骨盤矯正

評判の良い 骨盤矯正 をしています。
当院では 初回から骨盤が小さくなると評判の良い骨盤矯正をしていますが今まで多くの方の骨盤を小さくすることをしていますが骨盤矯正の意味もわかっていない方が多くいますので骨盤矯正の意味を説明していきたいと思います。
骨盤矯正をする時にはただ骨盤を小さくすれば良いというわけではありませんので骨盤を小さくしていくためには検査をすることを重要視して異常のある部分を見つけ出すことをしていますので 無理なく正常に骨盤が小さくなっていく矯正をしています。

ボキボキしない骨盤矯正

当院ではボキボキもしないし痛くもない骨盤矯正をしていますので安心して受けてもらうことができますが当院では無理な骨盤矯正はしていませんから強くはないと思います。
当院の骨盤矯正は院長が手のみで骨盤を小さくしていくことができる特殊な骨盤矯正をしていますので院長が手でマッサージをするような感覚で揉んだりしているだけで骨盤が小さくなっていきますが普通はマッサージをしたりして骨盤が小さくなることはありませんので院長の手が特殊なものだということが分かると思います。
骨盤矯正をしていく時には院長が体のみで本当に小さくすることができますので電気を使ったり機械を使うということはしていませんので安心してください。

浮腫み、脂肪

骨盤矯正をする時には骨盤の周辺にある 脂肪やむくみなどもを解消することをしていますので骨盤周辺にあるむくみや脂肪を改善していくだけでも骨盤は小さくなって周辺の筋肉は引き締まっていきます。
しかしそれでは骨盤矯正ではありませんので骨盤周辺の矯正という感じが強いことだと思います。
骨盤矯正ですから骨盤を小さくしていかなければいけませんが骨盤というのは骨自体を小さくしていくことが本当の意味で骨盤矯正になります。

骨盤矯正をする時には

骨盤矯正をしていく時には骨盤矯正に入る前に自分の両方の手のひらを骨盤の横に当ててもらって骨盤の幅を覚えてもらうようにしています。
この骨盤矯正に入る前に触ってもらうことが当院の特徴ですから事前に骨盤の幅を覚えてもらうことをしていますが簡単なようで簡単な方法ではありませんのでしっかりとわからないということがないように触るようにまた覚えるようにしてください。
骨盤矯正をして行く時には必ずどの方も誰でも骨盤の幅を触って覚えてもらって骨盤矯正をした後の変化をまた小さくなったのを実感してもらうようにしていますから安心です。
他の方が計測する機械で測ったりメジャーで測ったりという言葉の矯正もありますが位置が違ったりゆるく測ったりということで一定していませんのでご自分の両方の手のひらを骨盤の両横に当てて感覚で覚えてもらうということをしていますが感覚で覚えるということは頭が働かなければ覚えていることはできませんので触り方に特徴があります。
まず股関節の少し上の部分に両方の手のひらを当てて中心部に少し押してみることをします。

骨盤矯正の骨盤の触り方

押すということは筋肉と脂肪やむくみなども 取り除くことで骨盤の幅を触ることができますので、その部分が本当の骨盤の幅になります。
骨盤の両横を触って幅を覚えたら左右を感じるようにしてください骨盤の幅だって同じように見えますが右側と左側では幅や出っ張り度合いが違いますので幅屋でパリの場合を覚えてもらうようにして骨盤矯正をしていくと本当に骨盤が変わったということがしっかりと分かります。
骨盤の両翼に手を当てて押すようにしただけでは分かりませんので手に感覚神経である脳の力を集めるようにしてもらうと分かりますのでそのやり方が左右を感じるというやり方です。
骨盤の両横に手を当てて左右を感じるようにして触って幅を覚えてください。

左右差を感じる

幅が変われば骨盤が小さくなって後ろから見ても前から見ても骨盤が小さく見えて足が長く見える効果があります。
骨盤の幅が変わるということは足の腿の部分の幅も大きさも変わるということですから足が細くなったような感じがするかと思います

