腰痛を解消して楽になる為には

腰痛

腰痛 を楽にしていくためには どうして腰痛になったのかなぜ腰が痛くなったのかということを見つけ出さなければ本当の意味で腰痛を解消することはできませんので痛みだけ抑えて腰痛が治ったと思わないでください。
腰痛を楽にしていくことと腰痛を治していくということは全然意味が違いますので多くの治療というのは腰痛を楽にすることばかりして原因をおざなりにしています。

 

腰痛を楽にしていく治療というのは湿布を貼ったりしても痛みが緩和されて楽になっていきますので湿布なども有効な手段でもありますけどドラッグストアなどで売っている腰痛の痛みが楽になるというサプリメントでも腰痛が楽になることもあるから売っているわけですから有効な手段と思います。

 

腰痛と言うとマッサージをしたりすることも筋肉をほぐせば痛み が楽になることもあるために腰痛が治ったと思うこともあると思います。

 

針とかお灸とか指圧でも腰痛を楽にすることができるかも分かりません。

 

整骨院や整体院やカイロプラクティック院においている低周波治療器や電気なども痛みを楽にすることができる場合も多くあると思います。

 

しかし腰痛には腰痛を起こす原因があります。

 

腰痛には腰痛を起こしている原因がありますので原因から整えていくことをしないと根本的には痛みだけを抑えているというだけです。

 

痛みを楽にすることと原因を見つけ出して矯正して整えていくということは意味が違います。

腰痛の原因

腰痛には腰痛になる原因があると説明しましたが 重たいものを持ったりして腰が痛くなったり腰痛になってしまったりする形や何かを取ろうとして前かがみになった時に急激に腰が痛くなって腰痛になったかたや 合わない布団に寝て 朝起きたら腰が痛くて動けない方、くしゃみをしただけで腰が痛くなる方、 車の運転を長くして座っているだけで腰が痛くなる方、腰痛にはいろいろな原因らしきものがありますが 普通一般的に言われる原因だと言われることは切っ掛けです。

 

重たいものを持ったりして腰が痛くなったと原因だと思われることを患者さんは言われますがこれは切っ掛けです。

 

切っ掛けは切っ掛けですから他に原因があるということです。

 

腰痛を起こす時には切っ掛けと切っ掛け以外のものが重なった時に腰が痛くなります。

 

腰痛を起こすきっかけ以外のものというのが本当の原因なんですがこの原因は骨盤の歪みや骨盤の開きです。

 

腰痛を起こしている方は全員が骨盤の歪みや骨盤の開きを持っていますので検査をすることでそれを見つけ出すことができます。 骨盤の歪みは骨盤の開きがあると骨盤自体が不安定状態になっていますので不安定状態の時に重たいものを持ったりするとバランスが悪くなって体を支えられなくなると腰が痛くなります。

 

骨盤の歪みや骨盤の開きがあるときに同じ姿勢をすると徐々に骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくなっていき腰が痛くなっていきます。

 

骨盤の歪みは骨盤の開きがあるときに布団やベッドに寝ていて 眠りが浅いことが原因なので骨盤の歪みは骨盤の開きが大きくなり骨盤の部分が沈んでしまって 腰痛になります。

 

畑仕事をして座って仕事をしていると徐々に骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくなっていき立とうとした時に大腰筋、腸骨筋という筋肉のバランスが悪くなっているためにまっすぐ立つことができない状態が起きて腰痛や腰の痛みになります。

 

骨盤の歪みは骨盤の開きがあるときに合わない靴を履いて長く歩いていると徐々に骨盤の歪みは骨盤の開きが大きくなっていき腰痛になります。

 

腰痛や腰の痛みになる時には 必ず骨盤の歪みや骨盤の開きが起きていますが 何かの原因があるから骨盤の歪みは骨盤の開きが起きているということです。

骨盤の歪みや骨盤の開き

骨盤の歪みや骨盤の開きなどの骨盤が不安定になる状態はどこから起きているのか どこかの原因があるから歪みが開きになり骨盤が不安定になっています。

 

