整体で腰痛、肩こり、小顔矯正、骨盤矯正が人気

腰痛

腰痛とは痛みが起きる時には必ず骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレが起きていますが、ズレや歪みを解消しなくても痛みや凝りを楽にする方法があるために、歪みやズレが残ったままになっていて、こじらせた状態になっている方がいます。
腰痛や腰の痛みが起きる時には、必ず骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレが起きていますが、ズレや歪みや開きを改善しなくても楽にする方法があるために、歪みやズレを悪化させている場合が多くあります

 

痛みや凝りというのは、必ず歪みやズレが起きていますが、歪みやズレがあったって痛みに直結しているかというと、そうではないために進行をさせてしまっていることが多くあります。

 

歪みやズレを矯正しなくても楽にする方法というのは、湿布を貼ったりしても楽になる程度の腰痛であれば楽になります。楽になっても骨盤の歪みや骨盤の開き、背骨のズレは残ったままになっていますので、残ったままだと進行していくということが多く見受けられます。

 

腰痛を起こすのは骨盤の歪みや骨盤の開きのものではなく、その裏側にあるものが原因なんですが、いつまでも歪みや開きが起きたままだと循環が悪くなり、循環が悪い所ではなく硬くなったり変形したりということが起きてしまいますので、早めに改善しなければなりませんが、腰痛や腰の痛みというと表面上の痛みさえ、楽にしたら治ったという感じですから、骨盤の歪みや骨盤の開きなどを検査することは大変難しい為に表面上の痛みさえ改善してしまえば直したと言っている方が多くいます。

 

腰痛や腰の痛みが起きる時には、必ず骨盤の歪みや骨盤の開き、背骨のズレが起きていますが直結して、歪みやズレがあるからといって、腰痛や腰の痛みになるとは限りません。

 

腰痛を起こした方の多くはどうして腰痛が起きたのかというに聞くと、重たい物を持ったりして腰が痛くなったとか、中腰していて腰が痛くなったとか、庭仕事で座っていて、立とうとした時に腰が痛くなったとか、何かを取ろうとして前かがみになった時に手を伸ばしたら腰が痛くなったとか、靴下を履こうとして急に腰が痛くなったとか、くしゃみをしただけで腰が痛くなったとか、車の運転を長くしていたら腰が痛くなったとか、柔らかい布団では合わない布団で寝ている時に腰が痛くなったとか、色々な腰痛の原因だと思われるものがありますが、これらは原因ではありませんので切っ掛けです。

 

腰痛を起こす時には、切っ掛けと骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレの両方が揃った時に急激に痛みになったり、腰痛になったり腰が痛くなります。

 

しかし、骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレを矯正しなくても残したままにしておいても湿布を貼ったりしてもマッサージをしてもサプリメントなどを飲んでも、低周波治療器で痛みやこりを散らしても楽になることがありますので、原因を見つけ出すこともなく、楽にすることを、対症療法と言います。

 

対象療法という治療法は原因なんかは関係なく痛みを抑えてしまえばいいし、楽にしてしまえばいいという治療法です。

腰痛や腰の痛みの原因

腰痛や腰の痛みの原因というのは、毎日毎日の生活や仕事をすることや精神的な緊張やプレッシャーなどが加わった時に多くなったりするものが骨盤の歪みや骨盤の開きを起こしています。

 

歪みや開きを起こす原因は、掃除をする時でも多くなるものだし、運動とか筋トレをしたりすることでも多くなったり、車の運転をすることでも多くなったり、テレビを見たりすることでも多くなったりするものであり、旅行に行ったりすることでも多くなったり、蓄積していくものが原因なんです。

 

毎日毎日の生活をすることでも、食事を作ることでも多くなって蓄積していくものが原因なんですが、蓄積していくものはどこに溜まっていくのかということも原因-1因だと思います

 

蓄積していくものというのは、疲れやストレスです。

 

疲れやストレスが溜まっていない方はいませんので、全員に大して疲れやストレスが溜まっていますが、疲れやストレスが分かっていない方は時々いらっしゃいます。

 

生活している限り、生きている限り色々な疲れやストレスが蓄積していきますが、人の体は全員と言っていいほど歪みやズレを持っていますが、歪みやズレというのも軽いものから酷いものから色々な歪みやズレがあります。

 

疲れやストレスというのは、人が生きている限りは隣り合わせで生活しなければいけませんので、疲れやストレスを感じていない方はいますが、溜まっていない方はいません。

 

疲れやストレスというのは、どこに溜まるのかということになりますが、もちろん筋肉にも溜まっていきますが、ある部分に多く蓄積していくということがわかっています。

 

疲れやストレスというのは、例えばですけど、体重が100キロの方がいるとしたら、体をぎゅっと絞ってみたら65キロもの水分が出てきます。

 

あと残った35キロというのが皮膚の重さであり、筋肉と靭帯の重さであり、脂肪の重さでもあり、骨の重さと神経と血管とリンパと後は残ったものは中枢神経系と内臓しかありません。

 

この中で疲れやストレスが溜まる所というのは、中枢神経系も内臓の一部ですから、内臓と筋肉にたまるということがわかります。

 

