肩こり

肩こり を楽にしていくためには筋肉のコリからほぐして柔らかくすることでも楽になりますので筋肉のコリからほぐすようにしていますが本当に筋肉のコリがあるのかということを検査しながら肩こりを楽にすることをしています。
筋肉というのは個人差がありますので一概に触ってみてこりがわかるものではありませんので検査ができないとどこから来ているこりなのか何から起きているこりなのか 本当に筋肉だけが凝りを起こしているのが肩こりとして感じているのかということは分からないと思います。

 

筋肉の硬さというのも 全員が同じ硬さではありませんのでそれぞれや男性や女性でも違いますし年齢においても筋肉の硬さは違いますし年齢よりも若い筋肉というのもありますし年齢よりも硬い筋肉というのもあります。

 

筋肉だけ触って本当に懲りの異常を起こしているのかということを見つけ出すことは簡単なことではありません。

 

肩こりを長く感じている方が多くいますがどこに行っても治らなかったりマッサージをしている時だけいいと感じてしまって、またすぐに戻ってしまう方も多くいますので 何が原因なのかということを見つけ出さなければ 肩こりを本当の意味で改善することはできません。

 

肩こりを長く繰り返している肩をマッサージをしている時だけいいと思ってまたすぐに戻ってしまう方などは 原因がありますので原因から変えていくことをしないと単純に揉んだり湿布を貼ったり電気治療器などや低周波治療器などだけをしていると原因もいつまでも進行していく、いつまでも肩こりを感じていると筋肉自体が老化して固くなるということもあります。

 

あまりにも繰り返し安くなっている肩こりというのは筋肉自体も固くなっていきますから筋肉の中に入っているまた筋肉の周辺にあるリンパや血管や靭帯なども固くなっていきますので神経や血管が硬くなると結構不足が起きたり神経麻痺から握力の低下や手のこわばりなどが起きていくということもあります。

対症療法

いつも肩こりと言うとマッサージをしたり湿布を貼ったり低周波治療器などの電気をしたりということをしていると筋肉もいつのまにか固くなっていきこの硬さというのは一時的な形ではなく永久的な硬さであり老化現象から起きる筋肉の硬さです。

 

あくまでもマッサージをしたりしてほぐしたり湿布を貼ったりして炎症を改善したり低周波治療器で刺激をしたりということは一時的な治療法ですから本当の意味で治しているというわけではなく本当に治療と言えるのかということにあります。

 

確かに一番簡単な方法が湿布を貼ったりマッサージをしたり低周波治療器などをかけたりすることで原因なんかを検査することもなく見つけ出すこともしないでいい子かければいいしてればいいという感じですから 一番簡単な方法です。

 

肩こりを改善しようと思うならマッサージをしたり低周波治療器をして筋肉を刺激したりしていると徐々に筋肉は硬くなっていきます。

 

筋肉というのは刺激を加えれば加えるほど 硬くなって老化していきますのでどうかした 最終形態が 筋肉のこりというわけではなく何も感じない状態になっていき肩こりを感じない状態で手のこわばり握力低下物を落としやすいつかみ損ねるという感じになっていく方が多くなっているのが現状です。

肩こり

いつまでも筋肉の凝りを対症療法ばかりしてマッサージをしたり湿布を貼ったり低周波治療器などをかけて刺激をすることで緩和する方法もいいかも分かりませんがいつのまにかそれを繰り返していけば繰り返すほど老化していく筋肉もありますし筋肉だけで起きている肩こりというのはありません。

 

どうして筋肉のこりが起きたら それが改善することができないのか自力で解消することができないのかということは原因があるから解消できません。

 

筋肉のこりを改善しようと思うならその原因を見つけ出さなければいけませんので簡単な方法で見つけ出すそして改善できるということはありません。

 

ですから一番簡単な方法はマッサージをしたり湿布を貼ったりサプリメントを飲んだり低周波治療器をかけたりということが一番簡単な方法で間に合わせでできます。

 

しかしどこまで行っても間に合わせは間に合わせでしかなりませんので 注意しなければいけないのがどうして肩こりが起きるとかという原因に理由があるからです。

 

肩こりを起こす原因は背骨のずれが原因なんですが何も原因がなくて背骨が簡単にずれたりすることはありませんので何かの原因があるから背骨のズレが起きるということを考えてください。

 

背骨のズレが起きる時には 内臓疲労が原因なんですが内蔵と言っても病気と言っているわけではありませんので何でもかんでもないぞ=病気と結びつけるのはやめてください。

 

背骨のズレが起きると筋肉というのは骨から骨にくっついていますので骨が動くことで筋肉は引っ張られたり緩んだりしていきますので、これが肩こりの原因なんです。

肩こりの原因

肩こりの原因というのは背骨のずれが原因なんですがどうして背骨がずれるのかという原因があるからずれていくわけなんですがこの原因として一番にあげられるものは日常生活でいつもつきまとって多くなったり少し減ったりまた多くなったりしているものです。

 

背骨のズレを起こす原因は体に蓄積していく疲れやストレスが原因なんですが疲れとストレスというのは同じ意味なのでここから説明する時には単純にストレスというよりも疲れと言います。

 

疲れが蓄積したものがストレスです。

 

ですからストレスが溜まったというのは意味不明な言葉なんですからストレスが溜まったという言葉は疲れが溜まったと言い換えることができます。

 

日常的に人が動いたり生活したり仕事をしたり精神的なプレッシャーを加えると肉体に疲れが溜まって行きその疲れが最終的には内臓に蓄積していきます。

 

動いたり運動したりスポーツをしたり車の運転をしたり歩いたりジョギングをしたり運動を しなくてもショッピングや歩いたりすること山登りをすることなどいろいろで疲れがたまることがあります。

 

そしてそのことと空気を吸ったりすることでも肺が働いて動いてくれているから血液の中に酸素が購入した状態で血中酸素が多くなりますし食事をすることでも噛むことでも運動しているので働いていることになりますから噛んで飲み込むことも仕事をしています。

 

普通に食事をすることでもいいで食べたものを溶かされて十二指腸に怒られて消化液と混ぜられて小腸で栄養成分を摂取した状態の便が作られますから 仕事をしていることは内臓もしています。

 

その両方から人が動いたりすることと 日常的に食べたりすることの両方の疲れが内臓に蓄積していきます。

内臓疲労から肩こりに

内臓疲労が貯まれば貯まるほど筋肉にもたまりながら内臓に何十倍もの疲れが溜まっていきますので内臓の働きが低下した状態で色々な骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレになっていきます。

 

背骨がずれると筋肉は骨から骨にくっついていますので骨が動いたりすることで筋肉は引っ張られたり緩んだりしてこりになります。

 

この時には体調も起きて悪くなっていますので体調が落ちていき調子を落としていき体力を奪われていくということで全体的な体調が悪いということになります。

 

肩こりを感じる方も肩こりが軽いと感じる 日もあれば肩こりを強く感じる日があると思いますのでこれは全て疲れが溜まった状態の時間や日にちにおいて違いがあるということです。

 

 

 

八幡東区と 八幡西区と 戸畑区と 若松区と門司区などから多くの方が 肩こりを楽にするために訪れている 徳力整体院です

トップへ戻る