骨盤矯正

骨盤矯正

骨盤矯正 をしていく時には骨盤が小さくなるようにして骨盤矯正をしていますので評判の良い人気があることで特徴がある骨盤矯正をしています。
多くの方が骨盤矯正を希望されて訪れていますが ほとんどの方は骨盤矯正という意味を知らなくて、ただ骨盤が小さくなりたいという理由だけで していますので骨盤矯正の本当の意味というものを知ってもらうためにも説明していきたいと思います。

 

骨盤矯正とはどうすれば骨盤を小さくすることができるのかどうやって言葉を小さくすることができるのかそして骨盤が小さくなってもいい子すること屋持続力があるのかということが一番、気になると思いますのでそれを説明していきます。

 

骨盤矯正をしていく時には当院では骨盤矯正に入る前に2度ほど簡単に骨盤を触る練習をします。

 

しかしメジャーなどで測ったりすることもなく 自分の両方の手のひらを骨盤に当ててもらうことで骨盤を測るようにして幅を覚えてもらうようにしていますので簡単な方法ではありませんので ご自分で簡単に考えて触ってしまった方ほど小さくなってもわからないという方がいます。

 

骨盤矯正と言っても10 CM も20 CM も骨盤が小さくなることはありませんので1 CM だったり2 CM だったり3 CM だったりという程度だと思いますので1 CM 例え変わったとしても わかるように触っておいて欲しいんです。

そのためには触り方があります。

骨盤矯正をする時には 立ってもらって右では右側の骨盤を左左手は左側の骨盤を触ってもらいますが触る位置は股関節の少し上の部分ですから股関節を自分で触って覚えて少し上を触ってください。

 

今まで多くの方が骨盤矯正に訪れていますが骨盤の両横を触ってと言葉だけで言うと触れていない方がいますし違うところを触っている方が多くいますので骨盤というのは本当の意味で骨盤を触るわけです。

 

骨盤というのは 体を支えている骨盤ですから 骨盤を触るためには両方の真横の骨盤の部分を触って触るだけではなく 幅を感じようとして触るということが一番大切になりますのでそのためにも触りながら目を閉じて左右差を感じようとしてください。

 

触るだけではなく目を閉じて左右差を感じようとすると骨盤も左右が対象ではなく比対象だということが分かると思います。

骨盤矯正と睡眠負債

骨盤矯正をして行く時には必ず骨盤を触る練習をしますが骨盤を触る時には左右さを感じようとして手だけではなく手に集中していると 頭が働き出しますので頭で感じようとすると感覚神経がしっかり働き出してわかりますから必ず左右さを感じようとして頭を働かせてください。

 

ただ単にいってだけで触った方は分からないという方がいますし最近は多くの方が睡眠負債状態になっていますので睡眠負債状態の方は脳が弱っていますので脳が弱ると感覚神経が鈍感になって働きが低下しますのでわからないという方もいます。

 

今まで多くの方が骨盤矯正に訪れていますが10人骨盤矯正を希望されて訪れても二人ぐらいは分からないという方が多くいますのでわかるかと分からないかと同じように変えても同じ幅だけ変えても分かる方と分からないか違いますので 分からないということがないようにできるだけしていますが完璧には至っていません。

 

本当に骨盤矯正をして骨盤が小さくなることができるから触って覚えておいて欲しいんですが。

 

睡眠負債というのは 夜寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると勝手に勘違いしている方です。

 

骨盤矯正を行う時には一番の敵になるのは睡眠負債なんです。

 

睡眠負債が多くあると 脳が弱っていますので脳が弱ると大変なことが起きているんですが大変な起きているということさえも分からない方が多くなっています。

 

睡眠負債が多くある方ほど骨盤矯正を希望されて訪れていると院長から体調はどうですかとか調子はどうですかとか体調は悪くないですかと聞かれると全員が体調は悪くありませんとか体調はいいですと簡単に答えてしまっていますが当院の院長は検査することができますので検査をしてみると骨盤の歪みが大きくあったり骨盤が開きが大きくあったにも関わらず症状を起こしていないという方が多くなっているからです。

 

睡眠負債状態がある方は自分の体調がわからなくなりますし麻痺した状態になりますから眠れていないのにハイテンション状態が起きてしまって動けるからまたは眠たくないからと言って眠れているとは限りません。

 

当院の院長は検査をすることでいるような症状を確認しながら強制にあたりますので 正確に判断することを30年してきました。

疲れやストレスと骨盤矯正

睡眠負債があると多くの部分に疲れやストレスが溜まっていきますが疲れやストレスというのは貯まるところがあるから溜まります。

 

疲れやストレスが溜まるところというのは 筋肉にもたまりながらある部分に多く蓄積していきます。

 

例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅーっと絞れば65 kg つまり65%が水分になります。

 

後残った35 kg は皮膚の重さであり脂肪の重さであり筋肉の長であり骨の重さであり神経と血管とリンパ管とあとは中枢神経系と内臓しかありません。

 

この中で疲れやストレスがたまるところは どこなのかということを考えなければいけません。

 

つまり最終的には疲れやストレスというのは筋肉にもたまりながら内臓に溜まっていきますので中枢神経系への大脳や脳幹や脊髄も内臓の一部です。

 

内臓といっても病気というわけではありませんから数値的な異常が出ることもなく内臓が弱ったり疲れやストレスを溜めたりということが起きていきますので何でもかんでも病気というのを関係づけることもなく話を聞いてください。

 

我々が食事をしたり脂っこいものを食べたり野菜を食べたりする時には噛むことでも疲れやストレスが生まれますしも見込むことでもお疲れやストレスは多くなりますし評価することでも胃が働きますから胃が働くことで疲れやストレスは胃に溜まっていきます。

 

何気なくしていることに内臓が働いてくれているということになりますから内臓も働けば疲れやストレスをためて調子を落とすのは当然です。

 

そしてそれ以上に日常的に動いたり生活したり仕事したり運動したりすることでも疲れやストレスは多くなりますので疲れやストレスというのは全て内臓に蓄積していきます。

骨盤矯正と内臓

骨盤矯正をしていく時には骨盤の中に入っている内臓も深く関係しますので体調をいただけではなく睡眠負債状態だけではなく骨盤の内臓も深く関係して骨盤が広がったり骨盤が歪んだり 骨盤周辺の脂肪が多くなったりむくみが多くなったりということが起きています。

 

何も原因がなくて言葉が歪んだり骨盤が開いたりすることはありませんので何かの原因があって言葉が歪んだり骨盤が開いたり起こしていますが骨盤を矯正すれば骨盤が小さくなるというわけではありません。

 

骨盤矯正をしていく時には体調と脳の力を考えなければ安定させることができませんので持続力や維持する力があるわけはありません。

 

ご自分の状態が悪いのに持続力や維持する力なんかはあるわけはありませんので持続しやすいように維持できるようにしていかなければまた体を整えていくことをしなければ効果はなかったり戻りやすくなったりまたすぐに周辺のむくみや脂肪が多くなっていきます。

 

骨盤矯正をしていく時には骨盤が歪みが開きが起きているのかということも考えてていかなければいけませんし眠れているのかということも考えなければいけませんしそれ以上に最近は睡眠負債状態から骨の炎症や腫れが起きているという方まで多くなっていますのでそれらを検査することで見つけ出して矯正すると骨盤が小さくなって周辺やむくみや色々なものが変化して骨盤が小さくなっていきます。

 

 

 

八幡東区八幡西区戸畑区若松区門司区から 多くの方が骨盤矯正に訪れて骨盤が小さく小尻になることができています。

page top