というのは、病名であって、病気ではありませんので、病院で検査をしてもわかりませんし、ホルモンの異常だという判断のもとに薬が出される場合が多くありますが、ホルモンがどうして以上になっているのかという原因も潜んでいますので、原因を見つけ出さなければ薬で抑えても効果的にはいいかも分かりませんが、長い目で見たら変化していませんので、変化させなければいけないということなんです。

 

生理痛には生理痛になる原因がありますので、検査をしてみると生理痛で訪れた方全員が体調が悪く奈落の底のような体調をしていたり、どん底のような体調をしている方が多くいますので、自分でも体調の悪さを感じなければいけませんが、体調の悪さを感じていない方が多くいます。体調の悪さを感じない割には生理痛を感じてしまっています。

生理痛の原因

生理痛が起きる原因は体調と体質にありますので、体調を検査してみると異常と思えるほど体調が悪くなっている方が多くいますので、体調が悪いということは骨盤の歪みや骨盤の開きが起きているということなんですが、骨盤の中に卵巣や子宮があるということですから、骨盤のゆがみが生理痛に影響しているという風に考えることは当然だと思います。

 

体には毎日毎日多くの疲れやストレスが溜まっていきますので、疲れやストレスがたまることが原因で歪みやズレが起こりますので、歪みやズレは誰でもあるものですから、特殊なものではありません。

 

毎日毎日の生活や仕事をすることや、運動することや体を動かすことで疲れやストレスが多くなりますが、疲れやストレスがたまるところがあるから何かの異常を起こすわけですけど、疲れやすいですが、たまるところというのは筋肉にもたまにながらある部分に筋肉よりも何10倍も多くの疲れやすですが、溜まっていきます。

 

疲れやストレスがたまるところが問題なんですが、疲れやストレスが溜まる所というのは筋肉にもたまりながらと説明しましたが、ある部分というのは内臓です。

内臓に溜まる疲れやストレス

内臓に溜まる疲れやストレスというのは、内臓と言っても病気ではありませんので、なんでもかんでもないぞというと病気というのを関係づけるのはやめてください。

 

内臓にも疲れやストレスが溜まっていきますし、アルコールを飲んだり食べたりすることでも内臓が働いてくれているから栄養成分や消化や分解ができますので、消化や分解をすることでも内蔵自身に疲れやストレスがたまるということが起こります。

 

内蔵というのは筋肉よりも体の内側にありますので、筋肉よりも体全体に与えるダメージが大きく、体全体に与えるダメージのために体の中から崩れていくということが起こりますので、体の中から崩れていくと骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレになっていきます

 

しかも内臓に貯まるという風に言いましたが、生理痛が起きる方は卵巣や子宮が弱いという問題がありますので、卵巣や子宮が弱いと疲れやストレスが溜まりやすく疲れやすいですが、溜まることが原因で骨盤の歪みや骨盤の開き、背骨のズレになっていきます。

 

卵巣に関係する背骨は腰椎-3番目が卵巣に深く関係をしています。

 

子宮に関係する背骨は腰椎の5番目が子宮に関係をしています。

背骨のズレが起きる

生理痛になっている方、または生理痛になりやすい方は腰椎-3番目の骨と5番目の骨が歪みやズレを起こしていますので、歪みやズレが起きると腰が痛くなるのは当然だと思いますし、内臓のある位置から考えても下腹部が重たくなったりすることは当然起こります。

 

卵巣の支配する、腰椎-3番目と5番目の位置と内臓自体がある下腹部の部分が重たくなったりするのは内臓の働きが悪くなって低下した状態で炎症や腫れが起きているということがあると思います。

 

そして、生理になった時に体調を落としていると色々な内臓の働きが悪くなりますので、内臓の働き悪くなったところの部分で症状を感じたり、背骨の部分で感じたりして生理痛を色々な状態に広げてしまっています。

生理痛になる時には体調と体質が関係しています

生理痛になる時には根底にある体質が関係していますので、体質的な悪さがない方は生理痛や生理不順は起こりません。

 

根底にある体質が関係しているということは、子宮や卵巣が弱いということですから、子宮や卵巣が弱いと働きが低下しやすく、疲れやストレスが溜まりやすくなるということで、骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレになっていきます。

 

内臓のある位置と背骨のズレが必ず起きてしまうのが生理痛なんですが、根底にあるものは体質ですから体質というのは内臓が弱いという部分があるということなんですが、人の体には弱い部分とそうでもない部分が存在しています。

 

強いというわけではありませんが、そうではない部分はあまり色々な症状に関係することはありませんが、弱い部分というのは色々な症状に関係をしていますので、弱い部分の内臓は生理痛を起こすということです。

根底にある体質を改善しなければいけません

生理痛は体調と体質に関係があるというに説明しましたが、根底にあるものは体質ですから、いくら体調ばかり楽にすることをしていても意味はありませんので、体質改善の治療が一番だと思います。

 

体質を改善していくためには、まずは体調を上げて整えていくことをして炎症や腫れや内臓にたまった疲れやストレスを軽くすることから始めなければいけませんので、軽くすることから始めると骨盤の歪みは骨盤の開き、そして背骨のズレが整っていきます。

 

 

 

八幡東区と八幡西区と戸畑区と若松区と門司区などから多くの方が生理痛を改善するために訪れています。

トップへ戻る