整体で腰痛、肩こり、小顔矯正、骨盤矯正が人気

ダイエット

ダイエットすることや、痩せようと思うなら、基本的な事を一番に考えなければいけないのに、多くの方が何も考えずにただ痩せようとしたり、ダイエットしたいと思うばかりなので、基本的なものが一番重要になります。
ダイエットをしようと思う方は、サプリメントを飲んだり、ダイエット食品を飲んだりすることも多くありますし、運動することや筋トレすることやサウナに入ったりして汗をかくこともいいかも分かりませんし、運動をしたりすることでも代謝が良くなって脂肪が燃焼していくということが多くありますが、色々動いたりすることで疲れやストレスが多く、体に蓄積していきますので疲れやストレスが多く蓄積していくことが原因で脂肪は少しずつでも減っていくと思いますが、むくみが多くなってしまいます。

浮腫みと脂肪

多くの方が何も分かっていないで浮腫みを脂肪だと思っている方が多くいますが、脂肪は脂肪であり、むくみはむくみです。

 

むくみと脂肪の違いはつまんでみるとわかりますので、つまんでみるとむくみというのはリンパ液が滞留している状態でぶよぶよしていますのでわかりやすいと思いますが、脂肪というのは中に脂肪があるから脂肪といいます。

 

何をしてもむくみが多くなってしまいますし、脂肪も多くなってしまうのは原因があります。

 

脂肪やむくみが多くなるのは、体に溜まった疲れやストレスが原因ですから、身体へ疲れが無くなればむくみが減っていき、脂肪はなくなっていくということが多くありますので、何も筋トレすることや運動することやジョギングをすることやダイエット食品を飲んだりすることやサプリメントを飲んだりすることで痩せる可能性もあるかも分かりませんが一番は体の整えていくことが一番だと思います。

 

どんなに筋トレやダイエット食品を飲んでもジョギングをしても身体はダメージを溜めてしまうばかりですから、身体にダメージが溜まってしまうことが原因で疲れやストレスが多くなりますので疲れやストレスを減らすことをしなければ痩せようとしても痩せるわけはありません。

 

疲れやストレスというのは、ジョギングをしても多くなります。

 

疲れやストレスというのは、運動をしても多くなります。

 

疲れやストレスはサウナに入って汗をかいてもストレスが増えてしまいます。

 

色々な物事に疲れやすですが、生じてしまっている体なのにさらに多くしてしまって疲れやストレスを溜め込んでしまうということが多くあります。

疲れやストレスの蓄積

ダイエットをして痩せようと思うなら一番天敵になるものは疲れやストレスですから疲れやストレスもたまるところがあるから多く蓄積していくということでむくみや脂肪が多くなって体重が増えていきます。

 

しかも疲れやストレスというのは一番体の重要な部分にたまっていきますので、疲れやストレスがたまることが原因で色々なものが悪くなり、悪くなることが問題視されていることでむくみや脂肪が多くなっていきます。

 

例えばですけど、体重が百kgの方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみたら65キロが水分になりますので、体重の半分以上は水分で構成されているということなんですが、単純な水ではなく血液だったりリンパ池であったり、体液だったり、組織の中にある細胞の水だったりということで多くの水が65キロにもなります。

 

あと残った35キロの中に疲れやストレスがたまるところがありますが35キロの中にはリンパだったり血管だったり神経だったり皮膚の重さだったり、筋肉と靭帯と脂肪の重さと骨の重さと中枢神経系の大脳や脳幹や脊髄の重さと内臓になります。

 

この中で疲れやストレスが溜まりやすいと考えられるのは、内臓と筋肉になります。

 

中枢神経系の大脳や脳幹や脊髄なども内臓の1部ですから、もちろん体にある内臓だけではなく、大脳の部分も疲れやストレスを溜めてしまい、色々な症状を起こすことはあります。

内臓に疲れやストレスが溜めてしまう

内臓に多くの疲れやストレスが溜めてしまうと、徐々に疲れやストレスが最大限に多くなっていきますので、最大限といっても限界はありません。

 

疲れやストレスが内臓に蓄積していくと、身体には歪みやズレが起こります。

 

歪みやズレが起きるということは、骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレになっていきます。

 

特に背骨のズレというのは、内臓に直結していますので、内臓に直結したものが起きると背骨のズレになっていきます。

 

内臓と言ってもなんでもかんでも病気というのを関係づけることなく、内臓に疲れやストレスが溜まると説明していますので、勘違いしないでください。

 

毎日毎日仕事をすることや、運動することや生活することや車の運転をすることや座っているだけでもテレビを見ているだけでも疲れやストレスは多くなるばかりです。

 

この全ての疲れやストレスが筋肉にもたまにながら内臓に蓄積していくということで、代謝が悪くなったり、循環が悪くなったり、リンパの働きが悪くなって老廃物が多く溜まっているということは当然起きていきます。

 

そうすると、流れも悪くなっていきますので、色々な問題が起きることが原因でむくみや脂肪が多くなっていきます。

ダイエットをして痩せようと思うなら

また疲れやストレスだけではなく、最近多くの方が気がついていない状態で眠れていない方が多くなっていますので、眠れていかいないと大脳が弱っていきますので、大脳が弱る事が原因で脳下垂体ホルモンのバランスが悪くなり、ホルモンの問題が起きると脂肪やむくみが多くなっていきます。

 

夜寝ようとするとすぐ眠れるし、朝まで目が覚めないから寝ていると簡単に考えている方が多くなっていますが、眠りというのはそんなものではありません。

 

当院の院長は不思議な検査をしていますので、体の状態を正確に把握することができます。

 

検査することで骨盤の歪みや骨盤の開きを検査したり、背骨のズレを検査することをしていますが、多くの方が骨盤がむちゃくちゃ開いていたり、歪んでいたり背骨のズレが起きてガタガタ状態になっているということがあります。

 

こんな状態があっても、それをダイレクトに感じていない方が多くなっていますので、感じていない方は睡眠負債状態で大脳が疲弊した方が感じません。

 

大脳が弱ってしまうと痛みや凝りを感じなくなりますし、麻痺した状態になりますので麻痺した状態では体調がいいと思っているかも分かりませんし、目が覚めないから寝ていると勘違いしてる方が多くなっています。

眠りというのは、夜寝ようとするとすぐ眠れて

眠りというのは、夜寝ようとするとすぐ眠れるし、朝まで目が覚めないから寝ているけど、夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えています。

 

しかし、夢よりももっと悪い睡眠があります。

 

夢よりももっと悪い睡眠というのは、寝ながら考え事をしている睡眠なんです。

 

寝ながら考え事をしてる睡眠というのは、目が覚めた瞬間に忘れてしまう睡眠でもあります。

 

目が覚めた瞬間に忘れてしまうため、目が覚めないから寝ていると勘違いしている方が多くなっていますが、眠れている方が骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくあったり、背骨のズレが大きくてガタガタ状態になっているということは考えられません。

 

しかし、睡眠負債状態で眠りが浅いということは、脳が弱っていきますので、脳が弱っただけではすまない状態で疲弊状態や衰弱状態を起こす方もいますので、脳が弱り過ぎると脳内ホルモンの麻薬に似た物質が出てきますので、痛みやコリを感じにくくなります。

 

感じない方は感じないだけではすまないことが起きていきますので、徐々に脳細胞の急激な現象が起きたり、内臓が老化が急速に進んだりということで色々な問題を先将来に控える形になっていきます。

 

八幡東区と八幡西区と戸畑区と若松区と門司区などから多くの方がダイエットをするために訪れています

page top