整体で腰痛、肩こり、小顔矯正、骨盤矯正が人気

ダイエット

ダイエットするなら体重計の目盛りばかり気にしないで、自分の状態を考えて痩せるようにしていくのがダイエット法ですから、ダイエットというと体重計ばかり気にしていると体を無理にして壊したり、リバウンドが多くなったりすることが多くありますので、基本的なことからダイエットをして体重計を落としていくというよりも細くしていくことをしています。
ダイエットというと多くの方が履き違えている方が多くいますが体重計の目盛りばかり気にしていても運動や筋トレやストレッチなどをしていても、ダイエットグッズやダイエット、食品を試してみても効果がなかったり、なかなか痩せたりなかったりするのは意味があるから痩せたりしないということなんです。

 

ダイエットをするためには、基本的なことを考えなければいけませんので、自分の体の状態を確認する必要があります。

 

自分の体の状態というのは、骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレが起きていないかということなんですが、今までダイエットに来られた方全員の方が骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレがありました。

骨盤の歪みや開き

骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレがあるということは、体調が落ちている可能性があるということなんです。

 

体調が落ちるということは、毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することやジョギングをすることや筋トレをすることや車の運転をすることやショッピングをすることや旅行をすることや歩いたりすることや色々な物事で多くなったものが体に捕まっているのが原因なんです。

 

体に溜まっているものというのは、疲れやストレスです。

 

疲れやストレスが多く、たまったということは、体調を落としていきますので、体調が落ちていくと骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレがを着ていきます。

 

疲れやストレスが溜まったり、骨盤の歪みや骨盤の開き、背骨のズレが起きるということは色々なものが悪くなっていることがありますので、悪くなっているといくらダイエットをしても運動しても体重は減ることはありません。

 

運動したり、筋トレしたり、ストレッチをするということは、疲れやストレスが多くなりますので、疲れやストレスが多くなってしまうと、脂肪は少しでも減るかも分かりませんが、浮腫が多くなります。

 

仕事をしたりすることでも疲れやストレスは多くなりますので、疲れやストレスが体に溜まるということは、脂肪が多くなったり、むくみが多くなったりします。

ダイエットする時には

ダイエットしようと思うなら、疲れやストレスをまずは減らしていかなければいけませんが、疲れやストレスがたまるところがあります。

 

疲れやストレスが溜まる所というのは、筋肉にもたまりますが、ある部分に筋肉よりも何10倍も多くの疲れやストレスが溜まってしまっています。

 

例えばですけど、体重が100キロの方がいるとしたら体をぎゅっと搾ってみれば体重の半分以上が水分になりますので65キロもの水分が出てきます。

 

水分が何かを起こしたり、水分に疲れやストレスが溜まるということは、考えられませんので、あと残った35キロの中に疲れやすれすがたまるところがあるということなんです。

 

35キロの中には皮膚の重さと筋肉と靭帯の重さと脂肪の重さと骨の重さとリンパ管と神経と血管の重さと神経系の大脳と内臓になります。

 

この中で疲れやストレスが溜まりやすいと考えるられるのは、内臓と筋肉になります。

 

中枢神経系の大脳は内臓の1部でもありますから、内臓と筋肉に疲れやストレスがたまるということで色々な代謝が悪くなったり、リンパの働きが悪くなったりしてむくみや脂肪になりやすくなります。

 

内臓と言っても病気ではありませんので、何でもかんでも病気というのを関係づけることなく、内臓に疲れやストレスがたまるということを解消するようにしています。

体重を減らすよりは、見た目が大切

多くの方のダイエット法が効果がなかったり、リバウンドがあったりということで、色々なことをする場合が多くありますが、どれもこれもやってみても効果がないということが多くあるのは基本的なことができていないからです。

 

もちろん食べ過ぎたり、甘いものを多く食べたり、ジュース類などの甘いものを多く飲んだりすることはダイエットには天敵ですが、基本的なものから整えていくことで多くの方が徐々に体重というよりも見た目が細く引き締まっていくというダイエットをしています。

 

むくみや脂肪が減ったり、全身の体が細くなったりします。

 

体が引き締まってくれば、体重は後からついてくる可能性がありますので、体重計の目盛りばかり気にしていると痩せませんし、体が細くなっていきません。

痩せようと思うなら

痩せようと思うなら、まず自分の体を鏡で見て確認をしてみてください。ぶよぶよしている状態で脂肪が多いのか、むくみが多いのかということを判断しなければいけませんので、検査することをしていますが、検査をしてみるとどういう状況で太っていると思っているのかということを判断することができます。

 

そのためには、検査することで体調や体の状態を確認しながら減らすことをしていきますので、自分でも気をつけてもらいたいことは食事を少し減らしたり、甘いものを減らしたりすることで良いと思います。

 

今まで多くの方のダイエットをしてきましたが、ほとんどの方は体調がすごく悪かったり、疲れやストレスが内臓に溜まっていて、内臓に溜まることが原因で周辺の脂肪やむくみが多くなったり、内臓自体が大きくなったりしています。

 

内臓に疲れやストレスが溜まると特に肺が大きくなったり、肝臓や膵臓の中間部分が大きくなったりします。

内臓にたまった疲れやストレスを減らすと

内臓にたまった疲れやストレスを減らしていくと、内臓が正常な大きさの方に戻っていきますので、正常な大きさに戻ればその分だけ体が細く引き締まった状態になっていきますが、内臓と言っても病気ではありませんので、なんでもかんでも内蔵と言うと即病気というのを結びつけるのはやめてください。

 

内臓に疲れやストレスがたまることが原因で、体は徐々にむくみや脂肪が多くなりながら内臓自体が大きく肥大していく傾向を示していきます。

 

どういう状態になっているのかということを検査しなければ分かりませんので、検査をしてみるということも単純でできますので、ご自分でも自分の皮膚をつまんで引っ張ってみてください。

 

指先でつまんで引っ張ってみると、厚みがある場合は脂肪がありますが、ぶよぶよしている場合はむくみになっていることがありますので、引っ張ってみた厚みが厚ければ厚いほど脂肪やむくみがあるということが分かります。

疲れやストレス

体には本当に多くの疲れやストレスが溜まっていますので、疲れやストレスが溜まると内臓の働きが悪くなってしまい、内臓が炎症を起こしたり晴れたりということで機能低下の状態が起こりますので、機能低下の状態が起きることが原因で太りやすくむくみやすく脂肪が多くなってしまい、体重は増えていきます。

 

逆に考えると疲れやストレスを内蔵から減らすことができれば、体重が少しずつ落ちていくということなんですが、体重が落ちるだけではなく、むくみや脂肪が減っていき、体も徐々に引き締まっていくというダイエットをしています。

 

多くのダイエット法が存在すると思いますが、運動したり筋トレしたりすることで疲れやストレスが多くなってしまいますので、疲れやストレスが内臓に蓄積していくと脂肪は少しずつでも減るかも分かりませんが、浮腫が多くなってしまいます。

 

そして、サプリメントやダイエット食品などを試したり、食事制限をしたりすることでも痩せる可能性もありますが、余計に疲れやストレスが溜まってしまい、むくみが多くなってしまいます

 

むくみと脂肪というのは全然意味が違いますので、むくみはリンパ液の流れが悪くなって老廃物が多く溜まった水分があるということですが、死亡というのは脂肪があるということです。

 

 

 

八幡東区と八幡西区と戸畑区と若松区と門司区などから多くの方がダイエットをして体を細くすることをしています。

 

 

page top