整体で腰痛、肩こり、小顔矯正、骨盤矯正が人気

骨盤矯正

骨盤矯正 で骨盤を小さくしていくためには ボキボキもしないし痛くもない骨盤矯正をしていますが当院の骨盤矯正は骨盤矯正というよりも骨盤の治療と言った方が正確なのかも分かりません。
今まで30年間で骨盤矯正をしてきて多くの方の骨盤を小さくすることをしていますが全員と言っていいほど骨盤に何らかのトラブルを抱えています。

 

当院では骨盤矯正をするときも検査することをしていますので検査をしてみると 骨盤の歪みや骨盤の開きを整えて矯正すれば骨盤が小さくなるというだけではなく 他の問題になっている方も多くいます。

 

確かに骨盤の歪みや骨盤の開きを矯正して整えていくと骨盤は小さくなると思いますが それだけでは駄目だということです。 骨盤の歪みや骨盤の開きを整えていくことでも骨盤は小さくなってくれますが 他の問題を抱えているとすぐに戻りやすく効果が無くなっていきます。

 

骨盤矯正をする時には検査することで以上のある部分を見つけていく骨盤矯正をしていますが今まで30年間、骨盤矯正をしてきて異常がないという方は一人もいませんでした。

骨盤矯正をする前に

当院では骨盤矯正に入る前に 比べられるようにしていますので骨盤がどれくらい小さくなったのかということをメジャーで測ったりスタッフなどがメジャーではかることもなく自分の手で感じてもらうことをしています。

 

骨盤矯正をする時にスタッフや他の方がメジャーで測ったり計測する機械などで測ったりすることが多く見受けられますが当院ではそういうやり方はしていません。

 

他人がメジャーで測ったりすると位置が違ったり 骨盤矯正をする前は緩く測ったのに骨盤矯正をした後はきつく測ったりとすることがどうしても人はあります。

 

そのためどうすれば一番、自分でわかりやすいのかということを考えたら自分で触ってもらうのが一番だと思いました。

 

そのためにはどうすればいいかということを考えてみましたが一番わかりやすい方法で簡単な方法なんですが簡単なようで難しい方法がありました。

 

一番簡単なようで難しい方法というのは 自分で骨盤の横を触る方法なんですが骨盤の横を触ってと手で触って教えても触れていない方が多くいます。

 

骨盤矯正をしていくときには骨盤を小さくしていくことをしていきますので 骨盤というのは後ろから見た幅と前から見た幅を小さくしていくのが骨盤矯正です。

 

多くの方が初めて受ける方や他で骨盤矯正を受けても効果がなかったという方が予約されて訪れていますが当院では必ず初回から骨盤が小さくなる言葉の矯正をしていきますので初回からしっかり触って覚えてもらうことをしていますので初回から大変難しいことを言います。

 

しっかりと初回から変わるから 骨盤を触って幅を覚えてもらうことをしていますがただ単に骨盤の両横に手を当てただけでは分かりません。

 

骨盤の横に手を当てて 幅を触りますが左右さを感じようとして触ってみてください。

 

一番は目を閉じて左右差を感じようとすると右が大きいとか左側の方が大きいとか左右差が必ずありますので左右が同じという方はいませんので、それを感じ取るようにしてください。

 

左右差を感じようとすると手に集中力と頭にある感覚神経が働き出しますので感覚神経と手の集中力で幅がよくわかるということです。

 

ただ単に触ってしまった方ほどまた体だけで触ってしまった方ほどどんなに小さくなっても分かりませんし骨盤矯正と言っても骨盤が10 CM 20 CM も変わるまたは小さくなるということはありませんので1 CM 変わってもわかるようにしておいてほしい目的の触り方です。

 

骨盤が1 CM 変わっても小さくなっているわけですから場合によっては2 CM だったりする人もいますし3 CM 変わるという方もいますのでそれがを触って分からないとどんなに小さくしても分かりません。

疲れやストレスと骨盤矯正

骨盤矯正をしていくときには疲れやストレスの蓄積というのが一番の天敵になりますので 疲れやストレスが多く溜まってしまったかたほど骨盤の歪みや骨盤の開き が大きくなっています。

 

日常的に毎日毎日の生活や仕事や精神的な抑圧やプレッシャーや緊張などで多くの疲れやストレスが溜まって行きます。

 

疲れやストレスがない方はいませんので疲れやストレスを感じていない分かっていない方は多くいます。

 

体に多くの疲れやストレスが溜まっていくと脂肪が多くなったりむくみが多くなったりしてリンパの働きが悪くなり老廃物が多く蓄積していき循環が悪くなります。

 

