生理痛を解消するには

生理痛を改善していこうと思うなら薬ばかり服用していないで原因を見つけることから始めていきませんか。
原因を見つけたり解消していくことは簡単ではありませんがまずは体を整えていくことからしていかないとその先にあるものが分かりませんので体を整えていくことから始めていきます。
生理痛とは

生理痛とは

生理痛を起こしている方または生理痛を繰り返すとかというのは原因があるから起きているわけですから生理だから当たり前だと考えるのはやめたほうがいいと思いますのでしっかりとした原因を見つけ出すことをして痛み止めの薬を飲んでも構いませんので、まずは、体から整えていくことから考えるようにしてください。

どうして生理痛になるのか。

どうして生理痛が起きるのかということを考える必要があります。
生理痛になる原因というのはしっかりとした原因がありますのでいつまでもそのままで薬ばかりで押さえていると進行してしまうということがあって大変なことになっていきます。
生理痛と言うと多くの方が痛み止めを服用して安心してしまっている場合がありますので病院でもわからない生理痛の原因を検査することで見つけ出すことをしています。

検査するということは

当院では検査することをしていますので体調をあげて整えていくことからしていきますので検査するということは一番重要になりますのでどういう状態の体調なのかということを確認しなければいけませんからそのためにも検査することをしています。

生理痛は体調と体質から

生理痛というのは体調と体質から起きていますのでまずは体調の説明からしていきますが体には毎日毎日の生活や運動することや仕事をする事や精神的な緊張などが積み重なることで多くの疲れやストレスが蓄積されていきますが疲れやストレスというのは弱い部分にたまる傾向があります。
生理痛と疲れやストレス
弱い部分というのは生理を起こす部分だったら生理痛になるということですから弱い部分に疲れやストレスがたまると生理痛になってしまいます。
普段は弱い部分に疲れやストレスが溜まっても何も感じないかもわかりませんが特にバランスが悪くなる生理の時に疲れやストレスの反応が大きくなっていくと生理痛がひどくなっていきますので動けないぐらい寝込むぐらいになるかと思いますので確認しながら矯正に入っていきます。
生理痛を起こす時には必ず体質も関係しますので生理痛が起きやすい体質とか生理痛を起こす体質とかいうのがありますので体質改善の治療というのが一番重要になっていきますが体質改善の治療をする前にもまずは体を整えて体調を上げていくことから準備をしなければ進むことができません。
体質改善の治療で生理痛を改善していくためには、まずは、本当に眠れているのかということも確認しなければいけませんので単純に疲れやストレスの蓄積だけではありません。
生理痛と疲れやストレスと歪みやズレ
最近は多くの方が出ているようで眠れていないのがありますので寝ているようで眠れていなければ大脳がすごく弱っていきますので骨盤の歪みや骨盤の開きが起こりやすくなりますから骨盤の歪みや骨盤の開きが起きたりホルモンのバランスが悪くなった状態ではいくら骨盤周辺の問題を解消しようとしても効果がなかったりということが繰り返されますので大脳の状態も確認になります。

不眠症とは

最近は多くの方が二つに分かれますが不眠症というのがひとつありますが不眠症というのは夜寝ようとする時に寝つきが悪く1時間も2時間も3時間も眠れなかったりするのが不眠症の特徴であり夜中に何回も目を覚ますことがあるのが不眠症ですし夢ばかり見て寝た気がしないというのは不眠症の特徴ですから自分で気が付いている方が多くいますが不眠症だと思っていない方も多くいます。

睡眠負債とは

睡眠負債というのは自分で気が付いている方が少なく夜寝ようとして朝まで目が覚めないから寝ていると単純に考えてしまっている場合が多くあるんですが単純に考えてしまっても眠りが一番浅く目を覚ますことはありませんが睡眠自体は最悪な状態をしています。
眠りというのは大脳が休養とって寝ていることだけは眠りと言います。
生理痛と眠り
夜寝ようとする時にすぐ眠れて寝ながら考え事をしてる時間が3時間も4時間も5時間も6時間もあって目が覚める瞬間に夢を見ているから寝ていると思っている方が多くいます。
睡眠のトラブルがあると不眠症であろうと睡眠負債であろうと大脳が急激に弱っていきますので大脳が弱ることが原因で骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが起こりやすくその中に入っている内臓も正常ではいられません。
ホルモン系の問題や自律神経のバランスもすごく悪くなっていきますので確認しながら体を整えていくということが一番大切になります。
生理痛と眠りと睡眠負債

TOPへ