骨盤矯正

 

骨盤矯正 とは骨盤を小さくしていくことをしていくのが骨盤矯正。 骨盤矯正をしていくときにはどういう風にして骨盤矯正をしていくのかということに注目が集まると思いますが当院では 電気、機械を使うこともなくての技術力の身だけで骨盤矯正をしていきます。
骨盤矯正をしていく時にはボキボキもしないし痛くもない怖いということもない骨盤矯正をしていますので 初回から骨盤が小さくなると評判で人気のある骨盤矯正をしています。

 

当院では今まで骨盤矯正を希望されて予約された方の全ての骨盤を小さくすることができていますが当院の骨盤矯正の方法には特殊なやり方があります。

 

骨盤矯正をしていく時には骨盤の歪みや骨盤の開きを整えていくだけでも骨盤は小さくなるかも分かりませんし 整えることで骨盤周辺にある脂肪やむくみも減っていく可能性もありますがそれだけでは骨盤矯正とは言えません。

 

骨盤矯正をしていく時には骨盤を小さくすることができない限りは骨盤矯正とは言えませんので骨盤を小さくしていくことをしていきますが骨盤というのは骨のことですから骨を小さくしていかなければ骨盤矯正とは言えません。

 

最近は多くの方が骨盤矯正に訪れていますが骨盤矯正を希望されてきたかたを検査することをしていますが検査をすると全員と言っていいほど骨盤にゆがみや骨盤の開きが多く見受けられますので骨盤の開きや骨盤の歪みを整えていくことだけでも骨盤が小さくなると思います。

骨盤矯正をしていくときの天敵は

骨盤矯正をしていくときには一番の問題になるのは 体調と睡眠負債状態です。

 

体調というのから説明をして行くと体調というのは疲れやストレスの蓄積なんですが疲れやストレスというのは体に溜まっていくということは誰でも知っているかも分かりませんがどこにたまるのかということを分かっていない方が多くいます師専門家の先生でさえも知らないことが多くいます。

 

疲れやストレスというのは筋肉にもたまりますが筋肉にもたまりながらある部分に多く蓄積していきます。

 

疲れやストレスが多く蓄積していくところというのは 例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら65 kg は水分つまり水です。

 

あとの残りの重さというのは35 kg ですが35 kg の重さというのは筋肉の重さ脂肪の重さ皮膚の重さ骨の重さ神経と血管とリンパ管の重さとあとは内臓の重さしかありません。

 

内臓というのは中枢神経系も入っていますので中枢神経系というのは脳や脳幹や脊髄になります。

 

つまり水分が何かを起こすということはありませんので脂肪も何かをこすることもありませんし皮膚が何かを起こすということはありませんから疲れやストレスは筋肉にもたまりながらその筋肉に溜まる疲れやストレスよりも何十倍も多く内臓に蓄積していきます。

 

人が日常生活をしたり運動したり仕事をしたりすると疲れやストレスは必ず生まれて大きくなっていきますがこの生まれたえ大きくなった疲れやストレスが内臓に蓄積していくということが最終段階になります。

 

また内臓というのは 肺が息を吸うことで 酸素が混ざっていき血液と酸素が混入した状態で全身を巡ったり脳へ送られたりすることがありますがそれらをすることも仕事をしていることになります。

 

食べるものを食べて食道を取って胃に怒られて消化液と混ぜられて食べたものを溶かしていくことをしていきますが栄養成分を作るためですけどそれらをすることでも疲れやストレスは内臓に溜まっていきます。

 

脂っこいものを食べたりアルコールを飲んだりすることでも分解したりすることは内臓で行っていますので内臓が仕事をすればするほど内臓にも疲れやストレスは溜まっていくということが二重の状態で起きていきます。

 

体を動かしたりすることでも疲れやストレスは産まれてしまいますし 食べるも食べることでも 疲れやストレスは内臓を動かしていますので動かすと疲れやストレスは多くなっていきます。

両方から起きる疲れやストレス

体を動かしたりすることでも疲れやストレスは多くなり食べることでも疲れやストレスは内臓に多く蓄積していきますので内臓に多くの疲れやストレスが溜まると骨盤の歪みや骨盤の開きが起きていきます。