何も原因がなくてリンパの働きが悪くなって老廃物が溜まるということはありません。何かの原因があるからリンパの働きが悪くなって老廃物が多く蓄積していきます。

 

しかもお疲れやストレスというのはたまるところがあるからたまるわけですけど溜まるところというのは例えば体重が100 kg の方がいるとしたら100 kg 中65 kg はぎゅーっと絞った水分です。 体重の半分以上は色々な所にある水分です。

 

水分が何かを起こすということはないと思いますので後残った35 kg の重さに何かの原因が潜んでいます。

 

35 kg の重さには何があるのか言うと 皮膚の重さ筋肉の重さ人体の重さ脂肪の重さ骨の重さとあとは中枢神経系と内臓の重さです。

 

この中で疲れやストレスがたまりやすいところを考えてみると筋肉にもたまりながら 中枢神経系と内臓に多く溜まっていくということが消去法で分かります。

 

内臓というのはアルコールの分解や油文の分解や栄養を作ったり胃で消化したり腸で便を運んだりと色々な仕事をしていますので仕事をすることでも疲れやストレスは多くなります。

 

肺で呼吸することでも肺が仕事をしてくれているから血液の中に酸素を混ぜて血中酸素を増やしてくれて大脳の方に送ることを心臓がしてくれています。

 

これも内臓が働いてくれているからですが働くと疲れやストレスは積み重なっていきますが内臓の疲れをとることを人は何も考えてしていません。

 

内臓が働くことでも疲れやストレスは多くなると考えた方が自然だと思いますしそれ以上に生活したり運動したり歩いたり走ったりデスクワークをしたりパートをしたりすることで多くの疲れやストレスは溜まっていきます。

 

この両方の疲れやストレスを蓄積が全て筋肉にもたまりながら内臓に蓄積していきます。

 

骨盤の中にある内臓というのは大腸や小腸や膀胱や子宮や卵巣になります。

 

この内臓に疲れやストレスが溜まると生理痛になったり生理不順になったり便秘になったり下痢になったり膀胱炎になったりということが起こるということです。

 

そういう症状があるのに骨盤が小さくなることはないと思いますし安定状態で維持できるとは考えにくいです。

 

ですから骨盤矯正と言ってもただ骨盤の歪みや骨盤の開きを矯正すればいいというわけではなく逆に考えてもらえれば分かりますけどどうして骨盤の歪みは骨盤の開きが起きたのかという原因があるということです。

 

骨盤の歪みや骨盤の開きが起きた原因は内臓に蓄積した疲れやストレスが原因ですから骨盤の中に入っている内臓が正しく働いているかどうかということを検査して見つけ出すことをして骨盤矯正をしています。

睡眠負債と骨盤矯正

骨盤矯正をしていく時に一番、邪魔なものがあります。 一つは睡眠負債です。 最近は多くの方が寝ているようで眠れていませんので眠りが浅いということは脳が弱っていきますので脳が弱った方ほど感覚神経の働きが低下して1 CM 変わったのがわからないという方がいます。

 

眠りと言うのは脳が休養とって寝ていることだけを眠りと言いますのでそれ以外は寝ているわけではありません。

 

脳が休養とって寝ていない限りは体も休めませんし内臓も休むことができませんから内臓が休まない限りは疲れやストレスは取れるわけはありません。

 

最近は多くの方が骨盤矯正に訪れていますか院長から体調はどうですかとか調子は悪くないですかと聞かれると多くの方が体調はいいですとか調子は悪くありませんという答えが返ってきますが検査して骨盤などを触ってみると骨盤の歪みや開きが大きくあったり背骨の歪みがありすぎてガタガタしていたりということで 内臓に疲れが溜まっていることが分からなくなっています。

 

骨盤の歪みや骨盤の開き、背骨のズレというのは内臓に溜まった疲れやストレスが原因です。

 

骨盤の中にあるのは内臓ですから内臓のトラブルから骨盤の歪みや骨盤の開きが起きていると考えるほうが自然だと思いますしどうして猫背になるのか姿勢が悪くなるのかということも内臓に溜まった疲れやストレスに原因があります。

 

眠りが浅いということは極端な脳の弱りを起こしていきますので最近は多くの方が脳衰弱の方が多くなっていますから立った瞬間に骨盤がゆがみを起こしたり骨盤が開いたりという方がいます。

 

 

 

 

八幡東区八幡西区戸畑区若松区門司区から 多くの方が初回から骨盤が小さくなるから 骨盤矯正 に訪れています。

page top