ダイエットする

当院ではダイエットをして痩せたいと思う方が、多く来院していますがダイエットをするためには体から整えていくことをしないと運動しても食事制限やりんごダイエットやバナナダイエットやヨーグルトダイエットなどをしても、何もしても効果が上がりにくいと言うことがありますので体から整えていくダイエット法をして細く痩せていく矯正をしています。

 

ダイエット

 

ダイエットと言うといろいろな方法があると思うんですが運動療法の中でも筋トレしたりボクササイズをしたりストレッチをしたりジョギングをしたりアスレチックをしたりプールで泳いだりいろいろな方法がありますがすればするほど運動療法と言うのは脂肪も簡単に減る事はありませんがむくみが多くなると言うことがあります。

 

脂肪と浮腫みと言うのは違いますので脂肪は簡単に燃焼することもありませんがむくみと言うのを運動すればするほど増えてしまいます。

 

ダイエットして痩せようと思うなら

 

ダイエットして痩せようと思うなら基本的なことから改善していかなければいけませんが、基本的なことと言うのは体に蓄積している疲れやストレスを減らしたり眠りの問題を改善したりと言うことが大きく関係しています。

 

今まで多くの方の体を痩せさせることをしてきましたが、全員と言っていいほど体調がすごく落ちていて疲れやストレスが溜まっていましたので痛みやコリがないからといって体調が良いとは限らないと言うことがあります。

 

ダイエットとストレス

 

体調と言うのは疲れやストレスの蓄積が、どれぐらい溜まっているかなんです。

 

疲れやストレスが多く溜まってしまえば溜まるほど、体はむくみや脂肪が多くなっていきますので食べ過ぎなくてもむくみや脂肪が多くなっていき太ってしまいます。

 

もちろん徐々に食べ過ぎれば食べ過ぎるほどいが、大きくなることもありますのでいつまでたっても空腹感が消えないくて食べ過ぎてしまうと言うこともあるでしょう。

 

痩せるには疲れやストレスを減らすこと

 

痩せたいと思うなら疲れやストレスを減らしていかなければ痩せることもありませんし疲れやストレスが多く溜まってしまうと骨盤の歪みや骨盤の開きが起きたり背骨がずれてガタガタ状態になっているので痩せる事はありませんのでまずは体から整えていかなければいけませんが骨盤の歪みや骨盤の開きや背骨のズレと言うのは体の奥に溜まった疲れやストレスから起きています。

 

体の奥にたまってしまった疲れやストレスを減らさない限りは何をしても効果は上がりにくいようですから筋トレしたりジョギングをしたりすることの運動療法と言うのは筋肉質になって痩せていくと言うことが起きてしまいますので筋肉質的に痩せたければ運動療法が1番だと思いますが自然できれいに痩せたければ体から整えていくと言うことが1番だと思います。

 

運動療法と言うのは筋トレやジョギングやストレッチなども運動療法の1つですしプールで泳いだりすることも運動療法の1つですけど運動療法すると疲れが多くなっていきますので疲れが多く蓄積していくことが原因で体はむくみや脂肪を多くためていきます。

 

そして運動を多くやってしまうと脂肪は少しずつは燃焼するかも分かりませんが簡単に燃焼することがないのが脂肪です。

 

疲れやストレスの蓄積がむくみになる

 

毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することや精神的な緊張やプレッシャーなどで多くの疲れやストレスが積み重なっていきますが疲れやストレスと言うのは弱い部分に溜まる傾向がありますので弱い部分に溜まっていくと骨盤の歪みや骨盤の開きが起きたり背骨がずれてガタガタ状態になったり浮腫みや脂肪が多くなっていきます。

 

疲れやストレスが多く溜まっていくと体の奥にたまっていくものですから体の奥から歪みが起きて代謝が悪くなる事は当然起こりますしリンパの働きが悪くなり老廃物が多く蓄積してしまい循環が悪くなることから浮腫になっていきます。

 

そして疲れやストレスだけではなく眠りの問題も深く関係していますので不眠症と睡眠負債と言う言葉があるように寝付きが悪かったり夜中に何回も目を覚ましたりまた目は覚めないけど朝まで出ている感じが多くあっても眠りと言うのは熟睡状態のことだけを言いますので破れてなければ太りやすくむくみが多くなっていきます。

 

ダイエットをして痩せたいと思う方が多くいますが基本的なことを忘れてしていませんので基本的なことから整えていくことをお勧めしています。

 

当院ではダイエットして痩せようと思うならむくみや脂肪を減らす事は当然なんですが体重計のメモリの位置よりもどちらかと言うと人から見てどう思われるかと言うことを優先していますので人から見て痩せたんでとか細くなったねと言われるような矯正をしていきますので体重計のメモリを減らすことを優先的にすることをしていません。

 

ダイエットするなら

 

ダイエットをして痩せようと思うなら代謝を上げるとか運動するとか食事制限をするとか言う方法があると思いますが運動すると言う事はプールで泳いだりアスレチックをしたり筋トレをしたり腕立て伏せをしたり腹筋をしたりジョギングをしたりいろいろな運動療法があるんですが筋肉質で肌に脂肪燃焼したければそれで構わないと思いますが運動というのは筋肉を鍛えるものですから筋肉を鍛えても脂肪と言うのはなかなか燃焼をする事はありませんので疲労だけが残ってしまいむくみになってしまいます。

 

浮腫みというのと、脂肪は違いますので脂肪もなかなか燃焼する事は、ありませんし代謝率をあげると言う事は、そんなに簡単なものではありませんので脂肪もなかなか減らないうちに疲れだけが、残ってしまいむくみが多くなっていくということが起きてしまいます。

 

ダイエットと言うと食事制限

 

