整体で腰痛、肩こり、小顔矯正、骨盤矯正が人気

ダイエット

ダイエットするなら痩せようと思うなら、サプリメントやダイエット食品やストレッチやダイエットグッズや食事制限や運動することやジョギングをすることやサウナに入ることなど色々なダイエットをする方法があると思いますが、何よりも一番肝心なのはご自分の体の状態です。
体の状態というのは、自分で感じていなくても多くの方が疲れやストレスが多く、たまっていますので、疲れやストレスを忘れてしまってダイエットをすることはできませんし、いくらどんなに最高にいいダイエット法だと言っても自分の体がの状態がガタガタ状態では効果はでにくいと思います。

 

ダイエットをしようと思うなら、何よりもまず基本的なことを忘れてはいけません。

 

多くの方が症状や痛みやこりや、だるいとかきついとかを感じていなくても、例えばですけど、便秘があったり生理痛があったり生理不順があったり、頭痛が時々起きたり眠りが浅くなっていたりという色々なものが起きている場合がありますので、これらの全ての原因は疲れやストレスの蓄積です。

 

疲れやストレスというのは、いつの間にか身体に蓄積しているものなんですが、疲れやストレスというのは生活することでも仕事をすることでも車の運転をすることでもショッピングで買い物をすることでも歩くことでもジョギングをすることでも運動することでもストレッチをすることでも家でテレビを見ている時でも映画を見ている時でも色々な部分で疲れやストレスは多くなるばかりです。

 

疲れやストレスというのは、体に溜まるということはわかっていると思いますが、体のどこに溜まるのかということを考えている方は少ないと思います。

痩せようと思うなら

ダイエットをして痩せようと思うなら、何が必要かということを考えなければいけませんし、何も考えてないのに痩せるわけはありません。

 

当院では検査をする事をしていますので、検査をしてみると多くの方が疲れやストレスが多く蓄積してしまい、骨盤の歪みや骨盤の開きがかなりあったり、背骨のズレが起きてガタガタ状態の方が多くなっていますが、何か症状を感じているのかというとそういうわけではないみたいな時もあります。普通は歪みやズレや骨盤の開きが骨盤の嫌歪みが起きていると何かの症状を感じていることも多くありますが、痛みや凝りというよりも生理痛や便秘や膀胱炎などを起こしたりすることがあったり、胃のもたれが起きていたりということが起きているという方もいます。

 

当院ではダイエットを希望されて訪れた方の多くが院長から体調はどうですかとか調子が悪くないですかとか聞くと全員の方が調子は悪くありませんとか体調は良いと思いますと簡単に答えてしまっていますが、検査をしてみると本当に多くの歪みやズレが起きているということがありますので、歪みやズレは疲れやストレスの蓄積から起きています。

 

疲れやストレスというのは、筋肉にもたまりながらある部分に筋肉よりも何10倍も多くの疲れやストレスが溜まっていきますので、疲れやストレスが溜まるということは、骨盤の歪みや骨盤の開きが大きい背骨のズレが起きるということなんです。

 

単純に考えても歪みやズレが起きていると、代謝が悪くなってむくみが多くなったり、脂肪が多くなったりと起きるのは当然だと思います。

 

何も症状を感じていないからといって、体調が良いとは限りませんし、調子が良いとは言えません。

疲れやストレスの蓄積が

本当に体には自分でも気がついていないぐらい疲れやストレスが多く、たまっていますが、疲れやストレスがたまるところがあるから溜まっているわけですけど、どこに溜まるのかというのが問題になります。

 

疲れやストレスというのは、筋肉にも溜まると先程説明したように、筋肉以外にも多くの疲れやストレスが溜まっていきます。

 

疲れやストレスというのは、例えばですけど、体重が百kgの方がいるとしたら、体をぎゅっと絞ってみると水分が65キロにもなりますので体重の半分以上は水分ということなんですが、単純な水分ではなく血液だったりリンパ液だったり体液だったり細胞の中の液水やったりということになります。

 

水に疲れやストレスがたまるということを考える方はいませんので、他-35キロの中に疲れやストレスがためるところがあるということですから、それを突き止めなければいけません。

 

あとはリンパと神経と血管もあります。

 

