カイロプラクティック

カイロプラクティックの創始者である ダニエルデビッドパーマーは1845年3月7日カナダのオンタリオ州ポートベリーに生まれました。
カイロプラクティック
彼はカナダから二十歳の時に生まれ五行を出てアメリカに移住しました。
アメリカではイリノイ州ニューボストンに住まいを構えたパーマはある一つのテーマに没頭をしていきます。
最近彼を悩ましていた多くのテーマの一つである 素朴な発想が原因でした。

カイロプラクティックの発想

素朴な発想というのは同じ親から生まれた兄弟でも一人は強い ことで生まれてもう一人は弱い 感じに兄弟でもまれるのはどういうことなのかということでした。
出産の時期は違うと言ったって 同じ親から生まれた兄弟でなぜこうも差がついてしまうのかということを彼は疑問に思う日々が続いていました。
そしてもう一つの素朴な疑問があります。
同じ体である内臓は病気でもないのに他の内臓が病気になるのかということの差があるということを彼は考えていました。
この現象はどういう事が関係しているのかということを彼は常に考えるようになっていました。
そして内臓のどこが悪いという時に全身に効いてしまう薬を使うということは一体どうしてなのかということをも疑問に思っていました。
1885年パーマーはアイオワ州ダベンポートに引っ越してビルの4階にオフィスを開業しました。

カイロプラクティックの発展

この時の彼は体を冷やすという電気治療器を使っていましたがはっきりわかっていませんが磁気治療器をしていたということもあります。
そのビルには17年以上も前に耳の音が聞こえなくなって しまった管理人がいました。
この管理人は管理するだけではなく掃除人を兼任していましたからあるときパーマーが帰ろうとした時にその掃除人が入ってきて掃除していいかということを あまり聞いてきましたのでパワーは帰るとこだったので彼の横を通り過ぎようとしてふと彼の首元が気になる出っ張りが見つかりました。
彼の首の出っ張りの不自然なものは普段ではないものでしたからパーマが厚い気になって触らしてくれるように管理人に頼んでみましたので管理人は快く OK をもらいました。
磁気治療器を治療する際に彼に横になってもらってパーマは首を見ながら考えながらしばらく研究をしてることをしていましたがそのうちに押してもいいかということを管理人に行ってみました。
管理にも何か分からないうちに OK をしてしまってパワーは力を加えながらをしてみることをするとボキッと 二人がびっくりするぐらいの大きな音がしました。
17年間お耳が聞こえなかった管理人が徐々にですが耳が聞こえると言い出しました。
ダニエル・デイビット・パーマー

耳が聞こえる

あれが耳が聞こえなくなったのはある狭いところに入って掃除をしていたからだということを彼は言っていましたが17年間聞こえなかった耳が少しずつ聞こえるようになったということがわかりました。
これが初めての強制だと言われています。
彼は後に友人に名前を付けて欲しいということを依頼して言語学者である彼はカイロプラクティックという名称を付けることを提案しました。
カイロというのは手という意味でプラクティックというのは術とか技とかいう意味に訳されます。
直訳すると手技療法という意味と解されます。

手技がカイロプラクティック

彼が初めての矯正をして名前をついた日が別の日ですからカイロプラクティックという名称がついたのは1896年1月14にちに誕生したということが残っています。
カイロプラクティックというのは 歪みやズレを矯正することで痛みやコリを楽にしていく方法です。
多くの症状が歪みやズレから起きているということが関係づけられていますので歪みやズレが起きることで筋肉は引っ張られたり緊張したりして硬くなっていきこれを起こしていきます。
腰痛や肩こりなどに限らず色々な症状が体の不調状態から起きていますので体の不調状態から起きるものすべて歪みやズレが関係しているということがあります。

歪みやズレがなくて痛みやコリが起きることはありません。

必ず歪みやズレがあって痛みやコリになっています。
わかるのは専門家の先生でしか分かりません。
カイロプラクティックと言うとボキボキしたり痛いということや怖いというイメージが強いですが当院のカイロプラクティックの施術は痛いこともなく強くもなくマッサージをするような感覚で色々な痛みやコリを楽にしていく事としています。
当院では特殊な技術がありますからマッサージをするような感覚で普通ではできないことをしています。
普通はマッサージと言うと筋肉ですが当院ではマッサージをすることをのような感覚で背骨の矯正や骨盤の歪みの矯正をしています。

ボキボキしない矯正

さらにその上にあるものまで改善してことをしていますのでカイロプラクティックといってもいろいろな施術方法がありますが当院のような治療法というのは特殊です。
ボキボキボキしない知りたくもない怖くもないカイロプラクティックをしていますので安心安全な背骨矯正と骨盤の矯正です。
当院では昔は低周波治療器やローラーベッドなどを使っていましたが今では一切の電気類は用いていませんしてのみで調整していくことを目的としてカイロプラクティックをしています。
カイロプラクティックの施術で矯正することができない方ほど電気治療器を使うことが多くありますので当院では30年間の研究家臨床経験のもとにカイロプラクティックの技術を向上させることをしていますが頭院カイロプラクティックの矯正技術は検査することもしていますから検査をして確認しながら強制に渡ります。
カイロプラクティックの先生の中でも検査することができない先生が多くいますので当院では検査をすることで確認しながら歪みやズレを検査で確認することができます。

骨盤の歪み・背骨のズレ

しかしカイロプラクティックで扱う背骨の歪みやズレというのはどうして起きるのかということがありますので歪みやズレというのは日常的に多く起きているものですが程度があって程度が軽いと痛みやコリになることはありません。
程度は軽いと軽いスランプ程度で済んでしまいます。
しかし歪みやズレがないという方はいませんので軽いうちに改善していくことをお勧めしています。
歪みやズレというのは日常的に起きているものですが軽いと痛みやコリを置きませんがいつひどくなるかということがありますので軽いうちの治療が一番肝心なことになります。

ストレスから歪みやズレ

歪みやズレの起きる原因は疲れやストレスの蓄積ですから疲れやストレスがたまりば貯まるほど多くの歪みやズレになっていきますが骨盤の歪みや背骨のずれが起きていき背骨にある骨と骨の間にある軟骨が損傷起こしたりすることや椎間板ヘルニアなどが起きたりしてしまいます。
程度が軽いうちに改善していくことをお勧めしているのはひどくなると回数がかかったりややこしい状態や厄介な状態になるからです
単純な疲れやストレスの蓄積であれば1回や2回で良くなりますが最近はそういう方は少なくなっていますので非常に困難を極める状態になっているという方も多くなっています。

こじらせることも

症状をこじらせてしまうと回数がかかってしまいますのでまた最近多くの方が眠りが浅いということが起きてしまいますから眠りが浅いと脳疲労が強くなっていきますので脳疲労が強くなった方は自力回復もできない子治療すみおとしてもなかなかうまく進んでくれません。
カイロプラクティックの骨盤の歪み・背骨のズレ

 

八幡東区や八幡西区と戸畑区と若松区と門司区から多くの方が訪れている カイロプラクティック徳力整体院です。

トップへ戻る