腰痛を解消

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

腰痛を楽にしていこうと思うなら原因を見つけ出すことが一番大切ですが原因を見つけ出すこともなく楽にすることができるために多くの方が腰痛の治療を迷っている方が多くいますので説明をしていきたいと思います。
腰痛や腰の痛みが起きてしまう時には必ず骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが存在しています。
しかし骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレを矯正しなくても楽にする方法はあります。

対症療法と腰痛

楽にする方法というのは楽にすることなんですが楽にすることというのは対症療法という治療法の一つになります。
多くの腰痛を改善していく治療というのが対症療法ばかり多く見受けられますので対症療法というのは原因何か見つけることもなく原因を検査することもなく楽にすることをしているのが対症療法です。
腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど
対症療法という治療法は湿布を貼ったりしても楽になっていくこともありますし家族の方に揉んでもらっても楽になることもありますし専門家の先生にマッサージをしてもらっても楽になることもあるでしょう。
鍼灸院さんに鍼を打ってもらっても呼吸をしてもらっても指圧をしてもらっても楽になっていくことがありますから治療と言えます。
また整骨院さんや整体院さんやカイロプラクティック院で低周波治療器や電気などを行ってくれていますので電気をすることで低周波治療器などをすることで腰痛は楽になっていくこともあるという治療法があります。

腰痛の原因

しかし対症療法というのは原因なんかは関係なく腰痛をその時だけ楽にすることをしていますので楽にしてしまえば、しばらくの間は楽かも分かりません。
しかし楽になっても原因は残ったままになっていますので原因を残したままだと繰り返しやすく戻りやすくなることもありますししばらくは腰痛を感じないかも分かりませんがこじらせていくことも多くありこじらせたものは結果的には椎間板ヘルニアや坐骨神経痛になっているということもあります。
また原因が残ったままになっていると脊椎管狭窄症などを起こしているということもあります。
そして女性の方の場合で言えば腰痛は起きていなくても生理痛は生理不順が起きていたり膀胱炎を繰り返したり便秘になってしまうということもあります。
腰痛を楽にしていくためには楽にすることばかり中心にしていると、いつかは効果がなくなってしまうことがあります。
以前はマッサージをしたりして腰痛が治ったという方も数年後に腰痛を起こして同じ治療院に行くと今度は治りが悪いとか治らないということが多く言われます。
腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどは

低周波治療器や電器は

以前整骨院などでマッサージ、低周波治療器は電気などをかけたりしていると今度は起きた時は同じことをしても治りが悪くなったりということがあります。
当院でもよく言われることがありますが楽にすることだけをして来なくなるか違いますが数年後に来たかたは以前と同じ症状が起きたという風に言われますが以前と同じ症状で起きていることはありません。
体は常に動いていますし、老化していますから年齢も1歳、2歳、3歳と重なってしまっているますので同じということはありません。
いつまでたっても同じという状態は考えられませんのでどれぐらい早く老化して悪くなっているのかということがありますので体が1歳、歳を取るように筋肉も歳を取っていきます。

腰痛になる筋肉

腰痛を起こしている筋肉というのは腰周辺 色々ありますので腰周辺の筋肉も同じままではいられませんから以前とは違って徐々に悪いところというのは老化が急速に進行していきます。
筋肉の老化が進んで行くということは固くなっていきますから以前とは違うということが言えますし回復する力も同じではありません。
回復する力というのは腰痛を治そうと思う力です。

腰痛とは

頻繁に腰痛を起こす方はいませんので半年に一回家一年に一回家数年に一回という感じの方が多くいます。
しかしその度というわけではありませんが誕生日は一年に、一才、歳をとっていきますが体は一年に一才、歳をとっていくということはあります。
体の部分というのは色々な部分で一年に一才歳をとるわけではなく老化が進んでいていますので子供が生まれてから1日目から老化が始まっています。
生まれて間もない赤ちゃんの時が一番最高に若々しいわけですから体が大きくなっていくことまた大人になっていくということは老化していくということですから若返るわけではありません。

腰痛は老化

成長していくということは体が良くなっていくという意味で、思っている方もいますが大きな勘違いです。
体というのは生まれて1日目の赤ちゃんから老化が始まっていきますので生まれて1日目から徐々に老化が始まっていくということで成長していくことで老化が始まりながら体だけは大きくなっていきます。
しかし人というのは体の中に弱い部分とそうでもない部分があります。
そうでもない部分というのは痛みやコリや腰痛や腰の痛みになるということはありませんし、先将来に繋がってしまうということもありません。
しかし弱い部分というのは老化が急速に進行していきますのでどうかが急速に進行していく原因は毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することや睡眠不足などで関係して多くなっているものが原因です。

疲れやストレス

子供の時でも走ったり体を使ったり座っているだけでも疲れてしまいますので何もしなくても子供のうつちは仕事をしなくても疲れてしまうことが多くありますので疲れてしまうと寝ることで解消しよう体はしますが最近は多くの方が睡眠負債状態の方が多くいます。
体というのは毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することや座っているだけでも疲れてしまいますので疲れやストレスを多くためてしまうのは現代の世の中です。
この疲れやストレスというのがどこにたまるのかという原因がありますので多くの方は単純に何も考えていません。
疲れやストレスが溜てしまうのが原因で色々な症状起こし老化を急速に起こし早めてしまいます。
疲れやストレスがたまるところというのは例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると65 kg もの水分が出てきます。
体重の半分以上は水分で構成されているということですから65 kg もの水分がポタポタと出てきます。