ダイエットをするときには食事制限をしたりりんごダイエットやバナナダイエットやヨーグルトダイエットやサプリメントを飲んだりダイエット食品を食べたり、いろいろな方法があると思いますので食事制限をしたりするとエネルギー量が低下してしまい動けなくなったり動きたくなくなったり体がだるくなったり重たくなったりすることがありますので、食べ過ぎと言うのは良くありませんが、食べすぎない程度に食べないと体のエネルギー消費量を保つことができなくなります。

 

食べすぎたり脂っこいもの食べたり、甘いものを多く食べたりすると、太ったりするのは当然なんですが動かないから、カロリーを消費しないからと言う感じではなく基本的なことを考えるようにしてください。

 

痩せるためには体から

 

痩せようと考えるならまずは体から整えていくことをしないと代謝も上がらないし流れも良くならないしカロリーを溜めやすくなり脂肪になったりむくみになったりと言う感じになって徐々に太っていきます。

 

何よりも食べ過ぎる事は良くありませんがお腹いっぱい食べても太りを招くだけであり特に夕方の食事を多く取ったり脂っこいもの食べたり甘いものを食べたりすることが1番ダイエットするときに問題になってしまいます。

 

脂っこいものを食べたり甘いものを食べたり夕飯に多くお腹いっぱい食べてしまうと寝ている間に太っていきますので寝ている間と言うのは1番ダイエットするときに大切な時間になります。

 

痩せようと思うなら

 

ダイエットをして痩せたいと思うなら基本的なことから整えていくと言うことを言いましたが何を整えるかと言うと体を整えるのが1番なんです。

 

当院では家族の方から最近痩せてきたねとか友達からも細くなってきたね何かしているのと言わせるような体を作っていくことをしていますので基本的になるものは体重計のメモリよりも体重を減らすよりも見た目を大切にするダイエットをしています。

 

体重はあまり変わってなくても見た目で見て痩せたねと言われるような矯正をしていますので1回でできる事はありませんがしばらくの通院をしてもらうことで可能だと思っています。

 

今まで多くの方の体を細くすることをしていきましたがどうしても全員の方が体重計を気にすることが多くありますので体重計のメモリを減らしていく事は簡単な方法ではありません。

 

体重計のメモリの位置よりも人から見られて「最近、細くなってきたね」とか「最近、痩せてきたね」と言われるようなダイエットを当院ではしています。

 

体重計よりも見た目で細くなるダイエット

 

当院のダイエットで目立つところは人から見て細くなってきたねと思わせるダイエットをしていますので無理な治療でもなく体を細くすることからしていきます。

 

ダイエットとは

 

ダイエットをしていくためにはいろいろな方法があると思うんですが何よりも1番だと思うのは体を整えていく事をしないと体のダメージが大きいのに何をしても効果が上がりにくいと思うんです。

 

体がボロボロなのにダイエットをしても効果はなく逆にむくみが多くなるばかりだと思いますからむくみと脂肪も違うのにその意味も知らないでいろいろなダイエットをしても効果は上がりにくいと思います。

 

痩せるとは

 

痩せると言う事は体の状態が良くないと脂肪の燃焼も上がりませんし代謝も上がりませんし流れも良くありません。

 

痩せると言う事はいろいろな部分の状態が良くないと痩せる事はありませんし痩せるわけではありません。

 

ダイエットをして痩せるとは

 

ダイエットをして痩せるためには食事的には食事制限をしたりバナナダイエットをしたりりんごダイエットをしたりヨーグルトダイエットをしたりサプリメントを試したりダイエット食品を食べたりと言ういろいろな方法があると思いますし観点を食べたりすることでも空腹感を紛らわせることができると言う感じでカロリーを減らすことができる可能性もありますし野菜を多く食べると言うことでむくみや脂肪が少なくなるとテレビや雑誌などで言われている事なんですが体の原点を忘れてしまっています。

 

当院では当たり前のことなんですが、体を検査することをしていますので検査をしてみると今まで痩せたいと思う方の全ての方が、体調がボロボロなのに歪みやズレもひどくあると言うことで訪れていますが歪みやズレの原因と言うのは内臓の不調状態を表しています。

 

疲れやストレスとダイエット

 

内臓の病気と言うわけではありませんが、内臓にも疲れやストレスが溜まっていくということが起きてしまいますので、内臓に溜まった疲れやストレスが原因で骨盤が歪んだり骨盤が開いたり背骨がずれたりということが起きているんです。

 

体が歪んだりしているのに体の歪んだ部分は、通っていく神経、血管、リンパは正常に働く事はありません。

 

今までは検査をしてみると全員の方が体調が悪く骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくあったり背骨がずれてガタガタ状態になっていたり筋肉や靭帯にむくみや脂肪が多く溜まっていたり内臓の働きの低下が起きたりと言う感じになっています。

 

そしてさらに痩せたいとか痩せようと思うなら眠れていないとホルモンのバランスも悪くなり大脳が披露してしまって大脳の支配下から起きる内臓の働きも低下しています。

 

眠りとダイエット

 

ダイエットをするときにはホルモンのバランスも大切なものになりますのでホルモンのバランスが悪いのに代謝が良いわけはありません。

 

ホルモンと言うのも内臓の1部ですから内臓の働きの低下から起きる疲れやストレスの状態と言うのはかなりダメージとして大きくなりますのでゆがみやズレが起きているだけではありません。

 

体を整えていくと言う事は簡単な方法ではありませんのでマッサージや電気をかければいいというわけではありませんので検査することをして正常に戻すことをしているんですが最近は多くの方が不眠症や睡眠負債状態を患っているのに気がついていない方が多くなっていますので台の疲労が極端に強く起きている方も多くなっていますので大変なことになっていますので簡単に体調が上がって体を整えることができません。

TOPへ