便秘

便秘を改善していくためには 野菜を取ったり植物繊維を摂取したりサプリメントを飲んだり便秘薬を服用したりということをしたり腸をマッサージしたりということをで便通の改善を目指すということが多くあります。
便秘を改善するための方法が色々あると思いますけど基本的なことを忘れてしまっている便秘改善法が多くあります。

便秘を改善

便秘を改善しようと思うなら 疲れやストレスの蓄積から減らしていかないと疲れやストレスが多く貯まれば溜まるほど骨盤の歪みが起きたり背骨のズレが起きたりしていることも多くありますので骨盤の中に入っている超ですから骨盤が歪んだり骨盤が開いたりすることで影響が大きくなり働きが悪くなった状態が便秘になるということもあります。
基本的に日常生活をしているだけでも疲れやストレスが大きくなって蓄積していきますので蓄積したものが腸にも溜まったりということも起こりますのでちょうにたまれば腸の働きが悪くなって便を送り出すことができなくなったり便が硬くなったりということで便通が悪くなるということは当然、起こります。
日常的に疲れやすレスが多くなることばかりですから唯一、疲れやストレスを減らすことができるのは眠りなんですが眠りと言ってもただ寝ているだけではなく脳から眠れてないと眠りとは言えません。
便秘

便秘が起きるときは

便秘が起きる時にはどういうことが起きているのかと理由があります。
便秘が起きている時には腸の働きが落ちている時で便を前に送り出すことができない状態になっている時です。
腸の働きが落ちているから 便が前に送り出せなくなって便秘になります。
便が硬いからということで便秘になる場合もありますが、便が硬い場合も腸の働きが悪くなって水分を余計に吸収されてしまっているから便が硬くなります。
腸の働きというのは検査する方法もありませんし 腸がどれくらい動いているかということを検査する方法も検査する機械もありません。
腸の働きが悪いということは宿便などもたまりやすく便通が悪くなっていくことが多くあると思いますので、それで便秘になります。
腸というのも自律神経の働きでコントロールされていますので自律神経の働きである交感神経と副交感神経のバランスが悪くなったりすることでも便通が悪くなって便秘になります。

自律神経の乱れ

しかし何も原因がなくて自律神経系の働き悪くなるということはありませんので何かの原因があって自律神経の働きがまたはバランスが悪くなっていると考えた方が自然だと思います。
自律神経の働きが悪くなる時には一番に考えられることは体調が落ちているということです。
体調が起きていない状態で自律神経系の乱れがあったら完全な病気になっていますので体調が悪くなっていくと自律神経系は自然と乱れてバランスを崩してしまいます。
自律神経というのは腸を働かせる神経ですから腸が勝手に働いているわけではなく自律神経の命令に応じて腸は、働いています
しかし体調が落ちたり疲れやストレスがたまるということが体に起きると自律神経系の乱れや腸が元気で便を前に送り出す蠕動運動をすることができなくなります。

腸が働くこと

便を送り出す蠕動運動ができないと便が硬くなったりして 便を先へ送ることができませんので便通が悪くなった状態で便秘になります。
体に疲れが溜まったと誰でもいうと思いますが 内臓にも疲れやストレスは溜まっていきます。
内臓にも溜まる疲れやストレスですから腸にもたまらないということはありませんのでちょうに疲れやストレスが溜まることで、腸がへばってしまったり終わってしまったりということで便を前に送り出すことができなくなりますので便通が悪くなって便秘になります。
もし 腸が元気でしたら 腸の働きがいいわけですからしっかりと便を前に送り出したり 硬さも普通の状態で便を 送り出すことができますので便秘になることはありません。
便秘になる時には腸の問題が起きていることが多くありますので腸の状態を検査することで見つけてどういう風になっているのかどこが悪いのかということを見つけなければいけません。

大腸と小腸の間

最近は多くの方が小腸の出口と大腸に連なるところの回盲弁というところの働き悪い状態で便を通すことができないということで便秘になるかと思います。
小腸から大腸へ 便が移動する時に開閉する弁を通ります。
この開閉する便のことを回盲弁言いますので回盲弁の働きが悪いと 便を大腸へ送り出すことができません。
便秘が起きる時には色々な状態が関係していますが一番に関係することは体調が落ちていて疲れやすいですがたまっていると神経の働きや腸にも疲れやストレスが溜まっていると腸自体の働きを促すことができませんので便を前に出せなくなって便秘になるということが多くあります。
体にたまる疲れやストレスということもありますから体にたまる疲れやストレスが多ければ多いほど自律神経の支配のバランスが悪くなるということで体調からあげて腸の働きを流したり腸に溜まってしまった疲れやストレスを軽くしていく方法で腸の働きが良くなりますから腸が元気になるように持って行きます。

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスというのは大変多くの形の場合蓄積している状態が多くなっていますので生活上でも日常的でも仕事上でも寝不足状態をしても運動をしても何をしても疲れやストレスは体に蓄積していきます。
しかし体に蓄積していく状態が多くてもそれを改善しようと思う考えませんし見つけることもできません。
疲れやストレスの蓄積というのは 減らすということを考えなければいけませんが減らすということができる時間帯というのは寝ている間の時間だけです。
しかし最近は眠りが浅く夜に寝ようとしてもすぐに眠れるけど朝まで目が覚めないから寝ていると思っている方が多くいますがほとんどの場合、惰眠を貪っている状態の睡眠をしています。

睡眠負債と便秘

夜に寝る時間になったら寝るという方が多くいますので寝る前にあくびが出ていなければ眠る準備ができないし、あくびが出ていても脳が弱りすぎていると眠れますが眠りが浅いという事があります。
寝ているようで寝ていないのが現代の方です。
昔でしたら夜寝ようとすると1時間も2時間も眠れなかったり夜中に何回も目が覚めたり夢ばかり見ているという方が不眠症という状態でしたが最近は多くの方が夜になったらすぐ眠れるという方で眠りが浅い方が多くなっています。
この睡眠をしている方の場合を睡眠負債と言いますけど睡眠負債は取り戻すことができない状態で借金を返すことはできません
睡眠による借金を返すことができないと脳梗塞を起こしやすくなったり病気の進行が急速に早くなっていきます。

寝ながら考え事をしている睡眠

眠り浅い方は自律神経の働きが弱らせてしまいますので自律神経においてコントロールされている腸の働きが異常に低下してしまって 蠕動運動をうまくできないということで便秘になります。
眠りたいのは一番重要なことなんですが眠っている本人はどれくらい眠れているかということを考えようと思いませんし寝ているからわかりません。
眠れていないということ、寝ながら考え事をしている方が多くなっていますので寝ながら考え事をしてる睡眠というのは妄想に近い睡眠のことです。
妄想に使い睡眠の寝ながら考え事をしている睡眠を多くしていると脳や内臓や腸などの働き落ちるのは当然です。
妄想に近い寝ながら考え事をして睡眠をしている方は体調が異常と言っていいほどをしていますし調子を無茶苦茶と言っていいほど落としています。

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから便秘を解消。

トップへ戻る