整体で腰痛、肩こり、小顔矯正、骨盤矯正が人気

骨盤矯正

 

当院では多くの方が骨盤矯正を希望されて訪れていますが初回から骨盤が小さくなることで評判が良くていたくないので人気がある骨盤矯正をしています。
骨盤矯正 押して行く時には本当にボキボキもしないし痛くもないし強くもないと思われる骨盤矯正をしています。

 

今まで多くの方が骨盤矯正を希望されて訪れていますが 初回から変わる骨盤矯正と説明しているように本当に初回から変わる骨盤矯正をしています。

 

しかし多くの方が骨盤矯正というものを 体験したことがない方も多くいるし他の骨盤矯正をしている治療院で骨盤矯正を受けたけど骨盤が小さくなることはなかったと言って訪れるくらいですから骨盤矯正というのは簡単なものではありませんが 当院の院長は手の技術力のみで骨盤を初回から小さくしていくことをしています。

 

当院の骨盤矯正の特徴はご自分の手で確認をしてもらうことを優先的にしていますので骨盤が小さくなったということが分かるようにしています。

 

他人の方がメジャーなどの計測するもので測っても位置が違ったりゆるく測ったりきつく測ったりという加減がありますので 実際には小さくなっていないのに小さくなったように装うことはいくらでもできます。

 

その点、当院では患者さんご自身の両方の手のひらを骨盤に当てて感覚的に大きさや幅を覚えてもらうことをして骨盤矯正をしていきますので自分の両方の手のひらが 変化したのがよく分かるようにしています。

 

骨盤矯正をする時には 骨盤の位置を触って覚えてもらうことをしていますが多くの方が骨盤矯正の意味を分かっていませんので説明をしていきたいと思います。

骨盤矯正とは

骨盤矯正というのは骨盤周辺のむくみや脂肪を減らしても骨盤は小さくなることがあるかも分かりませんがそれでは骨盤矯正というよりも骨盤周辺矯正になってしまいますので骨盤矯正という限りは骨盤を小さくすることをしないと骨盤矯正とは言えません。

 

骨盤矯正というのは 骨盤自体つまり骨自体を小さくすることができなければ骨盤矯正ということはできませんので骨自体を小さくすることをしていきますが骨自体を小さくすると言っても変な意味で骨盤矯正をしているわけではありません。

 

例えば、ですけど骨盤の歪みや開きが確認できた方は骨盤の歪みや開きを矯正して整えていくことをすると骨盤は小さくなるということはありますが、それだけではないんです。

 

普通一般的には骨盤矯正と言うと骨盤の歪みや骨盤の開きを改善することをしていけば骨盤が小さくなるということは普通一般的に行われている骨盤矯正だと思いますが当院ではそれだけではありません。

 

骨盤矯正ということをしていますので骨盤自体を小さくすることができなければ骨盤矯正とは言えませんが骨盤矯正をしていく上で一番大事なものが関係しています。

 

例えばですが骨盤矯正をしたとして骨盤が小さくなったとします。

 

骨盤を小さくした関係から骨盤の中にある内臓の影響は出ないのかということがあります。

 

骨盤矯正でも骨盤の歪みは骨盤の開きを改善していくことをすると内臓も正しい位置や歪みやズレが改善されていて正しく元気に働けるということもあるかも分かりません。

骨盤を小さくするためにも

骨盤を小さくしていくためにも検査をすることをしていますので検査をしてみて骨盤の歪みや骨盤の開きを見つけ出すことをしていきますが単純に歪みや開きを改善していけば骨盤が小さくなるというわけではありません。

 

骨盤矯正をして行く時には 骨盤を正常な状態に歪みや開きを改善することはもちろんですが最近は多くの方が骨盤靭帯に炎症や腫れやそれ以上のことが起きている方が多くなっていますのでその中に入っている内臓まで異常状態を起こして働きが低下しているという方までいます。

 

例えばですけど骨盤が歪んだり開きが大きくなればなるほどその中に入っているのは異常も正常な状態ではなく引っ張られたり緊張したり炎症を起こしたり働きが低下するということも起こります。

 

最近は多くの方が骨盤矯正を希望されて訪れていますが骨盤矯正と言っても体調が深く関係することが多くありますので骨盤矯正でも体調からあげて体を整えていくことをしないと戻りやすくむくみやすく効果が低下したりということもあります。

 

当院では患者さん自身に体調はどうですかと聞くとほとんどの方が体調はいいですという返事が返ってきますが検査をすることができますので検査をしてみると体調が無茶苦茶と言っていいほど悪い方ほど体調がいいですという返事が返ってきます。

 

体調が無茶苦茶、悪いのに骨盤の歪みは骨盤の開きもすごくあるのに背骨のズレも大きくあるのにそれを感じていない方が多くなっている関係から体調が良いと思っているわけです。

 

体調が悪いと骨盤の歪みは骨盤の開きが大きくあります。

 

骨盤矯正をしていくときに患者さんがよく聞かれる言葉がありますが骨盤矯正をして骨盤の小ささを維持することができますか持続力はありますかと聞かれますがその持続する力、維持する力というのは 患者さん自身の体に問題があります。

睡眠と骨盤矯正

夜寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると考えていませんか。

 

単純に目が覚めないからと言って寝ているわけではありません。

 

眠りというのは脳が眠れていないと眠りとは言えません。

 

誰が見てもスースー寝息を立てていて気持ち良さそうな睡眠をとっていると見えても脳の中の言まで考えていませんし見えていません。

 

脳が夢を見るというのは目が覚める瞬間に夢を見ているから記憶に残り覚えています。

 

夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残るわけですがそれよりもさらに浅い睡眠があります。

 

夢よりももっとさらに浅い睡眠というのは寝ながら考え事をしている睡眠のことです。

 

最近は骨盤矯正に訪れている方は骨盤矯正が 希望されているわけですから骨盤矯正をしていきますが本当はそんな状態の体調や体ではないという方が多くいます。

 

骨盤矯正を希望されてきたわけですからできるだけ初回から骨盤を小さくすることをしていきますが2回目からは体や眠りの問題を改善する治療をしていかなければいけませんが眠りが浅いということは脳が弱っていき脳がさらに弱ると脳が疲弊していきさらに脳が弱ると脳の衰弱状態まで落ちた方が多くなっています。

 

脳が弱った方ほど骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくあり骨盤周辺に脂肪や浮腫が大きくなり足まで太くなるという方が多くなっていますがただにそれだけではなく骨盤の 部分が肥大したり変形したりという形まで多くなっていますから骨盤がそんな状態になっていれば内臓も正常ではありません。

骨の肥大変形

眠れているようで眠りが浅かったり夢ばかり見たりということで 体調はどん底のような体調したり奈落の底のような体調をしている方が多くいますからそういう方ほど骨まで炎症を起こしたりハレたりということで変形状態を起こし骨盤が大きくなっています。

 

骨まで変形を起こした状態や骨が炎症や腫れを起こしていると 内臓まで炎症や腫れ起こしていき内臓がぶよぶよしていたり腫れ上がったりという形まで多くいます。

 

根本的に骨盤矯正と言っても骨盤だけでは済まなくて体調からあげて整えていくことをして治療を進めていかない限りは持続する力や維持する力は上がりませんしあるわけはありません。

 

奈落の底のような体調をしていたりどん底のような体調をしている方はいくら体調をあげようとしてももう上がらないくらい悪くなっている方もいます。

 

 

 

 

 

八幡東区都や八幡西区と戸畑区と若松区と門司区などから多くの方が 骨盤矯正 に訪れています。

page top