肩こりを楽にするなら筋肉のコリから

肩こりを解消して楽にする方法というのは多くの方法がありますしテレビなどでも紹介されて特集されているぐらいですから多くの方が肩こりに悩んでいることと思います。
肩こりと言うと筋肉が弱っているからといって筋肉を鍛えたり筋トレしたりダンベル体操をしたりストレッチや体操や運動する方法が多く見受けられるんですが筋肉といっても、そんなに簡単に鍛えられることもなく単純に代謝を良くしているだけになっている場合があります。
肩こり

肩こりは筋肉の弱り?

肩こりは筋肉が弱っているからだといって簡単に鍛えられることもありませんので筋肉を鍛える前に続かなくなっているのが現状だと思いますので肩こりがどうして起きるのかということを見つけ出す必要があると思います。
肩こりと言うと筋肉のコリと言うイメージが強いために多くの方がまたは専門家の先生も筋肉を中心に揉んだりマッサージをしたりほぐしたりすることが多くありますので自分でやる方法もあれば専門家の先生にお任せする方法もあると思いますが専門家の先生もよくわかっていないのが、肩こりなんですけど筋肉を揉んだりマッサージをしたり電気等をかけたりすることで楽に感じてしまうため肩こり解消法として1番だと言われています。
しかし当院の院長は30年の経験がありますので、肩こりの実態がしっかりとわかっていますので一つ一つずつ目の前にあるものから改善していくことをしています。
肩こりと低周波治療器や電器

肩こりとは

肩こりと言うと目で見てもわかるものではありませんので、筋肉を触ってみると硬くなっていたり張っていたり、凝りまくっていたりと言うことがあると思いますがそれは検査ではなく触った実感でしか過ぎません。
肩こりと言うと湿布を貼ったり、肩こりに有効だと言うことで筋肉が柔らかくなると言うことでサプリメントまであります。
肩こりで訪れているわけですからマッサージの先生が肩が凝っていますねとか貼っていますねと言うのは当たり前のことなので、触った時間だから検査しているわけでもなく調べているわけでもありませんので、単純に検査もしないで揉み始めるのはどうかと思います。
初めから筋肉を揉んでしまうと肩の筋肉が、どれぐらい凝っているのかと言うことも調べていませんのでわからなくなりますし、どこの部分がこれを強く起こしているのかと言うことも実態がわからなくなります。

肩こりを検査する

当院の院長である私は肩こりの方がこられたら、まずは最初に何をするのかと言うとどの部分に強く肩こりを噛んでいるのかと言うことを説明してもらいますので、説明した結果、そこを調べてみて、どれぐらいの状況になっているのかということを確認して検査していきます。
普通一般的に肩こりがひどい方でも筋肉のコリだけで起きている事は全体のパーセンテージで比べて2割くらいが強い方の場合に多く見受けられるみたいです。
肩こりと筋肉
肩こりと言うと筋肉のコリが2割くらいで、あとの8割くらいが別の原因で起きているんですが2割位の筋肉を押したり揉んだりマッサージをすることで、中和されてしまう場合があり、原因が残ったままになって楽になってしまうんです。
肩の筋肉を最初に揉んでしまうと、その先にあるものが、何なのかということもわからなくなる場合もありますし一つ一つ改善していくことをしていかないといけない場合もありますので、まずは筋肉から解消していくことも多くあるんですが必ずその先にあるものが潜んでいます。

まずは検査から

まずは元は検査することをして肩の筋肉はどこが凝っているのかということを確認して全体が凝りを起こしていれば全体の確認をしなければいけませんしリンパの流れがどれぐらい起きているのかと言うことも阻害されている場合がありますので阻害している原因を見て下すことをしています。

肩こりを感じるときには

肩こりを感じるときには日常で多くなっていく疲れが溜まっていることが多くありますので疲れの特性として特殊な感じ方をします。
疲れと言うのは一過性でしか感じません。
疲れと言うのは持続的に感じ取ることができません。
疲れは数秒から数分でしか感じ取ることができないためなくなったように思えるかも分かりませんが残ったままになっています。
感じないことが解消できているのかというと、そうではありませんので感じないこと=なくなったと言うわけではありません。
体の状態が良い状態であれば疲れの解消は早いでしょうし、眠りが深ければ余計に急速に早く解消していくでしょうけど、最近は、そういう傾向の方はほとんどいませんので全員の方が、何らかの形で疲れの蓄積を残したままになっていて、次の日を迎えています。
疲れの蓄積を本人でも感じなくなっているのに、人が判断するのはたやすいことではありませんので非常に難しいのが人の疲れを検査して見つけ出すことなんです。
肩こりと筋肉と疲れやストレス

肩こりとは

疲れと言うのは病気ではありませんので、検査をする道具も機械もありませんのでどうやって疲れの判断をするのかと言う問題が1番、厄介なんですが当院ではそういう治療をしています。
病気であれば病院に行って検査をしなければいけません。
しかし肩こりと言うのは症状の名前であって病気ではありませんので病院の分野ではないと思います。
仮にレントゲンや尿検査や血液検査で異常が出ればその時点でもう病気になっていると言うことがありますのでテレビなどでも心臓病が隠れていて肩こりを起こしていたと言うことを言っていました。
しかし多くの肩こりは病気ではないと思いますので病院の方が専門ではありませんがもし病気を疑いなら病院で訪れて検査してみることが必要だと思います。

 

TOPへ