整体で腰痛、肩こり、小顔矯正、骨盤矯正が人気

腰痛

 

腰痛 を楽にするためには まずは最初は腰の痛みや腰痛を楽にすることから始めていきます。
腰痛が起きる時には 原因のような感じで患者さんは言われますが実は原因はそこにあるわけではなくその前にあることが起きています。

 

腰痛を起こしたり腰が痛くなった時には何かをしている時に起きていますので 重たいものを持ったりしたら急に腰が痛くなったとか何かを取ろうとして前かがみになった時に腰が痛くなったとか 合わない靴を履いて歩いていたら腰が痛くなってズキズキしてきたとかくしゃみをしただけで腰が痛くなったとか 寝て朝起きたら腰が痛くて動けなかったとか色々な原因があるような感じで患者さんは言われますが、これらは原因ではなくて切っ掛けです。

 

切っ掛けは切っ掛けであって原因ではありません 切っ掛けが起きる前に原因が裏に隠れて潜んでいます。

 

腰痛の多くの場合は歪みやズレが原因になりますが何も原因がなくて歪みやズレが起きたりすることはありません。

 

歪みやズレが起きるのは、どうしてなのか、どこから起きているのかということを見つけ出さなければいけません。

 

腰痛が起きる時には必ず骨盤の歪みやズレが起きて骨盤が不安定状態になった時に重たいものを持ったり前かがみをしたりということで体を支えることができないと痛みになるということです。

 

腰痛を悪化させたものが椎間板ヘルニアになります市坐骨神経痛になりますので椎間板ヘルニアや坐骨神経痛というのも特別なものではなく誰でも起きても不思議ではないものです。

腰痛とは

腰痛が起きる時には必ず骨盤の歪みや骨盤の開きが起きて言葉が不安定状態の時に何か押したら痛みになります。

 

ではどうして骨盤の歪みや骨盤の開きが起きるのかということになりますので骨盤のゆがみや骨盤の開きが起きる時にはあるものが関係して起きています。

 

あるものというのは誰でも多く蓄積しているものなんですがこの蓄積しているものというのは疲れやストレスです。

 

体には毎日毎日の生活や仕事や精神的な緊張やプレッシャーなどでも多くの疲れやストレスが蓄積していきますので体には大変多くの疲れやストレスが溜まっていますが疲れやストレスも溜まるところがあるから溜まっています。

 

疲れやストレスが溜まるところというのは筋肉にもたまりながらある部分に多く蓄積していきます。

 

例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞りは65 kg が水分になりますので体重の大半以上は水分で構成されています。

 

あとの残りの35 kg は皮膚の重さ筋肉と靭帯の重さ脂肪の重さ骨の重さと あとはリンパと血管と神経の重さになります。

 

そしてそれ以外の重さは 中枢神経系の大脳と脳幹と脊髄と内臓の重さになります。

 

この中で疲れやストレスが溜まりやすい所というのは 中枢神経系と脳幹と脊髄と内臓と筋肉です。

 

中枢神経系脳脳幹と脊髄と 大脳というのは内臓の一部ですから疲れやストレスがたまるというところは内臓と筋肉に貯まります。

 

しかし内臓と言っても病気と言ってるわけではありませんので何でもかんでも病気というのを関係づけることなく説明をしっかりと聞いてください。

疲れやストレスと腰痛

内臓には日々の疲れやストレスが多く蓄積していきますので疲れやストレスが溜まると 内臓は疲れて行き内蔵というのは筋肉よりも体の内側にあるものですから体の中から崩れを起こしていくのが骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレになります。

 

内臓と言っても多くの内臓がありますので腰痛に直結して起こりやすい内臓というのは腎臓です。

 

つまり腰痛は腰の痛みというのは腎臓が弱い方が腎臓に疲れやストレスを溜めてしまうことで腎臓に関係する筋肉バランスが悪くなった状態で骨盤が不安定になり不安定な時に重たいものを持ったり前かがみをしたり中腰をしたりということで歪みやズレが大きくなって起きています。

 

腎臓が弱くない方は腰痛を起こす可能性は少なく腎臓が弱いから腰痛になりやすいということがいえます。

 

体には弱い内臓とそうでもない内臓がありますので弱い内臓ほど疲れやストレスを溜めやすくなっています。

 

弱い内臓がさらに進行したものが老化した状態で起きると腎臓の病気になる可能性が多くなりますが病気になると断言しているわけではありません。

 

あくまでも可能性が高くなるということで理解をしてください。

 

腎臓が弱いと若い時はまだいいかも分かりませんが年齢を重ねれば重ねるほど腎臓の弱さが際立ってきますので腎臓に疲れやストレスが溜まりやすく冷めてしまうと骨盤が不安定になった時に何かをしたら痛みになっていきます。