骨盤の歪みや骨盤の開きが起きる原因は体に蓄積していくあるものが原因なんですが体に蓄積していくあるものは毎日毎日の生活や仕事や精神的な緊張やプレッシャーや抑圧などで多くなったりするものなんですが普通一般的にあるものですから特別なものではありません。

 

骨盤の歪みは骨盤の開きが起きるのは 体に溜まる疲れやストレスが原因です。 体には毎日毎日の生活や仕事や精神的なものからくる疲れやストレスが多く溜まっていきますので 疲れやストレスがない生活はありません。

 

疲れやストレスをよくわかっていない方はいると思いますが疲れやストレスが全然溜まっていないという方はいませんので 多かれ少なかれという状態で疲れやストレスは必ず体に溜まっています。

 

疲れやストレスというのは誰でもあるものですがその蓄積する場所が一番問題なんです。

 

例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら体をギューと絞れば65 kg が水分です。 体重が100 kg に対して65 kg が水分になります。

 

後残ったものが35 kg が筋肉の重さであり脂肪の重さであり皮膚の猛者であり人体の重さであり骨の重さです。 そして後残ったの物は内臓と中枢神経系しかありません。

 

この中で疲れやストレスがたまるということが考えられるのは筋肉と内臓だけしかありません。

 

消去法なんですが残ったものは筋肉と内臓だけです。

 

つまり疲れやストレスというのは筋肉にもたまりながら内臓に溜まっていくということです。

 

しかし内蔵といっても病気というわけではありませんので内臓に疲れやストレスが溜まると説明していますので何でもかんでも即病気というのを関係づけることなくしっかりと説明を聞いてください。

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスの蓄積というのは例えばですけど 食事をする時でも 呼吸をする時でも疲れやストレスは多くなっていきます。

 

脂っこいものを食べたりアルコールを飲んだりすることでも 内臓が分解したり動いているから 消化をしてくれたり働いてくれたりすることをしてエネルギーや栄養を作ってくれています。

 

呼吸をすることで肺が動いて血液と酸素を混ぜて脳に送ることをしてくれているから血中酸素が増えて脳が元気になっていきます。

 

逆に考えたら脳が弱って行っているから腰痛になるとも言えます。

腰痛を起こす時は

腰痛を起こす時には内臓に疲れやストレスが溜まることが原因で 骨盤の歪みは骨盤の開きが起きて 骨盤が不安定になった状態で痛みになります。

 

骨盤が不安定になるとどんなことをしても何をしても痛みになりやすいことはありますが骨盤の歪みは骨盤の開きも日々変化していますので大きくなったり少なかったりということが起きていますから大きくなった時に何かをしたら腰痛になります

 

腰痛を起こす内臓というのは腎臓なんですが腎臓に関係する筋肉が大腰筋腸骨筋という筋肉が腎臓に深く関係しますので腎臓に疲れやすレスが溜まることが原因で大腰筋腸骨筋のバランスが狂ってしまい骨盤の保持ができない状態まで筋肉がバランスが悪くなった状態で骨盤が不安定になります。
しかも腎臓が弱い方が疲れやストレスをためてしまいます。
腎臓が弱くない方は腎臓には疲れやストレスは溜まりません。
疲れやストレスがたまらないと腰痛にはなりません。
腎臓が弱いというのは生まれつき弱いという意味なので 後天性ではなく あれつきの問題が深く関係しています。
例えばですけど親が腎臓が弱いかと腎臓の病気を持っている方親がぎっくり腰や腰痛や椎間板ヘルニアなどを患った事が一回でもある方は腎臓が生まれつき弱く弱い腎臓に疲れやストレスが溜まると 腰が痛くなっています。

 

八幡東区八幡西区戸畑区若松区門司区から腰痛 を解消するために多くの方が訪れています

page top