骨盤矯正とは

骨盤矯正をしていく時には検査をすることをしていますので検査をしてみると体調が異常に悪い方が多くいますので体調が悪いということは骨盤の歪みや骨盤の開きが起きていますので骨盤がトラブっていると骨盤が大きくなっていき脂肪を貯めやすく浮腫になるということが多いようです。
そして体調が悪い時にはいくら骨盤矯正をしても戻ってしまいますので断った瞬間に崩れてしまうという方までいますので最近は異常に体調が悪い方が多くなっていますから体調を上げて整えていくということも重要な骨盤矯正の要素になります。
体に多くの疲れやストレスが溜まっていることを体調が落ちていると言いますが体調が落ちているからといって痛みやコリも感じていないしわかっていないという方が多くなっていますので検査をしてみると骨盤の歪みでひどかったり背骨がずれがひどかったりしていてもその人さを感じていないくらい 体調が悪く脳が弱っているという方までいます。

睡眠負債と骨盤矯正

痛みやコリというのは体調で感じなければいけませんが 眠りが浅いと脳に疲れやストレスが溜まっていき脳疲労になっていきますので脳疲労が起きれば起きるほど 脳は弱っていき脳麻痺になっていきます。
痛みやコリというのは脳で感じているものなんですが脳で感じなくなっていくと痛みやコリを起こしている状態になっている体でも感じることができませんので体調は良いとか元気とか思っている方もいます。

眠りの浅さが落とす原因

最近は多くの方が寝ているようで眠れていませんので眠れていないと体調はどん底のような体調を示しますが 寝ている間に落ちやすい方または寝ながら考え事をしている睡眠をしている方が多くなっていますので寝ながら考え事をしてる睡眠をしていると脳がどんどん弱っていきます。
脳が弱るということはただ単に脳が弱ることだけで起きるものではありませんし脳細胞の急激な減少起こし記憶の問題やうっかり状態が多くなって行き最終的には大変な結果を招いていきます。

眠りと言うのは骨盤矯正をする時に影響が

最近は多くの方が夜寝ようとすると寝つきがよく朝まで目が覚めないから寝ていると勘違いしてる方が多くいます。
脳の中の状態がわからないと良い眠りをしているなと思うでしょうがこれが実は嘘なんです。
夜寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないけど体は寝ているけど脳が寝ながら考え事をしてる睡眠になっていて妄想状態が強くなっていきます。
暴走状態が強くなればなるほど骨盤の歪みや骨盤の開きが大きい骨盤周辺に脂肪が多くなり体調が落ちた状態が浮腫になっていきますのでむくみというのはフシュと同じことです。
むくみというのは大変体調が悪い状態で起きていますので朝から顔がむくんでいたり体がむくんでいたりという方は無茶苦茶と言っていいほど体調を落としている方が起きている現象です。
むくみというのは脂肪とは違いますので脂肪は脂肪が中にありますがむくみは脂肪がありません。

体調を通すと骨盤が大きくなる

体調が落ちていくと限界なく落とすことができるので その限界なく体調を通した疲れやストレスは病気ではなく内臓に蓄積していきます。
例えばですが体重100キロの方がいるとしたら65%くらいは水分つまり水です。
後残った体重の部分は骨の重さだったり筋肉の重さだったり脂肪の重さだったり皮膚のもさだったり神経や血管やリンパ管の重さです。
後残っているものは内臓と中枢神経系の脳と脳幹などしかありません。
水に疲れやストレスが溜まるということは考えられませんから筋肉にもたまりながらさらに何十倍の疲れやストレスが内臓に蓄積していきます。
骨盤矯正で行う時には子宮や卵巣や暴行や大腸や小腸などにも疲れやストレスが溜まっていると働きが低下していきリンパの流れが悪くなりますので脂肪になりやすくフシュを起こしていきますので内臓を元気にしていくということも重要な骨盤矯正になります。
病気ではなく 内臓に多くの疲れやストレスが溜まることが原因で 骨盤が大きくなったり肥大していきますので骨盤矯正と言っても骨盤の歪みや骨盤の開きだけを整えていけばいいというわけではなく中の状態がしっかりしていないいない限りは戻りやすくまた総合的に体調見ても体調が悪ければ立った瞬間から崩れて戻っていきます。

 

 

八幡東区、八幡西区、戸畑区、若松区、門司区からも骨盤矯正が人気です。

トップへ戻る