膝の痛み

膝の痛みを解消するならヒアルロン酸を注射したり、飲んだり、水を抜いたりということが多く見受けられるんですが、膝の痛みのある方が来院すると炎症や腫れがある場合が多くありますので、まずは炎症や腫れを改善していくことから始めていきます。
まずはなんと言っても炎症や腫れから改善しなければ先に進むことができませんので、全体的な炎症や腫れを改善するようにして強く炎症や腫れが起きているところほど、残りますので、それを徐々に改善していくことを先にします。

 

膝の痛みというのは大変多くの方に起きている問題なんですが、病院に行っても老化現象-1つだという風に言うばかりで、根本的な解決をしていないことが多くありますので、当院では検査することをしていますので、検査をしてみると膝の痛みのどこの部分に炎症や張りがあるのかということで、靭帯や関節包などが固くなっていることも多くありますから、それを緩めていくことで軟骨を解放できる可能性もあります。

 

膝の痛みというと、多くの方が経験していることが多いようですが、痛み止めばかり使っていて根本的に原因を探すことはできていませんし、していません。

 

膝の痛みが起きる時には原因が潜んでいますので、原因から見つけ出さなければいくら膝の痛みにヒアルロン酸を注射しても軟骨の滑りを良くしたというふうに行っても同じことが繰り返されますし、繰り返すうちに徐々に悪くなっていくということで変形性膝関節症ということも起こります。

 

膝の痛みが起きた時には必ず原因が潜んでいますので、原因から改善していかなければ痛みは残りやすくなります。

 

膝の痛みのある方を膝の部分を触ってみるとわかりますが、左右差を比べてみると余計にははっきりとわかります。

 

両方悪い方は比べることはできませんが、片方だけ悪い方はぶよぶよしていたり、腫れて炎症を起こして熱を持っている方もいますので、比べることができると思います。

 

まずは膝を触ってみて、左右を比べてみることをしてみてください。

 

膝の関節が大きい部分、ほんと腫れ上がっているということもありますので、腫れ上がりを改善することをしていけば何らかの症状の緩和が見られる可能性もあるということです。

炎症や腫れから改善

当然なんですが、炎症や腫れから改善していくことをしないとその先にあるものを見つけ出すこともできませんし、検査することもできませんから、まずは目の前にあるものから改善して減らすことをしています。

 

そのためにも炎症や腫れから改善していかなければいけませんので、炎症や腫れから改善していくことをしています。

 

では、どうやって炎症や腫れを改善するのかというと、電気や機械を使うこともなく、湿布を使ったりすることもなく手の技術だけでハレや炎症やはりを改善することができます。

 

当院では炎症や腫れを改善する時にはマッサージをするような感じで炎症や腫れを取ることができますが、マッサージをしているわけではありませんので、マッサージをして炎症や腫れが取れるということはないと思います。

 

マッサージをしてできるものというのは筋肉を揉んだりほぐしたりすることですから、炎症や腫れというのは違います。

炎症や腫れを改善できたら

炎症や腫れを改善できたらどうして膝の部分に炎症や腫れが起きたのかという原因を見つけ出さなければいけません。どこかに炎症や腫れを起こした原因が潜んでいるからです。

 

何も原因がなくて膝に炎症やはりが起きることはありませんので、歩いたに使ったりすることで炎症や腫れが起きたりするということはあまり考えられません。

 

炎症や腫れを起こしている原因の1つは体調に関係しています。

 

体調というのは意味不明な言葉なんですが、体調が悪くなったり体調を落としているという風に代表例で言うと疲れやストレスが溜まっているのが原因です。

 

疲れやストレスというのは、陽気の変動でも貯まりますし、熱いことでも貯まりますし、寒いことでも貯まりますし、運動することでも貯まりますし、生活したりすることでも溜まっていきますし、仕事をしたりすることでも溜まっていきますし、車の運転をすることでも疲れやスレスは溜まっていきます。

 

疲れやストレスというのは、体に溜まるということはわかっていると思いますが、体のどこに溜まるのかという原因があるから溜まっている訳ですから、体に溜まるということを言っている割にはどこに溜まるのかということを考えている方は少ないと思います。

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスというのは大変多く、蓄積していきますので、疲れやストレスが溜まるということは、骨盤の歪みや骨盤の開きが起きていきます。

 

必ず疲れやストレスがたまることが原因で骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレになっていきますので、筋肉バランスが悪くなるということで膝関節自体に負担が起きたりすることもあります。

 

しかし、単純に考えても、それだけではありません。

 

疲れやストレスというのは、筋肉にもたまにながらある部分に最大、多くの疲れやストレスが溜まっていきます。

 

例えばですけど、体重が百kgの方がいるとしたら百kg十六十五kgぐらいが水分ということですが、体をぎゅっと搾ってみれば65キロもの水分がぽたぽたと落ちてくるということなんですが、水分と言っても血液だったリンパ液だったり体液だったり色々な水分だということです。

 

あと残った35キロの中に疲れやストレスが貯まるところがありますので、疲れやストレスが溜まる所というのは皮膚の重さと筋肉と靭帯の重さと脂肪の重さと骨の重さとあとは中枢神経系の大脳の重さと内臓になります。

 

疲れやストレスというのは、この中でどこに溜まるのかということを問題視しますが、筋肉と内臓に蓄積していくということなんですが、内臓と言っても病気と言ってる訳ではありませんので、なんでもかんでも即病気というのを結びつけることもなく、内臓にも疲れやストレスがたまるということです。

内臓に溜まる疲れやストレスというのは

膝の痛みになる場合に内臓が関係しているということを説明していますが、どこの内臓かということの問題になりますので、膝の痛みになる内蔵というのはまず第1に肝臓です。

 

肝臓というとアルコールとか言う感じでイメージしやすいと思いますが、そういうわけではなく肝臓が弱い方が膝の痛みになるということですから、アルコールを飲むか飲まないかということはあんまり関係はありません。

 

肝臓が弱い方がアルコールを飲むと余計に悪くなっているというだけであって。

 

アルコールを飲む飲まないというのもあまり関係ありませんし、肝臓が強い方はアルコールを飲んでもあまり影響はでません。

アルコールと肝臓

肝臓が弱い方がアルコールを飲むと余計に肝臓を悪くしてしまうということだけです。

 

肝臓が弱い方は膝の痛みになりやすく、外反母趾になりやすく、花粉症になったりする確率が高いということです。

 

花粉症や外反母趾や膝の痛みやアレルギー性鼻炎というのは、肝臓が弱い方がなるという意味です。

 

肝臓が弱くはない方はアレルギー性鼻炎にもなりませんし、花粉症にもなりませんし、膝の痛みを起こすことはありません。

 

 

 

八幡東区と八幡西区と戸畑区と若松区と門司区などから多くの方が膝の痛みに悩んで訪れています。

トップへ戻る