整体で腰痛、肩こり、小顔矯正、骨盤矯正が人気

腰痛

腰痛とは痛みが起きる原因があるから腰痛になっている訳ですから、原因から改善することをしなければいけませんが、原因を見つけ出すことは簡単なことではありません。
原因を見つけ出すことが簡単ではないために、対症療法という治療法が多くあります。

 

対処療法というのは原因なんかは関係なく楽にすればいいという治療法が多くあります。

 

対症療法という治療法は、湿布を貼ったりすることやドラッグストアなどに売っているサプリメントや痛み止めを飲んだりすることも対症療法の1つですから、家族の方にいマッサージをしてもらうことや専門家の先生にいマッサージをしてもらったりすることも対症療法の1つでありますし、低周波治療器などを当てて痛みやこりを散らすことをすることも対症療法の1つです。

 

対症療法という治療法は多くの治療院で用いられている治療法なんですが、原因を見つけることもなく、検査をすることもなく楽にすることばかりしているのが、対症療法ですから、腰痛が起きる原因の部分も改善することもなく、楽にすることをしているのが、対症療法という治療法になります。

腰痛が起きる時には

腰痛が起きる時には原因があるから痛みになっている訳ですから、原因を見つけ出さない限りは進行するということもありますので、急にぎっくり腰になったり、椎間板ヘルニアや座骨神経痛に進行したり、形を違った状態で反応することもあります。

 

腰痛というのは起きる原因があるという風に説明しましたが、腰痛の原因というのは骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレということになります。

 

しかし、単純に骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレがどこから起きるのか、どうして起きるのかということを見つけ出さなければ本当の意味で腰痛を楽にすることはできません。

腰痛を起こす時には

腰痛を起こす時には、骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレがある時なんですが、歪みや開きというのも原因があって起きている現象ですから、歪みや開きがどうして起きるのかということを見つけたさなければいけませんので、単純なことではありません。

 

腰痛を起こす時には、毎日毎日の生活や仕事をすることや精神的な緊張や運動することやトレーニングをすることやジョギングをすることや走ったりすることや歩いたりすることや買い物をしたり、歩いたりすることでも多くなるものが原因なんです。

 

毎日毎日の生活で仕事をすることで、多くなったりするものは疲れやストレスです。

疲れやストレスの蓄積

毎日毎日の生活で仕事をすることで、運動することで疲れやストレスが多くなるばっかりなんですが、疲れやストレスというのはどこに溜まるのかということが腰痛を起こす原因になっています。

 

単純に骨盤の歪みや開きや背骨のずれが起きているのは疲れやストレスの蓄積が大きく関係していますので、疲れやストレスが溜まってしまっていると骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレになっていきます。

 

疲れやストレスというのは、人の弱い部分に溜まっていきますので、腰痛を起こす原因が弱い人が腰痛になりますので、腰痛から一生離れることはできませんから、いつも何らかの痛みを伴っていることが多く見受けられます。

 

腰痛を起こす原因は色々な原因が見受けられますが、最大の原因は疲れやストレスの蓄積なんですが、疲れやストレスというのは筋肉にもたまにながら内臓に蓄積していきます。

内臓疲労が腰痛を起こす

腰痛を起こす原因や骨盤の歪みや骨盤の開きを起こす原因は、内臓に蓄積していく疲れやストレスが原因ですが、疲れやストレスというのも内蔵にたまにながら体の内側に影響を出して体の中から崩れていきます。

 

しかし、内臓と言っても病気というわけではありませんので、なんでもかんでも病気というのを関係づけるのはやめてください。

 

疲れやストレスが多く、内臓に蓄積していくと一番腰痛を起こす原因として考えられるのは腎臓なんです。

 

腎臓が弱い人が腎臓に疲れやストレスを溜めてしまうと、骨盤の歪みや骨盤の開きになっていきます。

 

腎臓が弱い人が腎臓に疲れやストレスを溜めてしまうと、腎臓に関係する筋肉に影響を出してしまいますので、腎臓に関係する筋肉というのは股関節の部分についている大腰筋と腸骨筋という筋肉が影響を出していきます。

 

腎臓が弱いと疲れやストレスが溜まりやすくためてしまうと、いつも腰痛を起こしたり腰が痛くなるということが起こります。

睡眠負債と腰痛

最近は多くの方が寝ているようで、眠れていませんので、眠りが浅いということは大脳が弱ってしまいますので、大脳が弱ってしまうと大脳が支配している内臓すべて調子が悪くなり不調状態になっていきます。

 

夜寝ようとするとすぐ眠れるし、朝まで目覚めないから寝ていると思っている方が多くいますが、眠りというのは大脳が休養とって寝ている時だけ寝ているということになりますので目が覚めないから寝ていると思っていることは方は勘違いもいいとこなんです。

 

多くの方が思っていることなんですが、目が覚めないから寝ていると単純に考えてしまっています。

 

眠りというのは、大脳が休養とって寝ていることだけを言いますが、夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えているということで夢を見ますが、夢も長く夢を見ていたという記憶があってもたった数秒の時間だったと言うことなんです。

 

眠りというのは、大脳が休養とって寝ていることだけを言いますので、寝ている時に寝ながら考え事を教える時間が長くなっていても寝ながら考え事をしている時間というのは目が覚めた瞬間に忘れてしまう睡眠です。

 

寝ながら考え事をしてる睡眠というのは、気が付かない状態で長くなっていき、大脳が弱ってしまいますので、大脳が弱ってしまうと体全体が疲弊状態を起こしていき、衰弱状態になってしまっているという方もいますので、衰弱状態になっていても大脳が弱ってしまうと自分の体調が良いのか悪いのかということもわからなくなります。

 

つまり、麻痺した状態になりますので、麻痺した状態で会い大脳が弱っていると脳内麻薬が出てきますので、脳内麻薬が出ると余計に麻痺した状態でどんなに痛みやコリが起きているような状況があっても感じません。

大脳は弱るということは

大脳が弱ってしまうということは、体全体がコントロールができなくなって、自律神経が失調状態になっていきますので、自分の悪さも感じない方が腰痛を起こすと最悪な結果でこじらせた状態になった痛みが起こりますので、回復まで時間がかかるということがあります。

 

 

 

八幡東区と八幡西区と戸畑区と若松区と門司区などから多くの方が訪れている徳力整体院

page top