頭痛、頭の痛み、偏頭痛になってしまうと

頭痛、頭の痛み、偏頭痛になる時には原因があります。原因を見つけて解消することで頭痛、頭の痛み、偏頭痛が楽になっていきます。
頭痛、頭の痛み、偏頭痛

頭痛を楽にしていく

頭痛になる時には頭痛の原因があります。頭痛の原因があるから頭痛になりやすく繰り返しやすくなります。
当院では頭痛を楽にしたら頭痛の原因を見つけることをしています。
必ず頭痛というと原因があります。しかし頭痛薬などの痛み止めを服用すると頭痛・片頭痛は良くなるために、治ったと思っている方が多くいます。
頭痛薬と言うのは、一時的な痛み止めです。
痛み止めですから直している訳ではありません。
本当に一時的な痛みを止めているだけです。
頭痛には大変なことが起きています。
その原因をみつける為にも体調を上げて頭痛の原因を見つけることをしています。
当院では頭痛で来院する方が、多くいますが、頭痛の方は頭痛体質と体調の悪さから起きています。
頭痛の根本的な原因は体質です。

頭痛、頭の痛み、偏頭痛とは

体質が根底にあることが原因で頭痛になりやすくなっています。
しかも土台が頭痛体質ですから、体調を落として疲れやストレスを多くためていくと頭痛体質の方が頭痛になります。
体調が悪くなる、体調が落ちているということを説明しても、わからないと言う方が多くいます。
体調と言うのはストレスと同じで意味不明だからです。
意味も分からずに使っています。
頭痛、頭の痛み、偏頭痛と疲れやストレス
ストレスというのは蓄積した疲れですから、蓄積疲労になります。
体調が落ちると言うのは疲れやストレスが多く蓄積した状態を言います。
体調を落とすということは、疲れやストレスが多くたまって骨盤の歪み・背骨のズレが起きています。
必ず疲れやストレスがたまると骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレになります。

疲れやストレスの蓄積する所

頭痛と言うと頭で起こりますから、頭に疲れやストレスがたまった時に起きています。
頭と言うのは脳です。勉強のし過ぎとかで脳が疲れたと言う事ではありません。
頭の使い過ぎで脳が疲れたと言う程度ではありません。
最近は多くの方が体にも疲れやストレスが多くたまっています。
疲れやストレスがたまっていない方はいません。

疲れやストレスと頭痛、頭の痛み、偏頭痛

疲れやストレスは体にもたまりますが、脳にも疲れやストレスはたまります。
そして厳密にいうと疲れやストレスは筋肉にもたまりますが、脳にもたまります。
この脳にたまる疲れやストレスが頭痛を起こしていきますが、多くの病院の検査ではわかりません。
病院では病気の検査をしていますから、病気にならないとわかりません。
頭痛は病気のような状態であって病気ではありませんから。
もちろん、脳梗塞や脳出血などから起きる頭痛でしたらわかると思いますが。
脳にたまる疲れやストレスと言うのは病気ではありませんから、検査しても陽性反応は出にくいと思います。
もし異常がでれば病気になっています。
病気であれば痛み止め程度では収まらないと思います。
頭痛、頭の痛み、偏頭痛と眠り

頭痛になる原因

頭痛になる原因は最近は多くの方が同じことを起こしています。
もちろん例外はありますが。
最近の頭痛の方は、眠りが浅い方です。自分は寝ている思う方もいるでしょうが、本当の眠りと言うのは脳から寝ていることを言います。
体はスースー寝ていても脳が夢を見ると言うよりも、夢を見るよりも一番、浅い睡眠があります。
この睡眠をしている方が頭痛になりやすくなります。
自分でも気が付いてないだけで、この睡眠に陥っている方が多くいると思います。
この睡眠のことを寝ながら考え事をしている睡眠と言います。
寝ながら考え事をしている睡眠は目が覚めた瞬間に忘れてしまう睡眠です。
夢は目が覚める前に見ていると記憶に残りますから、「なんか夢を見ていたな」とかおぼえています。

眠りと頭痛、頭の痛み、偏頭痛

しかし寝ながら考え事をしている睡眠は妄想に近い睡眠です。
寝ながら考え事をしている睡眠は睡眠負債になり睡眠障害になります。
寝ながら考え事をしている睡眠と体調が良い訳ありませんが、寝ながら考え事をしている睡眠をしていると脳が弱っていきます。
寝ながら考え事をしている睡眠をして脳を弱らせていると痛みやコリがわからなくなります。
インフルエンザが体内に入っていても隠れインフルエンザになります。
脳が元気だからインフルエンザウィルスが体内に入ったら熱を上げることができます。
つまりウィルスが侵入してもインフルエンザになることはありません。脳が元気だから発熱してウィルスを減らそうとします。ウィルスは熱に弱い為ですが。
しかし寝ていないと何も起こりません。マヒしたり鈍感になります。

