頭痛、頭の痛み、偏頭痛

頭痛、頭の痛み、偏頭痛

頭痛 が起きたり偏頭痛が起きたり するのは原因があります。
風邪を引いた時でも 頭が痛くなりやすいかと 頭が痛くなりにくい方がいます。
頭痛になりやすい方が頭痛になっています。
頭痛や偏頭痛が起きた時に安易に頭痛薬などで痛み止めを使っても構いませんが原因を考えていくことも必要だと思います。
何も原因がなくて頭痛や偏頭痛などが起きたりすることはありませんので何かの原因があるから頭痛や偏頭痛になると思った方が自然だと思います。

頭痛、頭の痛み、偏頭痛

頭痛や偏頭痛の方は 簡単に頭痛薬などを使って しばらくすると治ってくるからといって安心してしまっていますが こんな状況でいいのかということを考える必要があるということを言っています。
頭痛薬などを使うことで 痛み止めにはなるかも分かりませんが痛み止めになっても一時的な痛みを止めることしかできていません
ドラッグストアなどで売られている市販薬の頭痛薬というのは一時的にその時だけに効果が表して 痛み止めになるものです。
痛み止めと言うと虫歯などで痛み止めの 薬を使うことはありますが これと同じで虫歯ですから一時的な痛み止めにしかなりません
虫歯を起こしている歯を見つけて治療することをしないと虫歯は進行していくように頭痛というのも同じことが言えます。

頭痛には原因がある

何も原因がなくて頭痛は偏頭痛が時々起きているような状況では 原因がいつのまにか進行してしまいますから進行してしまわないうちに改善していく必要がありますが一時抑えばかりしていると大変なことになっていくということもあります。
多くの方が頭痛や偏頭痛に悩んでいますが簡単に考えてしまっている場合が多くありますので簡単に考えて頭痛薬を使うことなく原因から見つけて改善していくようにしたいと思っています。
頭痛や偏頭痛が起きている方は、中には首の痛みや首のこりがあったり肩こりがあったり目の使いすぎなどが起きていたりということがありますがこれらは同時に起きているということなので原因ではありません。
専門家の先生も肩こりがあるから頭痛が起きやすいとか緊張性の頭痛だとか言いますがすべて緊張することも原因があるから緊張してしまっていますから肩こりにもしっかりとした原因があります。

首の痛み、首のコリから

首の痛みや首の凝りがあるから頭痛が起きるまたは偏頭痛が起きるという風に説明する先生もいますが、これらも同時に起きているものが重なっているだけです。
専門家の先生でも頭痛や偏頭痛の原因を調べることはできませんし特に専門家の先生というのは病院の先生ですから病気の専門家です。
病気の専門家というのは病気になってから初めて検査することでわかるというのが病気の専門家の先生です。
しかし頭痛や偏頭痛というのは何かの血管が切れそうになっていたり何かができているということがない限りは病気ではありませんので病気の専門の先生が 解決するのは困難を極めます。
頭痛や偏頭痛と言うとレントゲン撮ってもわからない場合が多くありますし MRI を撮ってみてもわからないということもあります。
わからないものはわからないという風に言うことはしませんので肩こりがありますかと聞けば肩こりがありますと言えば 肩こりからきている頭痛でしょうねという風に説明されます。
首の痛みや首のコリが同時に頭痛と片頭痛が起きていれば 首の痛みが原因でしょうねというふうにしか言えません。

首の湾曲から頭痛

ストレートネックつまり首が真っ直ぐだからということで肩こりや首の痛みや頭痛になると説明するかと思います。
ストレートネックというのは首の骨は、前側にカーブしていなければいけませんが中にはまっすぐな人もいますから真っ直ぐな首の骨をしていると負担が大きいから筋肉が緊張したりすることが多くあり筋肉の緊張性の頭痛になるという風に説明される場合もあります。
しかしストレートネックも 初めからストレートだった方がいますし成長過程でストレートネックになったという方もいますのでストレートネックは自然で起きるものであればあまり頭痛や偏頭痛とは関係がありません。
昔、事故をしたことがある方がいましたが事故をしたからといって頭痛になるという風に考えるのは早計だと思いますので検査をすることでいろいろな原因を見つけ出すことをしています。

頭痛の原因とは

必ず頭痛や偏頭痛が起きる時にはどこかに原因がありますがこの原因を見つけていくことは簡単ではありませんが原因を見つけて改善していくことをしていけば頭痛は偏頭痛は楽になってそして解消していくということがあります。
治療に来た方も現在頭痛があるという方がよく LINE していますがその場で頭痛を楽にすることができますが楽になったからといって本当の原因が良くなったわけではありません。
頭痛や偏頭痛が起きた原因がありますので原因から見つけていくことをしないとそしてそれを矯正していくことをしないと本当の意味で頭痛は良くなることはありませんし一時的に止まっていても止まってる間に良くなっていく方向に行けばいいんですが良くなっていく方向に行くことはありません。

一時抑えばかりしてると

一度、起きた頭痛や偏頭痛が一時的に薬を飲んだりすることで楽になることもありますが楽になるということができても本当の原因を変えて行かない限りは治るわけではありません。
頭痛や偏頭痛が起きやすい方起きた方はいてみると 頭痛が起きていない時でも頭痛を繰り返していない時でも原因は進行していってます。
この頭痛を進行させるものがありますし頭痛がどうして痛みがない時でも進行してしまっていいのかということがありますのでそれらを検査することで見つけていかなければいけません。
患者さんは簡単に考えて 来院していますが当院の院長が検査をしてみると本当に大変なことで頭痛や偏頭痛が起きている方が多くなっています。

楽にする治療と直す治療

頭痛を楽にすることと頭痛を治すということは全然意味が違います。
頭痛を楽にすることから始めていき頭痛の原因を見つけて頭痛を治すことをしていきます。
そして首の痛みや首の凝りが起きやすい方でも首の痛みは首のこりを改善してさらに頭痛の原因を見つける必要があります。
肩こりと頭痛を感じる方も肩こりを楽にしたら原因を見つけていくことをしてそしてさらに頭痛が起きている原因を見つけることをしていきます。
肩こりと首の痛みや首のこりと頭痛は原因はバラバラで別にあります。
目の使いすぎでも頭痛になるというふうに専門家の先生は言うことはありますが 目の使いすぎと頭痛が同時に起きているというだけです。

痛みの原因

どうして頭痛や偏頭痛が起きるのかということをしっかりと考える必要があると思いますので 先将来大変なことにつながる前につながらないように少しずつでも頭痛の原因を改善して 良くなる方向の方に向かわせることができます。

頭痛、頭の痛み、偏頭痛とは

頭痛は簡単に考えることではなく大変重要なことが起きているのでその原因から見つけていくことをしたいと思っていますが最近は多くの方が眠りが浅く眠りが浅いということが分かっていない状態の方が多くいますので眠りが浅いということは脳は緊張してしまっていますから眠りが浅い状態で頭痛になってしまっているという方もいます。
夜寝たら朝まで目が覚めないから眠れていると思うのは 勘違いです。
本当に眠れているのかということを検査することで見つけて説明をして改善していくようにしています。

 

 

八幡東区や八幡西区と戸畑区と若松区と門司区から多くの方が頭痛を楽にするために訪れています。

 

頭痛 を感じる時には 原因があります

page top