肩こりを楽にしていこうと思うなら肩こりの原因になってるものを改善して変えて行くことをしなければいけませんが多くの肩こりを治療しているという方法は対症療法という方法になりますので原因を見つけ出すこともなく検査することもなく単純にこりを解消しているだけにしか過ぎませんので、原因を見つけ出すこともなく楽にしていく方法を対症療法といいます。
対症療法という方法、湿布を貼ったりすることやマッサージをすることや運動することやストレッチすることやドラッグストアなどで売っているサプリメントを飲んでみることや低周波治療器などをしていることも対症療法の一つです。
別に対症療法という方法が悪いわけではありませんので当院でもまずは最初は対症療法から初めて肩こりを楽にしていうことから始めなければいけませんので対症療法をしています。
肩こり

本当に筋肉のコリがあるのか

しかし当院では普通一般的な治療院よりも先のことをしていますので本当に筋肉の凝りがあるのかということを確認することができますからどれくらい肩こりに影響を出している筋肉のこりなのかということを検査をしてみることで確認できます。
他の治療院ではそういう検査はしていませんしそういう検査をすることはないと思いますが肩こりと言うと筋肉のこりというイメージがありますので筋肉のコリ度合いを確認しなければ何も考えずに揉んだりしてもマッサージをしても楽になることもありますが、その先にあるものを見つけ出すことはできません。
肩こりが本当に筋肉のコリだけで起きているのかという問題があります。
当院では30年間の経験がありますがいつもりん症状を研究することをして技術を向上させることをしていますが検査するということは大変難しく何を見て検査をするのか、どうやって検査をするのかということは単純なものではありませんので専門家の分類になります。

肩を揉んだりマッサージすると


肩こりを治療しているという治療院でも専門家という分野にはなりませんのでただ何も考えずにマッサージすることやもんだりすることや低周波治療器などをかけても楽になることはありますが原因を見つけ出しているわけではないと思います。
肩こりほど色々な原因があるものはありませんので肩こりというのは複雑なものになっていますので何も考えずに筋肉を揉んだり低周波治療器をかけたりすることで楽にすることしかしていないと思います。
肩こりの本当の原因を知った方は大変なことだということがよくわかると思います。
まず第1に本当に筋肉が凝りを起こしているのかということになりますが、コリというのは意味不明な言葉ではあります。
コリをイメージすることも大変、難しいのでこりというのは近い言葉で探せば緊張とか筋肉疲労とかいう言葉と変えることができると思います。
肩こり

筋肉疲労、筋肉の緊張がコリに

筋肉が緊張したり筋肉疲労が起きたりすることがこりですから普通は軽いものであれば腕や肩を動かしたりすることでリンパの働きが解消されて老廃物が流れていくということが起こります。
何も原因がなくてリンパの働きを悪くなったりすることはありませんし老廃物が溜まるということはありません。
何かが起きているからリンパの働きが悪くなり老廃物がたまって循環が悪くなっているということで肩こりになっています。
リンパマッサージというのがありますがリンパマッサージというのは軽くマッサージをすることでリンパの働きを流し流していくという風に言っていますが単純に軽かろうが強くあろうがリンパの流れは解消しています。
軽くマッサージをすればリンパだけが流れるということはありません。

リンパだけでコリは起きない

強くしてもリンパが流れていくと思いますがリンパというのは全身のリンパに影響を出しているところが鎖骨の下にありますので 静脈にリンパは流れていくということですから鎖骨の下に集めていくというのがリンパ療法になります。
リンパというのは内臓の外側にあるものであり血管などで集めることができない体液を流しているのがリンパです。
血液の中にも入らないので集まりにくいものですが普通一般的にリンパと言うと腹水という言葉がありますがお腹がパンパンに張ってしまって良くない状態なんですが腹水というお腹に水がたまることも状態が良くない方に起きてしまいますが腹水もリンパのひとつです
膝に水が溜まった時にもリンパの流れが悪くなっていることがあります。
腰痛が起きてもリンパの働きが悪くなっています。
風邪を引いてもリンパの働きが悪くなっています。

体に疲れが溜まってもリンパが働きは悪くなります

眠りが浅い方もリンパの働きを悪くなって老廃物が多く溜まっています。
ストレスが多く溜まった方もリンパの働きを悪くなり老廃物が多くとまっています。
リンパの働きというのは体調がすぐれない時にはリンパの働きが悪くなっていますので疲れやストレスの蓄積でもリンパの働きが悪くなり風邪を引いてもリンパの働きが悪くなります。
リンパの働きというのは状態が落ちた時に起きますので体調が悪いということになりますが体調が悪いというのも抽象的な言葉ですから痛みやこりがないからといって体調が良いとは限りません。
疲れやストレスが体に溜まるということはありますが毎日毎日の生活で仕事をすることで運動することで体を動かしたりすることで多くの疲れやストレスが体に溜まっていきます。