頭痛の方は

頭痛の方は寝ながら考え事をしている睡眠をしているときに脳が緊張したり、硬縮したり、興奮したり、炎症やハレを起こしたりして頭痛になっています。
頭を触るとわかります。また、体調を検査することができますので、体調を検査してみると頭痛の主な原因が判別つきます。しかし、体調と言うのは一つの原因に行き当たる前に色々な状態を起こしています。
原因に、いきわたる前に原因になるものを見つけるために範囲を狭めていく必要があります。
範囲を狭めないと体調による悪さの方が優先れていますので、原因となるものが見つかりません。
ほとんどの場合、体調が良くなってくると、現在頭痛が起きている方も頭痛が楽になっていきますが、これは原因ではありません。この先に原因となっているのもが反応していきます。
頭痛、頭の痛み、偏頭痛と眠り
当院では原因となっているものを良くしていく事をしていきます。
頭の痛み、頭痛、片頭痛は、一時的に楽にしても原因は取り切れていない場合が多くあります。
取り切れていない原因はそのままではありませんので進行していきます。
頭の痛みが起きなくても原因は進行して原因の悪さが進んでしまいます。
痛みがなくても原因から変えていく施術をしないと、すべて、一時抑えだけです。
頭が痛いときに薬を飲んでも、それは一時抑えですから、風邪を引いている時以外で頭痛になることがあれば、簡単に考えないで下さい。
薬は原因を直すものではありません。
今起きている痛みを止めるだけです。
これは一時抑えです。
先ほどもいいましたが、何かの原因があるのが頭痛の原因ですから、原因を見つけ出して原因から改善することを考えましょう。
多いのが頭痛と片頭痛と頭がボーっとすると言う症状です。
頭が弱ると、頭痛になります。
頭が弱るとは、ほとんどの場合、眠りが関係している場合が多くあります。
頭が固く張っていたり、弱り過ぎると、ブヨブヨしていたりしています。
ほとんどの方の症状ですが、頭がブヨブヨしていたり、固くなっています。
病気ではない症状なので、病院ではわからない場合が多いようです。
頭痛や片頭痛射、頭痛から起きる吐き気、こめかみの痛みなど
当院では、頭痛や片頭痛や頭がボーっとする症状の原因は、眠りが浅い方が起きやすい症状のようです。
ご自分で気が付かないで、眠りが浅い方が、ほとんどです。
朝まで起きなければ、寝ていると思っている方が多くいます。
眠れていれば、頭痛や頭がボーっとするなどの症状は起きません。
眠りとは、体も疲れが取れる眠りです。
ただ、単に横になってグーグー言っている眠りとは違います。
寝息を立てていても、深く眠れていないと、脳はストレスを持ちます。
眠りとは、脳まで休める眠りです。
夢ばかり見たり、寝ながら考えことをしている方が、頭痛や頭がボーっとする などの症状が起きます。
頭痛、頭の痛み、偏頭痛と眠り

頭痛・片頭痛が起きやすい方は

夢ばかり見て寝ている方は、目が覚めた時に、夢を見ていたのを憶えています。
しかし、最近、多いのが寝ながら考えことをしていると言う症状です。
寝ながら考えことをしているのが、一番浅い眠りです。
目が覚めるか覚めないかは対して違いはありません。
ほとんどの方が、目が覚めなければ寝ていると答えます。
頭の痛みには、症状は色々あると思いますが、原因は一つです。脳にストレスがたまった時に頭痛や片頭痛になります。
脳にストレスがたまった時とは、脳疲労です。

脳疲労から頭痛になる

脳疲労が起きた時には、脳に力がなくなり脳の力が低下します。
脳の力がなくなると、脳は緊張して、頭痛や片頭痛になります。脳の力がなくなると、緊張性の頭痛とか片頭痛になります。首のコリも多く起こります。
最終的に、頭痛がどうして起きしているのか?どうして緊張しているのか!
理由は、眠りが浅いことが最大の理由です。ただ、寝ているのではなく、熟睡が出来ないことが理由です。
朝まで起きなければ、寝ているとは言えません。
惰眠は惰眠です。量よりも質です。 当院の院長が、眠りと言う時には、この質の事を言います。
今は、ほとんどの方の例外なく、みんな質が足りていません。
脳が疲れて眠りが浅くなっています。 脳が疲れて、イライラしやくなっています。

体質改善で頭痛を解消します

当院では、体質改善アンチエイジング(若返り)という施術があります。
この施術は、頭痛・片頭痛の原因になるものを根本から変える施術です。

 

TOPへ