ダイエット

ダイエット して 痩せる
多くの方がダイエットをしたいと思うし痩せようと努力をしていることが 見受けられますが基本的なことを踏まえていないと体重を落としたりダイエットをしたり痩せたりすることができません。
基本的なことというのは 体調や疲れやストレスです。
ダイエットをして痩せようと思うなら サプリメントを試すことよりも基本的なことからしていかないといくら食事ダイエットをしたり色々なサプリメントを試したり運動したりしても痩せることはありませんし特に運動をして脂肪を落としたりむくみを落とそうと思っても なかなかうまくいきません。
ダイエット

ダイエットするなら体を整えること

ダイエットしようと思うなら食事制限をしたりりんごダイエット夜バナナダイエットやその他のダイエット方法があると思います。
またゼリーを食べたり 運動したりというダイエット方法もあると思いますがなによりも体調が悪いのに体調が悪いとむくみやすく脂肪が多くなるということがあるのに運動したりしても脂肪というよりも筋肉質ばかりになってしまって浮腫が多くなることがあります。
痩せようと思うならいくら運動しても筋肉ばかり多くなって 筋肉が強くなっても脂肪は逆に増えてしまったりむくみが多くなったりということで 運動することは逆効果です。

ダイエットをして痩せるには

食事制限や栄養の偏りなどでダイエットをして痩せようと思っていてもなかなか綺麗に痩せていくことはできません。
筋肉質に痩せることも運動でできるかも分かりませんが骨ばってしまってまたは筋肉質になってしまって細くなるというよりも体が引き締まって良い状態に見えることはありません。
骨ばったり筋肉質のように痩せてしまっても女性としてのしなやかさや柔らかさが失ってしまっては意味がありません。
最近は多くの方が骨ばったような状態で健康的とは言えない状態になってしまって痩せていると思っている方が多くなっていますが人から見て骨ばっているとどう思うでしょう。

骨が浮き出ている痩せ方

特に胸元などのアクセサリーをしている方が肋骨が浮き出てるような状態では決して綺麗に見えることはありません。
そして健康的に細くなるように痩せるようにダイエットするようにしないと 肌の色もつやがなくなっていき旗色が悪くなることもあります
健康的に痩せるためには体重を落とすよりもまずは体の状態から整えていくことをしていかないと 体調が悪く疲れがストレスが多く溜まっていると体の歪みやズレも多くありまた内臓の働きや代謝が悪くなってリンパの働きも悪くなり老廃物が多く蓄積しています。
疲れやストレスが多くなればなるほど 体の異常状態が起きていき歪みやズレが大きくなり代謝も悪くなってリンパの働き悪くなって老廃物が洗えるところで溜まっていきます。
健康的に痩せようと思うなら体を整えていく基本的なことから細くなるようにしないと体重ばかりまたは体重計ばかり気にしていると綺麗に痩せることはありませんし疲れやストレスが多く溜まっているのに骨張った状態で痩せてしまっては意味がありません。

痩せるためには

痩せるためには一回では無理ですが10回以上はかかると思いますけど体を整えていくことから健康的に痩せるようにまた内臓がしっかりと元気に働いてくれるようにして疲れやストレスを溜まったところから減らす努力をして 会長からあげていくダイエットと細くなることをしています。
体には毎日毎日の日常的な疲れやストレスが溜まり仕事上での疲れやストレスが溜まり精神的なプレッシャーでも疲れやストレスが溜まりそして最近は多くの方が眠りが浅く眠りが浅いことから起きる 代謝の悪さ内臓の疲弊状態が多くなっています。

睡眠負債とダイエット

最近は多くの方が眠りが浅い形が多くなっていますので夜寝ようとするとすぐに寝付きがよく朝まで目が覚めないという方が寝ているという勘違いをしている方が食べ過ぎなくても脂肪や太りやすくなっていきます。
脂肪やむくみが多くなればなるほど内臓の冷え状態も大きい皮下脂肪も多く分厚くなっていくし内臓周辺の脂肪が多くなっていきます。
食べ過ぎなくても眠りが浅い方は太りやすくむくみやすく脂肪が多くなります
ダイエットをして痩せるためには浮腫の改善や脂肪の改善や体重を減らすことよりもまずは体調からあげてコントロールできるようにして眠りを深くなればなるほど体は引き締まっていきます。

眠りが浅いと

昔でしたら眠りが浅い形は夜寝ようとすると寝つきが悪かったり眠りが浅かったり 夜中に何回も目が覚めたり1時間も2時間も3時間も眠れなかったり夢ばかり見ているという方が多く不眠症の状態でしたが。
最近の不眠症の方は夜寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから 寝ていると思っている方が本当の睡眠をしていないという状態の方が多くなっていることです。
夜寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないけど 夢を見ているというよりも 6時間の睡眠がある方がいるとしたら5時間50分後寝ながら考え事をしてる睡眠の状態になっていて後の10分が夢を見たりしているという方が多くなっていることです。

寝ながら考え事をしている睡眠

寝ながら考え事をしている睡眠というのは妄想に近い睡眠ですが目が覚めた瞬間に起きた瞬間にそのことを忘れてしまうのが寝ながら考え事をしている睡眠の特徴です。
寝ながら考え事をして睡眠というのは最悪な睡眠ですから精神疾患になりやすくうつやかに来ることが多くなったり頭がぼーっとしたりして頭に力がなくなっていきます。
そうすると異常にダイエットなどに固執してしまいめちゃくちゃなダイエットをして余計に体調を落とすということも考えられます。
こんな状態の方が痩せる理由はないし最近事件でも起きたように奥さんが食べ物を食べた後に吐くダイエットというのを子供の前でしていて殺人事件が起きてしまったということが起こりました。
異常状態になればなるほど眠れていませんし眠れていないことも分からないという方も多くなっているのが最近の睡眠負債状態です。

眠れると痩せる

身体というのは本当に脳が眠ることをしていくと自然と体調のコントロールができないぞうの代謝が良くなって脂肪の燃焼やむくみの改善が出来痩せてくるということが起こります。
ということは最近の方はほとんど眠りが浅く寝ながら考え事をしている睡眠が多くなっているということで太りやすくむくみやすくまた下半身が太くなるということや体重の増加が伺えます。
体調の悪い方ほど浮腫が起こりやすく脂肪が多くなりやすく体重の増加が大きい伊賀拡張されて大きくなっていくだめ満腹感がなく食べ過ぎてしまうということが多く見受けられます。

疲れやストレスとダイエット

体に溜まってしまった疲れやストレスを改善することは数回から2回以上かかるため簡単にはいきませんが簡単にして痩せたりすることがなく特に眠りが浅い形ほど異常と思えるほど体調が悪くなって行き どん底のような体調の方もいます。
そしてさらに眠りが浅い方が多くなっていますので眠りが浅いと脳疲労が大きい脳の中枢神経系の脳幹が弱っていく生きていく生命力の源である脳幹が弱ると内臓の自律神経支配力が落ち 色々な状態になってきますのでリンパの働き悪くなりむくみが起きていくということが多くなります。
体に多くの疲れやストレスが溜まり内臓にも疲れやすいすぐたまりリンパの働きを悪くなり老廃物が多く溜まっていきそして生命力の源である大脳や脳幹が弱ってしまったかたほどダイエットしても効果がなくリバウンドが大きくなります。
ダイエット

 

当院では八幡東区や八幡西区と戸畑区と若松区と門司区などから多くの方が訪れています。

トップへ戻る