35キロの中には皮膚の重さと筋肉と靭帯の重さと脂肪の重さと骨の重さとあとは中枢神経系の大脳や脳幹や脊髄や内臓になりますので、この中に疲れやストレスが溜まりやすい所が存在しているということです。

疲れやストレスが溜まるところ

疲れやストレスが溜まる所というのは、内臓と筋肉になりますので、中枢神経系自体も内臓-1部ですから、中枢神経系を巻き込みながら内臓と筋肉に疲れやストレスがたまると理解してください。

 

疲れやストレスというのは、内臓の働きを低下させて炎症や腫れを起こしますが、内臓と言っても病気と言っている訳ではなく、内臓にたまった疲れやストレスが問題になるということですから、なんでもかんでも内臓というと病気というのを関係づけることなく説明をしっかりと聞いてください。

 

内臓には病気以外で働きの低下というのがあります。

 

つまり、内臓も疲れやストレスが溜まることで弱っていくということです。

内臓が弱るという時には病気ではありません。

内臓の病気の専門家は病院ですから、病院で検査を受けてみて異常な反応が出た方は病気ですから病院で治療をしなければいけませんが、当院では病気の治療はしていませんので、当院で扱う内蔵というのはあくまでも内臓に蓄積していく疲れやストレスですが、原因で色々なものを起こすということなんです。

 

疲れやストレスが多く、内臓にたまっていくことが原因で代謝が悪くなったり、働きが悪くなったりしますので、働きが悪くなるということは、脂肪になりやすくむくみになりやすく、太りやすくなりますから、基準的には体に溜まった疲れやストレスを減らすことをしなければいくら運動をしてもスレチをしても食事制限をしてもサプリメントを飲んでもダイエット食品を飲んでも効果は出にくく痩せる事ありません。

 

何よりも基本は身体に溜まった疲れやストレスを軽くすることで、多くの脂肪やむくみが減るということはありますが、内臓の働きを良くしない限りはダイエットをしても効果は出にくいと思いますので、内臓に蓄積してしまった疲れやストレスと筋肉に溜まった疲れやストレスを減らすことが一番だと思います。

ダイエットをして痩せるためには

ダイエットをして痩せようと思うためには、疲れやストレスが溜まった身体を解消していくことが一番近道だと思いますので、疲れやストレスを減らせば減らすほど体が徐々に細くなってむくみや脂肪がなくなっていきます。

 

本当に多くの疲れやストレスが自分でも気がつかないうちに内臓や筋肉に溜まっていますので、疲れやストレスを減らすことで体が細く引き締まっていくという効果は当院では実践をしています。

 

疲れやストレスが多く、たまればたまるほど寝ている間に太くなったり、脂肪が多くなったり、むくみが多くなったりしていきますので、朝から太ったような感じがしたり、むくみが多くなったような感じがしていることが多いと思います。

痩せたいと思うなら

あとは疲れやストレスのほかにも、もう一つダイエットをして痩せるために障害になるものがありますが、これは睡眠負債状態になっている方です。

 

最近は多くの方が睡眠負債状態になっていますので、寝ていると思っていても眠りが浅い方が多くなっていますので、眠りが浅いことを睡眠負債といいます。

 

睡眠負債というのは夜寝ようとするとすぐ眠れて朝まで目が覚めないから寝ていると勘違いしてる方が多くなっています。

 

眠りというのは、目が覚めないから寝ているとは言えません。

 

眠りというのは、夜寝ようとするとすぐ眠れて寝ながら考え事をしている時間が5時間も6時間もあって目が覚める瞬間に夢を見ている場合です。

 

睡眠負債状態の方の大脳を直に触ることはできませんが、頭を触ってみるとすぐにわかります。

 

頭が触ることでぶよぶよしている頭皮があったり、むくみが出ていたりということが大脳にも起きてしまっていますので、頭蓋骨を通してそれが触ると分かります。

 

またはかたく異常と思えるほど硬化してしまっている方です。

 

頭皮が余ったぐらいぶよぶよ状態になっている頭や頑張りすぎている頭というのは、老廃物が多く蓄積していますので、脳細胞の急激な現象が起きたりすることが多くなったりしますので、物忘れやうっかりが多くなったり、物をどこに置いたのか忘れてしまうことが多いようです。

 

page top