筋肉よりも体の中にあるのが内臓ですから、内臓に疲れやストレスが溜まりますが、内臓に疲れ休めずがたまることが原因で体の中から崩れを起こしていきますので、この崩れが歪みやズレになるということなんです。

 

しかし、内臓と言っても病気と言ってる訳ではありませんので、内臓イコール病気というのを考えることなく、内臓にも疲れやストレスが溜まるということが普通に起きてしまっています。

 

内臓に疲れやストレスが溜まると、背骨に直結して関係がありますので、例えばですけど、肝臓に疲れやストレスが溜まれば背骨の8番目の骨はずれを起こしていきます。

 

位に疲れやストレスが溜まると、背骨の5番目の骨がズレを起こしていきますので、背骨の5番目と胃は深い関係を持っています。

 

内臓に疲れやストレスがたまることが原因で背骨はかならずズレを起こしていきます

 

風邪をひいても背骨の3番目が背に関係する部分ですから、背が弱ってしまうと背骨の3番目の骨はずれを起こしていきます。

 

もう一つ風邪をひいたら背骨の7番目の骨がズレを起こしていきますので、背骨-7番目というのは免疫に関係する脾臓に関係するところです。

腰痛に関係する内臓は

腰痛に関係する内臓は腎臓が一番強く関係をしてしまいますので、腎臓が弱い人が腎臓に疲れやストレスを溜めてしまうと、骨盤の歪みや骨盤の開きが起こります。

 

腎臓というと筋肉のバランスに関係してしまいますので、骨盤の筋肉のバランスが悪くなることが原因がありますので、骨盤の筋肉のバランスを悪くしてしまう原因は、大腰筋という筋肉と腸骨筋という筋肉が股関節の内側にくっついていますので、バランスを崩してしまい、骨盤を歪みを起こしてしまいます。

 

内臓と筋肉というのは、密接な関係がありますので、特に腰痛に関係する大腰筋と腸骨筋という筋肉のバランスが悪くなることで、骨盤が不安定になりますので不安定になった時に重たいものを持ったりすると腰痛や腰の痛みが起こります。

 

大腰筋と腸骨筋というのは、股関節の内側から骨盤の骨の上端についている腸骨きっと大腰筋は5番の腰椎から横隔膜まである大きな筋肉ですから、体を伸ばすことができないということが起こります。

 

腰が痛い時には体をまっすぐ起こすことができないのは、大腰筋が収縮しているせいですが、徐々に急性状態を脱してくると伸びていきます、けど、腰痛になる時には危険信号が働いて警報が発せられている時です。

 

人は警報が発せられてる体に対して簡単に考えていますので、注意しなければいけないところなんですが。

 

色々な痛みが起きる時には、これとは違って状態が良くない時にボディーランゲージとして起きていることが多くありますので、ボディーランゲージというのは警報が鳴っているとゆうことで痛みとして自分に感じさせることをしています。

 

警報が鳴っているのにスイッチを切ってしまう行為が痛みを楽にするということになりますので、原因を見つけ出すこともなく、楽にすることばかりしていると大変な結果を招いていくということで起きていきますので、痛みがない時でも原因はいつまでも同じままではいられませんので、進行していきます。

 

進行したものが大変な結果を招いていくか、形を違って表面上に出てくることがあります。

腰痛の治療とは

腰痛を改善していく時には、まずは筋肉や靭帯の炎症や腫れを確認して炎症やハレから解消するようにしています。

 

そして、筋肉や靭帯靭帯の炎症や腫れがおさまってきたら、骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレを整えて矯正をしていきます。

 

そして、腎臓の働きを解消することと大腰筋と腸骨筋のバランスを整えることをしていき、楽になることをしていきますが、中には椎間板ヘルニアが起きている方が多くいます。

 

最近は多くの方が体が疲れすぎていることが多くあり骨盤の歪みや骨盤の開きがかなり大きくあったり、背骨がずれてガタガタしていたり、全身に椎間板ヘルニアがあるという方にいますが、それらをダイレクトに感じているが、感じていないかの関係があります

 

痛みやコリが起きているような状態があると痛みやコリ感じなければいけません。

体質改善と腰痛

腰痛を起こす原因で骨盤を不安定状態に起こすのは主には腎臓が起こしていますが、弱い腎臓に疲れ、ストレスがたまることが原因で腰痛になっています。

 

人の体の内臓にはそうでもない、内臓と弱い内臓というのがありますが、そうでもない内臓は何も症状を起こしたり痛み、コリにつながることは、あまりありませんが弱い内臓はそうはいきません。

 

弱い内臓には疲れやストレスが溜めやすく、蓄積状態が多くなっていくと、細胞の変化が起きて病気に近づこうとしていきます

 

病気に近づこうとする時間というのは1ヶ月や2ヶ月でもなく、半年でもなく1年、2年でもなく10年前後か15年ぐらいかかって進行していきます。

 

この進行度合いはゼロからのスタートですが、今現在このホームページを読まれている方はゼロではもうありません。

 

つまり、スタートをもう切っているんですが、どのぐらい進んでいるかは分かりません。

 

 

八幡東区八幡西区戸畑区若松区門司区から腰痛を解消する為に多くの方が訪れています。

page top