肩こりを楽にして解消する

北九州市八幡東区でも肩こりなら。
肩こりを解消しようと思うなら湿布を貼ったりすることも構わないんですが家族の方に肩を叩いてもらったり揉んでもらったりすることもいいと思いますし専門家の先生にマッサージをしてもらうことも大変結構なことですし針を売ったりお灸をしたり指圧をしたりと言ういろいろな方法もあるでしょうし低周波治療器やバッサー事などをかけたりすることもいいと思いますがどれもこれも原因を見つけ出すこともなく検査することもしていませんのでただコリを感じているところに対して何かをしているだけですから本当にそれだけで楽になることがあっても原因が改善できているのかと言う問題があるんです。
肩こり

肩こりとは

肩こりと言うのは筋肉のコリばかりだと思っている一般の方と専門家の先生も思っている方が多くいますので筋肉のコリばかり解して楽に感じてしまうために原因が置き去りになっていることが多くあり、原因から改善していかないと肩こりを感じていない時でも原因は、いつの間にか進行していくと言うことが起きてしまうんです。
肩こりを起こしている原因と言うのは深く関係していますので簡単に解決できるものではない可能性もあるんですが原因からやっていかないと原因もいつまでもとどまる事はありません。
肩こりと疲れやストレス

肩こりの解消は改善

肩こりを治療するときにはいろいろな方法があるんですがどれもこれも対症療法と言う治療法になっていますので対症療法と言う治療法は湿布を貼ったりすることやマッサージすることや低周波治療器や電気などをかけたりすることも対症療法の1つですから原因を見つけ出すこともなく検査することもしていません。
肩こりで訪れた方の方の肩を触ってみると筋肉が硬くなっていますので筋肉が硬くなっているから肩こりが起きているとか筋肉が緊張している体とか張っている体とかいろいろなことを言われますが肩が凝っているわけですからこれらの事は当然のことです。
単純に触ってみて筋肉が硬くいい感じがすれば肩が凝っていると言う判断でしかないと言うことなんです。
肩こりと疲れやストレスと筋肉

肩こりを検査する

肩こりを検査すると言うのはそんな簡単な方法で分かる事はありませんし、推測のもとに行われている方法しか一般的な検査と言うのはないんです。
肩こりを検査するときには筋肉の凝りの度合いを確認しながら筋肉が単純に疲労や緊張や一時的に硬くなる現象で起きているのかということが肩こりですからその検査をすることをしていますが最近多くの方が、それ以上の場合が多く見受けられますので筋肉疲労だけで起きている肩こりは少なくなっています。
肩こりのコリ

肩こりの慢性化

肩こりを慢性化してしまうと筋肉が徐々に硬くなっていくということが起きてしまうんですが一時的に起きる硬さではなくて永久的に起きる硬さと言うものがありますので筋肉も徐々に老化していくということがあるんです。
筋肉は硬くなっていくと老化現象から起きて本当に硬さが出てしまいますのでもんでもをしても電気をしてもその時だけ柔らかくなったような感じがするでしょうけどしばらくするとまたすぐに同じことを繰り返します。
肩こりと疲れやストレスと筋肉と問題は

肩こりの慢性化

肩こりを慢性化してしまうと筋肉が徐々に硬くなっていくと言うことが起きてしまうんですが一時的に起きる硬さではなくて永久的に起きる硬さと言うものがありますので筋肉も徐々に老化していくと言うことがあるんです。
筋肉が硬くなっていくと老化現象から起きて本当に硬さが出てしまいますのでもんでも押しても電気をしてもその時だけ柔らかくなったような感じがするでしょうけどしばらくするとまたすぐに同じことを繰り返します。
しかし筋肉だけ硬くなる悪くなると言う事はないと思いますので筋肉の中に入っている神経や血管やリンパなども徐々に硬くなっていくと言うことで腕に行く神経や血管の問題を起こすと言うことも多いようです。
悪くなるのは針リンパだけではありませんのでリンパも悪くなりながら老廃物を多く蓄積していき循環が悪くなると言う事は当然起きてしまいますが中にあるのはリンパだけではなく神経と血管もあると言うことも考えなければいけません。
肩こりの原因

TOPへ