生理痛

生理痛 を改善するためにはいつまでも薬を使うことなく痛み止めを使って抑えることなく原因を見つけ出して変えて行くことから楽になっていくという方法もあります。
毎月毎月訪れる生理になると痛みが起きる生理痛というのは原因がありますので原因から改善して直していくことをしないといつまでも生理痛になっていたり進行してしまうことがありますので進行してしまう前に何とか止めることと改善して変えていくことが必要になります。

 

生理痛になる方は 色々な部分の症状が起きやすくなりますが腰痛は起きたり腹痛が起きたりか腹部が痛くなったり重たくなったり体がだるくなったりめまいがしたり吐き気したり肩こりが起きたり頭痛になったりという色々な症状が起こります。

 

これらを病院に行くと薬をもらうことが多く見受けられますが薬というのは直しているわけではなく抑えていることが多いようですしホルモン系の薬をもらってもどうしてホルモンの異常が起きているのかということを見つけ出すことなくただ飲んでいればいいというわけですから根本的には改善することはなかなかうまくいきません。

 

生理痛が起きることはどうして生理痛になるのか、何が原因で生理痛になるのか 、どこから生理痛が起きるのかということを考えるようにして欲しいところです。

 

生理痛が起きる時には生理になる前から体調の低下が見受けられる方が多くいますので体調が低下していくと骨盤の歪みや骨盤の開き方が起きています。

 

しかしこれだけではありませんので骨盤の歪みや骨盤の開きを整えていけばいいというわけではありません。

 

骨盤の歪みは骨盤の開きというのは日常的に多くの方が存在しているものなんですが骨盤の歪みは骨盤の開きというのも大きくなったり軽くなったり小さくなったりという段階がありますので骨盤の骨が歪むことが起きるとその中に入っている内臓は正常状態ではいられません。

生理痛が

骨盤の歪みや骨盤の開きが起きるのは原因があるから歪みや開きが起こりますのでその原因を見つけ出すことをしなければいけませんから姿勢で骨盤の歪みや開きが起きることはなく何かが裏側にあるから歪みが開きになります。

 

どうして骨盤の歪みや開きが起きるのかという原因を見つけ出すことをしていかどうして骨盤のゆがみや開きが起きるのかという原因を見つけ出すことをしていかないと生理痛は改善しにくく薬を飲むような状態で押さえているだけになります。

 

生理痛の方が来院すると、まずは体調を検査することをしています。 オークの初診の方の場合、生理中に限らずどんな症状でも体調が落ちていますので体調の落ち方も段階がありますし程度があります。

 

骨盤の歪みは骨盤の開きというのも例えばですけど1段階から10段階までのいろいろな歪みや開きがあります。 1段階の方は骨盤の歪みは骨盤の開きが大きく10段階の方は無茶苦茶と言っていいほど骨盤が開いていたり歪んでいるということです。

 

その状態に応じて生理痛が起きている可能性もありますがそれだけではありません。

 

生理痛が起きる時には骨盤の歪みは骨盤の開きを整えで行けばなくなる方もいるでしょうがそれは楽になる程度であって生理痛が治っているというわけではありません。

 

生理痛を楽にすることをすると生理痛は楽になるでしょうが生理痛を治すという意味は全然、楽になることと意味合いが違います。

 

生理痛を直さなければ意味はありませんので押さえていたら原因も進行してしまいますからいつまでも痛みや色々な症状を抑えているばかりではなく生理痛の原因を見つけ出すことが一番大切になります。

生理痛の原因を検査

当院では生理痛の原因になるものを検査して見つけ出すことをしていますのでそのためにもまずは体調から検査したり骨盤の歪みや骨盤の開きがあるのかということを検査したりまた生理痛というのは子宮や卵巣やホルモン関係が深く関係しますので内臓の状態を検査することをしていますが内蔵と言っても病気と言ってるわけではなく内臓に疲れやストレスが溜まるということが起きて生理痛になっていることが多くあるからです。

 

