肩こりを楽にする為には

肩こりを楽にしていこうと思うなら筋肉のコリばかりに注目していないでその先にある原因も改善するようにしないと表面上の筋肉のコリばかり解消しても楽になることもありますが原因が残ったままになっています。
肩こりというのはどうしても筋肉のこりというイメージが一般的に多く見受けられますので筋肉のこりを、揉みほぐしたりしてもマッサージをしても電気をかけても楽になることもあります。
肩こり

肩こりは筋肉のコリだけではない

当院の院長が今まで30年以上も検査や臨床をしてきて肩こりの肩で筋肉のコリだけで起きている肩こりという方はいません。
しかししっかりとした検査ができない専門家の先生が単純に筋肉のコリや緊張や筋肉疲労だということで決めつけてしまい筋肉のこりを改善するようにしていますがどうして筋肉のコリが起きたのか、どうして筋肉が緊張したのか、筋肉疲労が残ってしまったのかという問題を考えていることもしませんし見つけようともしません。
確かに肩の筋肉と言うといつもいつも多く使うことがありますのでバッグを持ったり荷物を下げたりすることでも肩の筋肉は酷使されています。
物を変えたりすることでもキーボードを打ったりすることでも腕や肩や指をよく使っていますので筋肉疲労が起きたりすることは当然、起こります。
そして最近は多くの方が携帯を操作することがありますので文字を打ったりすることでも小さい部分に指をタッチしなければいけませんので、そのぶんだけ肩や腕に力が入っています。
しかし力を入れているのは肩の部分だけではありませんので上腕の部分だったり肘から下の部分だったりというところも使ってはいるのですがそういう部分はコリを起こすことはあまりありません。
指を使っているわけですから指を多く使えば指の筋肉が ということもあると思いますがあまりそういうことを感じている方は少ないと思います。
どうして肩のこりだけが起きてしまうのかという問題があると思います。

肩こりの原因を見つけること

何も原因がなくて筋肉のコリだけが起きてしまうということはありませんしどうして筋肉のコリが起きたのに肩の部分だけコリが解消しないのかという問題があるということです。
肩こりを検査する時には触ってみたりすることでわかる場合もありますが簡単に固くなっていれば筋肉のコリが起きているということで肩こりだと決めつけてしまう場合が多くあります。
肩こりになるのは
しかし肩の筋肉というのも人それぞれ違う場合がありますので、硬さで違いますから一概には筋肉のコリが起きているということを決めつけることはできないと思います。
肩こりを起こしている筋肉というのはいつもいつも使っていますので筋肉疲労が起きたら緊張したりすることがありますので緊張したりすることでリンパの働きが悪くなり老廃物が多く蓄積していくことがおき循環が悪くなるということで肩こりになります。
しかし今まで30年間、肩こりを解消してきて検査することをしていますが筋肉のコリだけで起きているカタクリの方はいませんでした。
もちろん筋肉のコリは起きてはいます。
しかしその先にあるものが原因で筋肉のコリが起きています。

どうして筋肉のコリが起きるのか

肩こりを起こしている筋肉のこりというのは筋肉の付着する部分に関係があります。
筋肉というのは骨から骨にくっついていますので骨のズレが起きると骨が動くことで筋肉が引っ張られたり緩んだり緊張したりします。
普通一般的にはこれが肩こりに進行していきます。
もちろん背骨がずれて筋肉が引っ張られることが原因で筋肉が緊張したり疲労したりしますのでリンパの働きが悪くなり老廃物が多く蓄積しています。
筋肉のコリをほぐしたらその先にあるものを改善していかなければいけませんが背骨のズレも何も原因がなくて背骨がずれたりすることはありません。
背骨というのは中枢神経系が中に入っていますので中枢神経系を守る役目を負っていますので簡単に曲がったりすることは大変なことになりますので姿勢で曲がったり猫背で曲がったりすることはありません。
肩こりになるのは背骨のズレから

背骨のズレが筋肉に影響する

ではどうして背骨がずれたりするのかという原因なんですが、それには毎日毎日の生活が関係しています。
人は毎日毎日の生活や仕事をすること、運動することや体を動かしたりすることで多くの疲れやストレスを生み出していきます。
そして精神的なショックや緊張などでもプレッシャーなどでも多くのストレスが乱されていきます。
この疲れやストレスというのが体に溜まっていきます。
しかし体に溜まると言っても体のどこにたまるのかということが一番の肩こりを起こしている問題につながります。
疲れやストレスが体に溜まるということが分かっていると思いますが、体のどこに溜まっているのかということを考えている人はいませんし研究している人もいませんし知っている方も少ないと思います。

