頭痛、頭の痛み、偏頭痛になるときは

頭痛頭の痛み片頭痛が起きる時には何かがあるから痛みになります。この何かがあることがわからないから安易に一時的な痛み止めになる頭痛薬ばかり使って安心していないで頭痛の原因を見つけることからしていきませんか。
痛み止めの薬さえ飲めば頭痛、頭の痛みが楽になる為に頭痛薬ばかり使っている方が多くいます。しかし頭痛薬は一時的に痛みをおさえているだけです。
頭痛、頭の痛み、偏頭痛

頭痛、頭の痛み、偏頭痛とは

痛み止めなので痛みはしばらくするとおさまりますが、頭痛、頭の痛みには原因があるから頭痛、頭の痛みになっています。
痛み止めの頭痛薬ばかり服用して治ったと思わないで下さい。
頭痛薬は生理痛の諸症状をおさえる薬でもあり、歯の痛みをわからなくする薬でもありますから。
頭痛薬は胃で溶けて全身に効いて痛み止めになります。
痛い所だけ効く痛み止めは服用する分ではありません。
口で痛み止めを服用すると胃で溶けて血液に入って手から足から頭から全身に効いていきます。
悪い部分だけに行くことはありません。
頭痛薬が生理痛の薬と同じであり、虫歯の痛み止めと同じです。
痛み止めは、痛み止めです。
一時的に頭痛、頭の痛みをおさえているだけです。
薬は一時的に痛みを止めることはできるかも知れません。しかし直している訳ではありません。
頭痛、頭の痛みは原因があります。頭痛、頭の痛みの原因を見つけることをしていきます。
最近、見たテレビの特集で頭痛、頭の痛みの方の半数が脳梗塞になっていると言っているのを見ました。
実は大変、衝撃でしょうが、これが事実です。
脳梗塞になっていなくても予備群だからです。
今は脳梗塞になっていなくても、ゆくゆくはと言う事です。
頭痛、頭の痛み、偏頭痛

頭痛、頭の痛みは

時々、頭痛、頭の痛みを急に起こしながら細胞の変化が行われていきます。この期間は千差万別ですが5年から20年です。
その間、時々、頭痛、頭の痛みを起こしながら近づいていきます。
なってしまうまで病院ではわかりません。
健康な細胞から病気の細胞に変化する為には、数年はかかります。この時に頭痛、頭の痛みが起こりだしています。つまり初期の頭痛、頭の痛みです。
これを数週間に1度とか、数か月に1度とか頭痛、頭の痛みになりながら、脳の病気に近づいていきます。
この期間が5年から20年の間です。
つまり今、頭痛、頭の痛みがある方は、今から5年以上前から細胞の変化が起きています。
頭痛、頭の痛みになる前から細胞の変化が起こります。
細胞の変化が起こりながら、いつかは頭痛、頭の痛みとして感じ出します。
しかし初めは時々で薬を飲んだらすぐにおさまります。
もうこの時から細胞の変化が起きているから頭痛、頭の痛みになっています。
どれくらい進行してきたのかはわかりませんが。
ある時になると頭痛薬の薬を買い置きするくらいになります。
月に2回から3回くらい頭痛、頭の痛みになる方もいます。
頭痛、頭の痛みの方はなる因子があるから頭痛、頭の痛みになります。
なる因子がない方は頭痛、頭の痛みにはなりません。
つまり脳の血管の病気にはなりません。

病気として完成したら

病気として完成したら病院で検査する必要があります。脳神経外科などが頭痛、頭の痛みの専門家です。
しかし完成するまではわかりません。
頭痛、頭の痛みが起きていても異常なしなのは完成していないからです。
完成するか、しないかは進行するスピードで違います。
完成するスピードの違いは弱さと睡眠負債あります。
毎日の生活で疲れやストレスは蓄積していきます。疲れやストレスは弱い部分にたまります。この弱い部分が頭痛、頭の痛みになっています。
頭痛、頭の痛みを起こしています。
頭痛、頭の痛み、偏頭痛
あとは睡眠負債です。最近は夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っています。人が自分の寝ている姿を見てもスースー寝息を立てていれば 得ていると思いますよね。
しかし、これが間違いです。
眠りとは脳が寝ていることです。
脳が休養を取って寝ていることが眠りです。
寝ている状態でも脳の中まで見えません。
夢は目が覚める瞬間に見ているから記憶に残りおぼえています。
例えば6時間の睡眠時間があっても5時間50分くらいが寝ながら考え事をしている睡眠になっています。
5時間50分の睡眠が寝ながら考え事をしている睡眠をしています。しかし本人は寝ているから気が付きません。
目が覚めないから寝ていると思わないで下さい。
眠りが浅い方は脳が弱っていきます。
脳が弱ることが原因で脳疲労になります。脳が疲労していくと脳疲弊と言うことや脳衰弱になります。どんなに痛みやコリが起きている状態でも感じません。痛みやコリがわかりません。
インフルエンザになっても隠れインフルエンザになります。
これは風邪でも同じことが言えます。
インフルエンザでも風邪でも引いている状態でも発症しません。熱が上がりません。脳が元気だから熱を上げて細菌やウィルスを減らします。これができません。
そうすると脳細胞の数が急激に減っていきます。
その方はハイテンションになります。
おかしくないことでも笑ったりします。
記憶力が落ちていきます。
物忘れが増えていきます。
うっかりが増えていきます。
そうすると脳梗塞と言うよりも精神疾患になっていきます。
これが頭痛、頭の痛みの方です。
大変なことが起こりは初めているのが頭痛、頭の痛みです。

TOPへ