整体で腰痛、肩こり、小顔矯正、骨盤矯正が人気

生理痛

生理痛を解消するならどうして生理痛が起きるのかということを検査する事で見つけ出すことをしていますので、検査して多くの生理痛を改善することができています。
生理痛を改善していくためにも、薬ばかり使って痛み止めになってしまっていますので1時的に痛みを止めてもまた次の月に同じことが繰り返されますので、同じことが繰り返されるということは慢性化したり長期に及んでしまう状態になってしまいますので、生理痛の原因を改善していくようにして変えていくことをしています。

 

生理痛には生理痛が起きる原因がありますので、病院でも検査してホルモンの異常だとか言う感じで生理痛を薬で抑えようとしていますが、原因が潜んでいるわけですから、原因を探して見つけ出すことをして生理痛を楽にするというよりも改善するようにしています。

生理痛が起きる時には

生理痛が起きる時には原因が潜んでいますので、原因を見つけ出すことをしていくためにも、全体的な体調というのも全ての問題-1つになります。

 

生理が起きている時に体調が悪いとホルモン系統のバランスが悪くなっているのは当然ですから、体調を上げて整えていくことをしないといつまでたっても体調が落ちたままでは生理痛が良くなることもありませんし、生理になったら色々な症状が起きてしまうということが起きてしまいます。

 

生理痛が起きる時には体調が深く関係をしていますので、体調が良い状態の時には生理痛は軽くなるでしょうし、体調が悪い時には生理痛が酷くなると思います。

 

その時、その時でも起きる色々な症状が違うのが生理痛なんですが、どうして違うのかということを考えれば、その時の体調が関係しているということがわかります。

 

今まで多くの方の生理痛を楽にすることをしていますが、楽にするだけでは意味ありませんので、生理痛を起こしている原因を探さなければいけません。

 

そのためにも、生理痛を起こしている原因を見つけ出さなければいけませんので、見つけ出すためにも検査をする事をしています。

生理痛の原因

生理痛が起こりやすい原因というのは、何が原因なのかということを見つけ出さなければいけませんので、検査をすることで生理痛の原因が色々あるということがわかります。

 

先程説明したように、生理痛が起きる原因と体調が深く関係していると説明しましたが、体調が落ちて悪くなった時には骨盤の歪みや骨盤の開きが起きているからです。

 

生理になる時に関係するのは卵巣と子宮が深く関係をしますので、卵巣や子宮というのは骨盤の中に入っていますので、特に恥骨の骨の内側に入っているのが子宮、卵巣ですから、骨盤が歪んだり骨盤が開いたりすることで影響は大きいと思います。

 

単純に考えても生理の時に骨盤の歪みや骨盤の開きなどが起きていると影響は大きいと思いますから、それだけでも下腹部が重たくなったり、腰痛になったりという症状が起きたりすることが多いのは当然ですね。

体調というのは

体調というのは、毎日毎日の生活や仕事をすることや、運動することや走ったりすることや歩いたりすることやショッピングをしたりすることでも、車の運転をすることでも、映画を見たりすることでも、カラオケに行ったりすることでも、家でテレビを見たりする時でも多くなったりするものがあります。

 

この多くなったりするものが体に蓄積していきますので、体に蓄積していくものというのは日常的に誰でもあるもので、気が付いていないこともあります。

 

気が付いていないからわからないという方もいますが、毎日毎日の生活や運動することでも多くなるものというのは疲れやストレスなんです。

 

疲れやストレスが多くなればなるほど、ある部分に溜まっていきますので、たまるところが一番の問題なんです。

 

疲れやストレスというのは、筋肉にもたまにながら筋肉にも溜まる疲れやストレスの何10倍の多くの疲れやストレスが内臓に蓄積していきます。

疲れやストレスの蓄積

内臓と言っても病気ではありませんので、何でもかんでも病気というのを関係づけるなく説明をしっかりと聞いてください。

 

例えばですけど、体重が百kgの方がいるとしたら体をぎゅっと搾ってみれば65キロもの水分が出てきます。

 

つまり、体重の半分以上は血液だったり、リンパ液だったり、内臓の中の水だったり、いろいろな部分に水があるので、その水分が65キロにもなるということなんですが、水に疲れやストレスが溜まるということはないと思いますので、後残った35キロの中に原因があるということです。

 

疲れやストレスの蓄積というのは大変多くの方に蓄積しているものなんですが、多くの方は気がついていないで、疲れやストレスの蓄積した物を減らそうとしませんし、食べることでも疲れやストレスが多くなっていき、消化や分解することでも疲れやストレスを内蔵が溜めてしまいます

 

疲れやストレスというのは大変多く、蓄積していき、体の中からバランスが悪くなった状態の崩れを起こしていくのが疲れやストレスの問題になります

 

疲れやストレスを感じている方は多くいますし、疲れ休みすが溜まりすぎて分かっていないほど大脳が弱ってしまった方もいます

体に溜まる疲れやストレス

体には多くの疲れやストレスが溜まっていきますし、その全てが内臓に蓄積していきますので、内臓に溜まる疲れやストレスというのは大変多くありますから、疲れやストレスが溜まれば溜まるほど体の内側から崩れを起こしていき、この崩れが骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレになっていきます。

 

この崩れた時に生理になると生理痛が起きてしまうということは当然だと思います。

 

単純に考えても軽く考えている方が多くいるのが疲れやストレスの蓄積なんですが、疲れやストレスの蓄積ほど怖いものはないんです。

 

というのは疲れやストレスは弱い部分に多く蓄積していきますので、誰でも人の身体というのは弱い部分とそうでもない部分が存在しています。

 

弱い部分に疲れやすですがたまりやすく疲れやストレスが溜まることで、内臓の細胞が変化していきますので、変化した最終形態が病気の可能性も出てくるからです。

疲れやストレスが内臓に貯まる

もちろん疲れやストレスというのは内臓に溜まると説明していますので、生理痛に関係するホルモンにもたまりながら子宮や卵巣にも疲れやストレスが溜まり、腫れたり炎症を起こしたりということが起きるということです。

 

生理痛が起こりやすい方が検査する時に治療する台に上向きに寝てもらう時に下腹部のところを触ってみるとブヨブヨをしているという方が多くいますのでブヨブヨしている状態は炎症や腫れがあるということだと思います。

 

他の部分と触ってみて柔らかい感じがすれば炎症や腫れが起きている可能性があるということなので、炎症や腫れを改善して抑えていくことから始めなければいけませんし、骨盤の歪みや骨盤の開きなどは内臓が深く関係を起こしていますので、内臓を元気にしていくことをすれば骨盤の歪みや骨盤の開きは解消していきます。

 

生理痛になってしまうと色々な症状が起きたりしますので、全身がだるくなってしまう方もいるし、やる気がなくなってしまう方もいるし、落ち込んでしまう方もいますので、多くの場合は体調がどん底のような体調をしていたり、奈落の底のような体調をしている方が多いようですから、最近多くの方が睡眠負債状態になっている場合が多く見受けられます

 

睡眠負債というのは、寝ているようで眠れていないのが原因なんですが、目を閉じてスースーに影響を立てていても大脳が寝ていない限りは眠れていません。

 

眠りというのは、大脳が休養とって寝ていることを言いますので、目で見て寝ているような感じになっていても寝ていない場合が多くあります。

 

 

 

 

 

八幡東区と八幡西区と戸畑区と若松区と門司区から多くの方が訪れている生理痛の改善で有名な徳力整体院は30年になります。

 

page top