腰痛は骨盤の歪み・背骨のズレから|北九州市八幡東区からも徳力整体院

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどが起きるのは

北九州市八幡東区からも腰痛なら評判の徳力整体院。
腰痛を楽にしていこうと思うなら湿布を貼ったりマッサージをしたり鍼を打ったりお灸をしたりサプリメントを飲んだり低周波治療器などの電気をかけたり色々な方法があると思いますが根本的には表面上の痛みだけを楽にすることをしていますので表面上の痛みを楽にする治療のことを対症療法と言いますので対症療法ばかりしていても原因は残ったままになっています。
腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

腰痛とは

腰痛がどこから起きているのかどうして起きているのか原因を考えなければいけませんが多くの場合痛みだけを改善していくことを腰痛が治ったと思わせることをしていますが腰痛というのは表面的な痛みを楽にすることだけが改善することだけではありません。
腰痛を改善していくためには二つの方法がありますが、まずは表面上の痛みを楽にすることをしていく治療と原因を見つけ出して改善していく治療に分かれます。
多くの治療法というのは表面上の痛みを楽にすることが中心の治療が多くありますので湿布を貼ったりマッサージをしたり病院に行って痛み止めの注射を打ったりすることも対症療法の一つでもありますしマッサージをしたり鍼灸をしたり指圧をしたりすることも対症療法の一つですし低周波治療器などの電気をかけることも対症療法の一つになりますから根本的な原因が残ったままになっているのに原因を見つけ出すことも簡単ではないために、簡単な方法に逃げてしまって何も検索できていない治療法というのが多く見受けられます。
腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどから歪みやズレ

腰痛を起こす原因

腰痛を起こす時には必ず原因が存在していますので原因を見つけることもなく検査することもなく表面上の痛みだけを楽にすることをしていく治療が多く見受けられますので、本当の原因はそこではない場合があります。
どうしても痛みの部分が原因であるような感じに思う方が多くいますし専門家の先生もそう思っていることが多くありますが原因が違うところにある場合がありますので原因が違うところにあるのに痛みを感じているとこだけ、湿布を貼ったり電気をかけたりしてることが多くあります。
腰痛と言うと腰の骨盤のベルトの部分が痛むことが多くありますが第五腰椎や第4腰椎の歪みやズレが起きてしまっていることが多くあり、その上、骨盤の歪みや骨盤の開きが重なって起きている場合が多くあります。

骨盤の歪み・背骨のズレが腰痛に

骨盤の歪みや骨盤の開きそして第4腰椎や第五腰椎の歪みやズレというのは腰痛を起こしている方は全ての方に適用されるものなんですが骨盤の歪みや骨盤の開きが起きただけでも体を支えることができませんので体を支えることができないために起きている痛みが腰痛になります。
しかし何も原因がなくて骨盤が歪んだり骨盤が開いてあり背骨がずれたりということはありませんのでどうしてズレるのか、どうして歪みが起きるのかという原因があるということなんです。
腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどから歪みやズレ

歪みやズレ

歪みやズレが起きるのは必ず何かが原因があって起きていますので歪みやズレがあるときに重たい物を持ったり中腰をしたり前屈みをすると体を支えることができませんので体を支えることができないと急激にぎっくり腰を起こした痛みになったりズキズキする腰痛になったりします。
しかし歪みやズレがあるからといって痛みになっているわけではありませんので限界を超えた時に痛みになっていきます。
限界を超えた歪みやズレが起きた時に身体を支えることができませんので靭帯や筋肉が緊張する所ではなく炎症や腫れを起こしたために痛みを起こしていたり椎間板ヘルニアになってしまうということもあります。

椎間板ヘルニアというのも特別なものではありません。

椎間板ヘルニアになっている方で痛みが強いかと思いますので椎間板ヘルニアも改善できるうちに改善していかないと真ん中の中心角の近くという中心部が年輪のような状態重なっているものなんですが中心の部分が途切れる場合もありますので途切れてしまうと手術でしか治すことができません。
腰痛を送り返したり長く長期間、腰の痛みがある方は必ず原因が存在していますので原因から改善していかなければいけません。
腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどから歪みやズレ