 

そしてさらに睡眠負債状態の方が多くなっていますので睡眠負債になればなるほど 変な状態の歪みやズレを起こしていきます。

 

夜寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っていませんか。単純に目が覚めないから寝ていると思っていること自体が全然寝ていることを言いません。

 

眠りと言うのは脳が寝ていないと寝ていることにはなりませんし脳が休養とって寝ていることが本当の意味で眠りという状態になります。

 

寝ている人を他の方が見るとスースー寝息を立てている状態でも脳の中の言葉で考えてみていませんしただ見た目で見て判断しているだけなんです。

 

見て判断している状態では脳の中のことまでは分かりませんし脳が寝ているかということを考える方はいません。

 

夢というのは目が覚める瞬間に見ているから どんな夢を見ていた 夢を見ていたということを覚えて記憶していますので目が覚めたときも夢を見ていたと思うことがあります。

 

例えばですけど6時間睡眠のある方が夜寝てね月の時間と目が覚める時間と夢を見ている時間が約10分ぐらいだとします。あとの5時間50分ぐらいがどういう睡眠かわねている本人には分かりません。

 

寝ている本人に寝ているということが勘違いでもわかればねていないということになりますので寝ている本人はどういう状態だったのかということは目が覚めなければわかりません。

骨盤矯正をする時には

骨盤矯正をする時には骨盤が小さくなっても維持できますかとか持続させることができますかと聞かれますがそれはご自分の状態に関係しています。

 

疲れやストレスが多く溜まっていたり内臓にも疲れやストレスが溜まっていたりまた睡眠負債状態なんか起きていると維持できるわけはありませんし持続力がある理由はありません。

 

脳や内臓の力が元気だから維持することができますし持続力が出てきますから。

 

体に多くの疲れやストレスが溜まっていたり睡眠負債状態で脳が弱っていたりすると 体は維持することなんかはできませんしなんとか生きていくだけで精一杯だと思います。

骨盤矯正とは

骨盤矯正とはただ骨盤を小さくすれば良いというわけではなく関係するもの全てが骨盤矯正に深く関係していますのでただ骨盤を小さくすれば良いというわけではなりません。

 

骨盤矯正をして骨盤が小さくなっても維持する力や持続させる力はご自分の体調や疲れやストレスの度合いや睡眠負債状態に関係をしていますのでそれらを改善していくことでも骨盤が小さくなっていき維持する力が大きくなっていきます。

 

骨盤矯正というのも疲れやストレスが内臓に溜まっていますので内臓の疲れやストレスというのは体の歪みやズレを起こしていき代謝を悪くして脂肪を多くしてしまったりむくみになったりしていきますのでそれらは減らしていくことだけでも骨盤だけではなく体が細く引き締まった状態になります。

 

骨盤矯正をして行く時には体調からあげて整えていくことをすると持続する力、それらを繰り返しては、先に進むことができませんので体質改善という治療で骨盤矯正をしていくと維持する力はかなり大きくなっていきます。

 

体質改善という施術というのは 筋肉や内臓を若返らせていく方法なんですが弱い内臓ほど弱い筋肉ほど固くなって言っていますので固くなったものを若返らせて柔らかくしてよく働くようにして行く方法が体質改善という施術になります。

 

当院では骨盤矯正をして行く時にはご自分の両方の手のひらを骨盤の両翼に当ててもらって幅を確認して覚えてもらうことをして骨盤矯正に入っていきますので自分で骨盤が小さくなったということができるだけわかるようにして骨盤矯正おすすめていきます。

 

骨盤が小さくなっていくのが自分にわかるようにしていますのでしっかりと骨盤矯正に入る前に触って覚えてもらうようにしていますが簡単な触り方ではありません。

 

そのため骨盤矯正に入って小さくなっても小さくなったのがわからないという方までいます。

 

 

 

八幡東区 八幡西区 戸畑区 門司区  若松区 などから多くの方が骨盤矯正に訪れています。

 

人気がある 骨盤矯正 しています。

トップへ戻る