カイロプラクティック

カイロプラクティックというのは意味がありますから手の技で体を整えていくということをしていくのがカイロプラクティックです。
当院はカイロプラクティックをしている治療院ですから手の技で体を整えていくことをしています。
純粋なカイロプラクティックをしている治療院なので電気や機械を使うことはありませんので手の技を駆使して体を整えていくテクニックを持っています。
カイロプラクティックというのは歪みが起きた体を手の技術を用いながら整えていくことがカイロプラクティックの目的です。

カイロの目的

低周波などに代表される電気も痛みやコリを散らすことはできるかも分かりませんが治すことはできません。
昔、当院でも低周波治療器やいろいろな機械や電気を使っていましたが今では一切、おいていないのは テクニックが向上して技術力を磨くようにしたからです。
低周波治療器などで痛みやコリを切らしてしまってごまかしても患者さんの迷惑になりますのでそういうことはしていません
痛みやコリには痛みやコリが起きる原因があって痛みやこりになっています。
その原因から改善するようにしないとカイロプラクティックの理念に反する行為になります。

純粋な矯正

痛みやコリが起きる時には1つは体調の低下で歪みが起きているのが原因ですからその歪みから解消、改善することをしていかないといけません。
もう一つの原因というのは体調ではなく体質が関係して起きているものです。
多くの症状というのは根底に体質的な弱さが関係していて体質的な弱さがある部分に疲れやストレスが溜まることで一時的に痛みやコリを起こしています。
もしその痛みやコリを起こした部分に体質的な弱さがないとどんなに体調を通しても疲れやストレスが溜まっていてもその部分の痛みやコリは起こりません。
体質的な弱さがあるところに弱いから疲れやストレスが多くたまりやすいので期間が長いと、弱いところは早く老化して急速に病気の方に進行していきます。

体質的な弱さ

痛みやコリというのは先将来のものを暗示していることになりますが今は病気というわけではありませんから検査をしても異常が見つかりにくいと思います。
内臓と言うと何でもかんでも病気というのを結びつけるものではなくなっていってる途中ではいくら検査をしてもわかりません。

 

病院というのは色々な検査をしますが 検査で陽性反応は異常反応が出るのはあくまでも病気になってからです。

 

病院というのは病気の検査をして診断するところですから病気が完成したら初めて 病名がついて 病気の治療が始まります。

検査は

血液検査や尿検査色々な検査がありますけどこれらはすべて病気の検査です。
内臓の病気にならなければこれらは全て陰性反応示して 健康という診断が降ります。
何かの痛みはこれを起こしているのに健康という事は考えられません。
どこかに何かの異常が起きているから痛みやコリになっているわけですから原因がなくて痛みやコリになることはありません。

見つけること

こういう問題を見つけて改善していく方法がカイロプラクティックの治療なのでそのカイロプラクティックの治療のもとになる検査を重要視しています。
検査というのは当院で行う検査ですが病気の検査をしているわけではなく体の検査をしています。
体の胃どこに異常が出ているのかということでその検査をしていくわけですから痛みやコリがある部分が 悪いというわけではありません。
どこかに異常があるからそのどこかの異常を見つけて今、痛みやコリが起きている部分がそこ自体が悪いのかまた他から起きているのかという原因を探っていく必要があります。
マッサージや癒しをしているわけではありませんのでカイロプラクティックというのは治療の方になります。
体をいつまでも癒していても何も変わりませんので癒すというのではなく体を整えて直すということをしていくのがカイロプラクティックです。

癒しは

癒すということも必要かも分かりませんから何かを変えることで癒す方向の方にもなります。
全般的に体を整えていく方法がカイロプラクティックなので どうして癒しが必要なのかどこから癒しが求められているのかということも考えながら体を改善して直していきます。
北九州市 小倉北区、小倉南、八幡東、八幡西、戸畑、若松、門司、下関、行橋、

トップへ戻る