睡眠負債と腰痛

体には毎日毎日の生活や仕事などでも多くの疲れやストレスが溜まっていきますしジョギングすることでも車の運転でも旅行に行くことでも疲れやストレスは多く蓄積していきますがその疲れを減らすことができるのは 唯一美味しいものを食べたり 焼肉を食べたり栄養のあるものを食べることではありません。

 

最近は多くの方が睡眠負債状態になっていますので睡眠負債状態というのは寝ているようで眠れていないということです。

 

眠りというのは大脳が休養とって寝ていることを言いますので 誰がどんなに寝ている方を見てもスースー寝息を立てて気持ち良さそうなので眠りをしていたとしても脳の中の事までは分かりませんから本当に寝ているかどうかはわかりません。

 

大脳が休養とって寝ていることが眠りです。

 

それ以外はどんなにいびきをかいていてもスースー寝息を立てていても脳の中のことまでわかりませんし見た目で見て判断できるものではありません。

 

眠りというのは夢は目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えていますが夢というのは短時間で見ています。

 

長く夢を見ていたと思ってもたった1秒だったり2秒だったりという感じを起こすのが脳のトリックなんです。

眠りが浅いと腰痛に

眠りが浅いということは脳が弱っていきますので脳が弱るとハイテンション状態になっていきますから多くの痛みやコリが起きている状態でも限界を越えるまでは分かりません。

 

限界を超えたものがやっと痛みになってわかるということまでありますので どういう状態で腰痛が起きているのかということになりますから単純な腎臓疲労から起きている腰痛もあればさらにひどい状態で色々こじらせている腰痛もあります。

 

腰痛というのは 体に溜まった疲れやストレスが全体にたまりながら弱い部分に溜まっていきますので弱い部分が腎臓であれば腎臓に多くの疲れやストレスが溜まることが起こります。

 

腰のウエストの少し上の部分を触るとその位置が腎臓になりますので腎臓が弱いかたは固くなったり炎症や腫れを起こしているということで出っ張っています。

 

腎臓の位置が出っ張っていても病気ではありませんので いくら検査をしても分からないということが多くありますが病院で検査をしてみても数値的な異常が出てしまえば、もう病気になっています。

 

腰痛を起こすか他の原因がもう一つ存在しますので腎臓以外では膀胱と前立腺または女性では膀胱と子宮になります。

 

腰痛を起こしている原因が腰椎の5番目の歪みにある場合は 膀胱と前立腺と子宮に関係する神経が出るところですから、何らかの炎症や腫れや疲れやストレスが溜まっている状態があると5番腰椎は不安定になりますので不安定状態から起きる骨盤の歪みが起き腰痛を起こすこともあります。

 

何度も言いますが内臓と言っても病気ではありませんので内臓に疲れやストレスが溜まっているということで骨盤の歪みや骨盤の開きが起き骨盤が不安定になって腰痛や腰の痛みを起こしたりぎっくり腰になったり椎間板ヘルニアが起きています。

 

必ず腰痛が起きる時には骨盤の歪みや骨盤の開きなどが起きていて骨盤が不安定になっている時に車の運転をして長時間同じ姿勢をすることで疲れやストレスを避けるためてしまうと骨盤が広がっていきますので広がりから腰の痛みになります。

 

寝ている時に布団などが柔らかかったり体に合わないと 朝起きた時から腰が痛くて動けなかったということもありますが根底にあるのは布団も関係することもありますが骨盤の歪みや骨盤の開きが大きく関係しますので骨盤の歪みや骨盤の開きが小さい時には同じ布団に寝ても痛くはありません。

 

立っている時にくしゃみをしただけでも腰が痛くなる場合もありますが骨盤の歪みは骨盤の開きが起きている時に腹圧が上がって弱い部分に 負担が起きると腰が痛くなります。

 

腰痛を楽にするためには筋肉靭帯の炎症や腫れなどが検査することで見つかれば解消することから始めていき骨盤の歪みや骨盤の開きを整えて背骨のズレを矯正することをしています。

 

そして最近は眠れていない方が多くいますので眠れていないと骨盤の骨や背骨の骨が炎症や腫れを起こしているという方までいますので炎症や腫れがある方はそれらを改善することからしていかなければ椎間板なども潰されたままになっています。

 

眠りが浅かったり体に多くの疲れやストレスが溜まっているということは大変なことが起きているんですが大変なことが起きているということが自覚が無い方が多くいます。

 

さらに眠れていないと大脳の脳細胞が急激に減少を招いていきますので急激に減少を進行させてしまったら大変なことになります。

 

当院ではそれぞれを検査することをしていますので検査しながら目の前にあるものひとつひとつを改善するようにしていますので一度にわかることはありませんが一つ一つ改善していくと徐々に腰痛が楽になっていきます。

 

検査すると言っても病院のように一度にすべてがわかることはありませんので目崎にあるものから見つけ出して改善することをしていきながら進めていきます。

 

 

八幡東区と八幡西区と戸畑区と若松区、門司区などから多くの方が 腰痛 を解消するために訪れています。

page top