疲れやストレスがたまる場所

しかし水分の中に疲れやストレスが溜まるということは言いませんので、あと残った35 kg の中に疲れやストレスがたまるところが存在しています。
35 kg の中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と中枢神経系と内臓しか存在していません。
この中で疲れやストレスを溜めてしまいやすいところというのは中枢神経系も内臓の一部ですから中枢神経系もたまりながら内臓や筋肉に多くの疲れやストレスが溜まっていきます。
内臓と筋肉に多くの疲れやストレスが溜まることが原因でさらに筋肉よりも多くの疲れやストレスが内臓に蓄積していきますので体というのはすべて筋肉ではなくて内臓が中心です。
内臓を守るために肋骨が存在します。
しかし内臓と言っても病気というわけではありませんので何でもかんでも病気というのを結びつけることなく内臓に疲れやストレスが溜まることが多くあるんです。

内臓疲労が骨盤の歪み・背骨のズレに


内臓と言うと病気というのを結びつけてしまうこともありますので内臓の病気の専門家は病院ですから病院に行って尿検査や血液検査レントゲン検査やエコー検査や MRI 検査などを受けてみて数値的な異常が出れば病気になっているということで何らかの治療を始めなければいけません。
しかし当院でいう内臓というのは病気と言っているわけではありません。
内臓に疲れやストレスが溜まるということなんですが毎日毎日体を動かしたり生活をしたりすることで多くの疲れやストレスが生み出されてしまいます。
これらの生み出された疲れやストレスがどこに溜まるのかという問題がありますので先ほど説明したように内臓に多くの疲れやストレスが溜まっていきますが内臓といっても呼吸をしたり食べたものを消化したり分解したりすることで働いてくれています。
腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

内臓の働きで

内臓が食べたものを飲み込んだものを消化したり分解したりすることでも働いてくれていますので働いてくれるということは体と同じで疲れやストレスを溜めてしまいますので両方の面から疲れやストレスが多く蓄積されていきます。
腰痛を起こす内臓というのは一番に考えてイメージしやすい内臓がありますが、それは腎臓です。
腎臓というのは背中の腰の少し上の部分にありますので腎臓が弱くなって疲れやストレスを溜めていくと徐々に骨盤が歪んだり開いたり背骨がずれたりしていきます。
多くの内臓というのは関係している筋肉を持っています。
腎臓が関係している筋肉というのは大腰筋と腸骨筋という筋肉ですから、この二つの筋肉は骨盤の股関節の内側に付着している筋肉です。
片側は股関節の内側に付着している筋肉なんですがもう一方というのは腸骨筋は骨盤の内側に付着していますので腸骨筋だけでもバランスが悪くなってしまうと骨盤が開いたり歪んだりしていきます。

大腰筋、腸骨筋

大腰筋も 股関節の内側に付着していますから、もう一端というのは5番腰椎から横隔膜の部分まである大きな筋肉です。
つまりこの二つの筋肉が骨盤を不安定状態にさせて骨盤が開いたり歪んだりしながら背骨をさらに不安定状態に陥れて腰椎の4番目と5番目などがずれていきますのでずれることが原因で腰痛になっていきます。
必ず腰痛が起きる時には骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のズレが起きています。
背骨のズレというのは内臓に関係していますので腎臓が弱くなった方は肋骨の一番下の部分の11番目と12番目の骨がずれています。
肋骨の一番下の部分の11番目、12番目というのは腰の少し上の方になります。
腰の両方の手を当てて少し上の方を触ると腎臓の部分にあたります。

腎臓疲労が

腰痛になっている方は腎臓の部分を触ると横に出っ張っている方もいますし後ろ側が出っ張っている方もいますから色々な腎臓の炎症や腫れがあるということがわかります。
腎臓に疲れやストレスが溜まっていくと腎臓がぶよぶよになっているか固く異常に思えるほど張っています。
腰痛になっている方は原因はいろいろありますが重たいものを持ったりすることや何かを取ろうとして体を伸ばしたり手を伸ばした瞬間に腰が痛くなったり車の運転を長時間続けていると腰が痛くなったりまっすぐ立っているだけで腰が痛いとか布団に寝て朝起きたら腰が痛くて動けないとかくしゃみをしただけで腰が痛くなるとかいう風に色々なものがあります。

切っ掛けと腰痛

これらは全てきっかけです。
骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のズレがあるときに重たいものを持ったりするきっかけで腰が痛くなります。
必ず腰痛が起きる時には骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが存在しています。
しかし歪みやズレや開きというのも原因があるから歪んだりずれたり開いたりしているわけです。
ゆがんだりずれたり開いたりしている原因が腎臓に問題がある方が起きていますので腎臓が弱い方が疲れやストレスを溜めながら時々腎臓の炎症や腫れを伴いながら腰痛や腰の痛みになり進行したものが椎間板ヘルニアや坐骨神経痛ということですね。
腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどは骨盤の歪み・背骨のズレ

 

 

page top