生理痛になる方は体に疲れやストレスが溜まるということは分かっていると思いますがどこに溜まるのかということを知らない方が多くいますので疲れやストレスというのは筋肉にたまりながら内臓に多く蓄積していきますが内蔵と言っても病気と言ってるわけではありませんので何でもかんでも病気というのを関係づけることなく話を聞いてください。

 

毎日毎日の生活や仕事や運動、精神的な緊張やプレッシャーや抑圧などの疲れやストレスは 筋肉にもたまりながらある部分に多く蓄積していきますので 蓄積したものが骨盤の歪みは骨盤の開きを起こしていますから姿勢などでまた猫背などで歪みや開きが起きることはありません。

 

生理痛を起こしている骨盤の歪みは骨盤の開きも深く関係している状態で内臓に多く疲れやストレスが溜まっていきますので生理痛を起こす内臓はもちろん子宮や卵巣や身体全体のホルモン関係が深く関係しますから卵巣ホルモンの問題ということよりも卵巣自体の問題と脳下垂体ホルモンと頭ということになります。

 

生理痛を起こしているのは当然卵巣や子宮などが原因なんですから卵巣や子宮に疲れが溜まっているということも考えられないことはないと思いますので子宮や卵巣の働きをチェックしなければいけませんが当院で行う検査法は病気という検査ではありませんのであくまでも卵巣や子宮に溜まった疲れやストレスを減らすことと色々な状態が重なったホルモン系の問題を改善していくことです。

体調とホルモン系

最近は多くの方が疲れやストレスを多く食べてしまっていますので疲れやストレスが溜まると筋肉にもたまりながら内臓に溜まっています。

 

例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたらギューっと体を絞れば65キロは水分です。 体には色々な部分に水がありますので体を絞ったら半分以上は水分になりますので水分が何かの問題を起こすということはないと思いますから水分とは違い他のものが重なっています。

 

あとの残りの35 kg は皮膚の重さであり筋肉の重さであり脂肪の重さであり骨の重さとリンパと血管と神経です。

 

後は中枢神経系の大脳と脳幹と脊髄と内臓しかありませんのでこの中で疲れやストレスを溜めてしまうというところは筋肉と内臓です。

 

つまりいくら内臓を検査しても病気ではありませんので陽性反応が出ることはないと思いますが病院で検査して陽性反応、つまり異常反応が出た方はもう何らかの病気になっているということです。

 

内臓にもお疲れやストレスがたまるということが普通に起きていますので食事をすることで胃が疲れたとか 言いますよね。

睡眠負債と生理痛

当院では睡眠負債状態で起きる生理痛もあると思います。 大脳の目の奥にあるごうかんと言われるところが体の全てのホルモンの親分みたいなものですからノーカンが弱っていると全てのホルモン関係はバランスが悪くなり働きが低下するか異常状態を起こしています。

 

最近は多くの方が睡眠負債状態になっていますので 眠りというのは脳が休養とって寝ていることを言います。
誰が見てもスースー寝息を立てている状態でも頭の中のことまで見ていませんしわかっていませんから寝ている格好だけ見て寝ていると多くの人が勘違いして思っています。

 

頭の中が夢を見ているかという事も分からずに寝ていると思う人が多くいますので寝りというのは脳が休養とって寝ていない限りは眠れていません。
夢を見ている時には目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えていますが夢を見ている時間というのは1時間も夢を見るということはなく一秒だったり2秒だったりという感じなんですがこれが長く感じているということです。
夜寝ようとするとすぐ眠れるし目が覚めないから寝ていると思っている方が多くなっていますが最近はこういう状態の方が寝ながら考え事をしているのに気が付かない状態で脳の疲労感が多く起き衰弱状態まで脳を弱らせてる方がいます。
脳が弱ると脳にある脳下垂体が正しく正常に働くことはありません。
生理痛を改善するためには骨盤の歪みは骨盤の開きだけではなく中に入っている卵巣や子宮の問題やその周辺の状態と身体全体に影響を及ぼす大脳の問題が深く関係しています。

 

 

八幡東区八幡西区戸畑区若松区門司区 からも 生理痛を解消する。

トップへ戻る