疲れやストレスと背骨のズレ

疲れやストレスが多く生み出されば生み出されるほど体の弱い部分に多く溜まっていきます。
体というのは弱い部分とそうでもない部分に分かれてしまいます。
普通一般的に強い部分だと言いたいところですが強い部分というのはありません。
若い部分というのはあるかも分かりませんが強い部分ということではありません。
人の体の弱い部分には多くの疲れやストレスを貯めやすくなる傾向を持っています。
弱い部分に多くの疲れやストレスを溜めていくと体は自然と歪みやズレを起こしていきます。
例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると水分が60 kg にもなります。
つまり体重の半分以上は水分で構成されているということなんですが水分と言っても 単純な水ではなく血液だったりリンパ行きだったり体液だったりという感じの水になります。
水に疲れやストレスが溜まるということはないと思いますので、あと残った40 kg の中に疲れやストレスが多く蓄積するところがあるということです。

疲れやストレスがたまる所

疲れやストレスというのは神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と内臓しかない所に泊まっていきます。
この中でどこに疲れやストレスが多くたまると言うと筋肉にもたまにながら内臓に多く溜まっていきます。
しかし誰でも内臓と聞くと病気というの関係築けてしまいますが病気と言ってるわけではありませんので注意して説明をしっかり聞いてください。
体に溜まるという疲れやストレスは内臓にもたまにながら内臓から起きる歪みやズレを起こしていきます。
内臓から起きる歪みやズレというのは体の一番、奥から起きる崩れになりますので体の奥から崩れてくると骨盤の歪み骨盤の開きそして背骨のズレになっていきます。
体の一番奥から起きる崩れですから筋肉よりもダメージが大きくなりますので肩の部分の背骨がずれたりすることが起こります。
背骨というのも内臓に関係をしています。

疲れやストレスの蓄積

ある内臓が疲れやストレスを貯めて弱ってしまうと、 その内臓に関係する背骨がズレを起こします。
例えばですけどアルコールに関係なく肝臓が弱っている方は背骨の8番目の骨がずれを起こしています。
風邪やインフルエンザにかかっている方は背骨の7番目の骨がズレを起こしています。
生理痛は生理不順になっている方は腰椎の3番目と5番目の骨がズレを起こしています。
便秘の方は腰椎の4番目の骨がズレを起こしています。
肩こりになる背骨というのは背骨がずれて起きていますので内臓に関係するものは心臓と肺です。
肩の部分でやる胸椎の1番目と2番目と3番目の骨というのは心臓に関係する部分と肺に関係する部分ですから心臓や肺のよわりから脇痛いの一番目と2番目と3番目の骨はずれを起こしていきます。
しかし病気ではありません。
肩こりになるのは背骨のズレから

内臓にたまる疲れやストレス

疲れやストレスが心臓や肺に溜まることがありますので心臓や肺に溜まってしまうと息苦しさや胸苦しさや咳が出やすくなったり胸の辺りで一瞬ですけどチクッとする痛みが時々、起こります。
しかし病気というわけではなくいくら病院で検査をしても異常なし健康だと言われてしまいます。
人が何かの症状を感じている時には病気ではない状態で起きていることも多くあります。
その特徴として腰痛や肩こりや頭痛や生理痛や生理不順や便秘などが該当します。
病気というわけではないのに色々な症状が起きるのが特徴です。
ですから何でもかんでも病気というわけではなく内臓に溜まった疲れやストレスが原因で色々な骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが起こります。
しかし病気というわけではありません。
花粉症やアレルギー性鼻炎が起きる時にも肝臓が深く関係していますので背骨の8番目の骨がずれを起こしています。
しかし背骨のズレを矯正すればいいというわけではありません。

背骨のズレというのも二通りのズレがあるからです

一つ目のずれというのは体調において起きるズレです。
もう一つは体質からを切っている根本的なズレです。
人の体というのは生まれつき背骨がまっすぐな人はいません。
赤ちゃんの頃よりも背骨のズレはあります。しかし小さいから分からないだけです。
赤ちゃんの頃から起きている背骨のズレというのは遺伝が関係していますので家系的な要素の弱さのところです。
人の体には弱い部分とそうでもない部分が存在すると説明したようにそうでもない部分は疲れやストレスを溜めやすくなりますので大元中の大本というのは弱い部分が背骨のズレを起こしています。
例えば親がまたは祖父母が肝臓の病気を持っていると明らかに生まれてくる子供や孫は背骨の8番目の骨がズレて肝臓の弱さを示しています。
ある程度一族が親戚なども入れて確認して見れば病気になっていなくても弱さというのが関係しています。
弱いからといって病気になっているとは限らないからです。
病気というのは完成してしまわないと病院に行って検査をしようがありません。
病気になっていく過程では1年や2年では病気になることもなく健康な細胞から病気の細胞になっていくためには10年以上かかると言われています。
弱い内臓というのは疲れやストレスをためてしまいやすくためてしまうと細胞の変化が起こり病気の細胞に近づこうとします。
なっていく過程で肩こりになっています。
しかし病気として完成してしまわない限りは弱さで済んでしまう場合もあります。
肩こりになるのは背骨のズレから

トップへ戻る