疲れやストレスとコリ

しかし疲れやストレスというのは貯まるところがあるから溜まっているわけですから貯まるところが全ての原因になってしまうと考えれば必然性が多くなると思います。
例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると60 kg の水分が出てくるそうです。
体重の半分以上は水分で構成されていますので水分と言っても血液だったりリンパ液だったり体液だったり色々な水成分になります。
水に疲れやストレスが溜まるということは考えられないと思いますので、あと残った40 kg の中に疲れやストレスがたまるところが存在しています。
疲れやストレスがたまりやすいところというのは神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と内臓しかありません。
この中で疲れやストレスが溜まるところというのは全体にたまにながら多くの疲れやストレスは筋肉にたまり、さらに内臓に溜まっていきます。

肩こりが、どうして起きるのか

しかし内臓と言っても病気と言ってるわけではありませんので注意してください。
多くの方が内蔵=病気と思いやすいですが内臓にも疲れやストレスが溜まるとことがあります。
内臓に溜まってしまった疲れやストレスというのは体の奥にありますので奥から崩れていくということが起こります。
筋肉というのは表面上にあるものですから内臓の方が日々働いてくれていますので紹介したり分解したりエネルギーを作ったりということを内臓がしていますので筋肉よりもウェイトが、かなり大きくあります。
内臓というのは病気というわけではなく病院に行くということは病気になったら行くことですから病気ではない状態でいくら病院に行っても検査をしてます家的な異常が出ることはあまりないと思います。
多くの方が内臓と聞くと病気というのを結びつけてしまいますが健康な細胞から一気に1年や2年で病気の細胞になることはありません。

なっていく過程と言うか進行していく過程があります

過程というのは時間です。
健康な細胞から病気になってしまうには10年前後ぐらいかかると言われていますので人においては20年かけながら病気になっていくということもありますが、完成してしまわないと分かりませんので進行途中ということは病気ではありません。
病院に行って数値的な検査が異常が出るのはある程度、完成状態になっている時です。
実は肩こりというのも先将来の病気と関係があります。
しかしなると断言しているものはなく進行状況がどういう風にして変化するかということが関係するということです。
肩こりを起こす時には筋肉だけで起こすことはありませんので筋肉というのは骨から骨にくっついていますので骨がずれて動いたりすることで筋肉は伸ばされたり緊張したり緩んだりします。
これが肩こりの原因になってしまいますが背骨のズレを矯正しなくても筋肉をもみほぐすことで骨は動くことはありませんが筋肉をもみほぐすことで肩こりを楽にすることはできます。
しかし肩こりを楽にしても筋肉を揉みほぐしても背骨のズレは残ったままになっています。
そして背骨のズレも何も原因がなくて起きることはありませんので猫背で起きることもありませんし姿勢が悪いからといって背骨がずれたりすることはありません。

猫背になるのも姿勢が悪くなるのも原因があります

背骨がズレたりするのは中枢神経系を守っている背骨ですから簡単に曲がってしまったら大変なことになってしまいます。
何が最初なのかということがありますが筋肉はある程度いつも緊張していたり疲労したりしていることがありますが軽ければ何も感じ撮ることができません。
しかし毎日毎日の生活や仕事をすること屋運動することや体を動かしたりすることで疲れやストレスが多く生み出されていきますので 追い出された疲れやストレスは体に溜まっていきます。
体にたまっていくときには人の体というのは弱い部分とそうでもない部分に分かれています。
そうでもない部分というのは強いわけではありませんが痛みやこりなどに関係することもなく先将来につながることもありません。
しかし弱い部分というのはそうはいきません。
弱い部分というのは疲れやストレスを溜め安く疲れやストレスを溜めてしまうと歪みやズレになっていきます。
歪みやズレが起きれば筋肉は引っ張られたり緊張したり緩んだりしますので、この状態が肩で起きれば肩こりになります。
そして最近、多くの方がある現象の方が多くなっていますが大変、難しい場合が多くありますが睡眠負債状態の方が多くなっています。

睡眠負債と不眠症というのは全然意味からして違います

不眠症というのは寝ようとすると1時間も2時間も3時間も眠れなかったり夜中に何回も目を覚ましてしまったり夢ばかり見ていることが多いのが不眠症です。
しかし睡眠負債というのは夜寝ようとするとすぐ眠れて朝まで目が覚めないのが特徴なんですが眠りがすごく朝目が覚めにくくなっていることがあり、気がついていない方が多くいます。
睡眠負債というのは目が覚めた瞬間に忘れてしまう睡眠でもありますので夢を見ているよりもより浅い睡眠でもあります。
睡眠負債状態の方は現代病のような状態で多くなっています。
しかし多くの方が自分が睡眠負債状態になっているということがわかっていないし気がついていない方が多くいます。
睡眠負債というのは厄介な状態なんですが大脳を急激に弱らせていきますので大脳が弱ってしまうと全てのコントロールが自律神経が行っていますので自律神経のバランスの崩れが起こります。
しかしそれだけではありませんので体調がすごく悪くなっていることさえきがついていないぐらい大脳が弱ってしまいます。
大脳が弱って痛みやこりに麻痺した状態は鈍感状態の方が多くいます。
大脳が弱るということは脳細胞の急激な現象が起こりますので脳細胞の急激な減少というのは大変な結果を招き鬱やパニックや精神疾患や認知症になる確率が増えていきます。
肩こり

トップへ戻る