肩こり

肩こり を楽にしていくためには 筋肉疲労から起きたこりを改善していく必要があります。
肩というのはいつもよりも多く使うことが多く 何をするにも腕や肩を動かすことがありますので 筋肉疲労が積み重なって緊張したりコリを起こすということがあります。
重たいものを急に持ったりしていると筋肉疲労が起きていきますので筋肉疲労から肩こりになります。
いつも同じ形の肩ばかりバックを持ったりすると筋肉疲労が起きていつのまにか積み重なった状態が肩こりになります。
車の運転を長時間しても肩や腕を動かさないので 筋肉に力が入りぱなしで肩こりが起こります。
寝っ転がっている時に腕枕や腕を支えることをしていると変な位置で腕や肩が固定化されてしまいますので筋肉疲労が起きて肩こりになります。
ゲームなどをしていると肩に力が入っていますから肩こりになります。

肩こりとは

スマートフォンやガラケーなど扱っている時に操作をする時に肩に力が入っていますから肩こりになります。
掃除したり洗濯したりするときにも肩や腕を使いますので腕の疲労が起こりやすく肩こりになります。
本を読む姿勢でも 力が入っているので肩こりになります。
自分でも気がついていない状態で肩や腕の筋肉を酷使していることが多くあり国試すればするほど筋肉は疲労したり緊張したりして肩こりになっていきます。
肩こりになるのも色々な原因がありますので 軽いものを持っていても維持するだけでも肩や腕に力が入っていますので力が入っていれば肩こりになります。

肩こりになると

本当に多くの肩こりを起こす原因を人は何気にしていますがなにげにしているだけで筋肉は疲労していき肩こりになっていき筋肉が緊張起こすとリンパの働きも悪くなって老廃物が多く溜まってしまったり循環が悪くなることでも肩こりは起きてしまいます。
意識していない状態で腕や肩の筋肉を使うことが多くありますので意識して見るとどれほど多くの肩こりを起こす原因を自分でしているかということがわかります。
これほど多くのことをしていれば肩の筋肉は緊張したにっこりを起こしたりすることは当然起きていると思います。
肩こりというのは 頭の付け根から肩から背中まである大きな筋肉のコリが一般的ですがこの筋肉の凝りを起こしている名称は僧帽筋という筋肉です。

僧帽筋の緊張がコリ

特に上の方の僧帽筋が緊張したり掘り起こすことが肩こりを起こしているという風に知られています。
筋肉疲労が起きやすいのも、この上の方の上部僧帽筋です。
上部僧帽筋が緊張したり硬くなったり凝りを起こすことが肩こりに繋がっていきます。
筋肉とは別にまた筋肉だけで起きる肩こりというのもありますが筋肉以外で重なった状態で重複して起きている肩こりが あります。
背骨の歪みや首の骨がずれると筋肉が骨から骨にくっついていますので歪みやズレたぶんだけ筋肉は緊張したり引っ張られたりして 筋肉疲労が起きて行きます。
筋肉疲労が起きると、これが肩こりになっていきリンパの働き悪くなったりして老廃物が多く溜まって循環が悪くなります。
しかし背骨の歪みや首の骨というのは何も原因がなくて起きるものでもありませんし姿勢で起きることもありません。

背骨のズレから筋肉のコリが

背骨の歪みやズレが起きる時には原因が潜んでいますのでどうして背骨の歪みやズレが起きたのかということを探す必要があります
多くの背骨の歪みや首の骨のズレの場合、体に溜まったあるものが原因です。
体に溜まったある物というのは疲れやストレスです。
体に蓄積していく疲れやストレスというのは生活していく上で必ず生じるものですし運動することでもお疲れやストレスが生まれますし仕事上でも疲れやストレスは多くなっていきます。
しかし最近は多くの方が眠りが浅いということが重なって起きていますのでさらに眠りが浅いということは睡眠負債状態になっている方が多くいるということを指しますので睡眠負債状態が多くなればなるほど脳が弱っていきます。
脳が弱ると内面的に疲れやすいですが多く溜まっていきますので内面的に疲れやすいですが多く蓄積すれば蓄積するほど背骨の歪みや首の骨のズレに繋がっていきます。

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスというのは大変多くの方に蓄積している現象ですが人はこれを簡単に考えていますが疲れやすトレスというのは肉体的に溜まっていきますので肉体にたまると老化が促進されたりすることも起きます。
肩こり以外でもお疲れやストレスが溜まっていくと起きる症状がありますが腰痛やぎっくり腰や椎間板ヘルニアや坐骨神経痛も疲れやストレスの蓄積で起きていますのでまた頭痛なども生理痛なども便秘などもその部分に溜まった疲れやストレスが原因の場合が多くあります。
しかし疲れやストレスというのは体をマッサージしたりもんだりしても改善できるものもありますが改善できないものも多くあります。
当院では、この疲れやストレスがどこにかまって言っているのかということを検査することをして見つけて行きます。
しかしマッサージをするだけでは疲れやストレスを見つけることができませんし改善することもできません。

サプリメントを飲んでも

ドラッグストアで売っているサプリメントでも栄養関係ですから栄養関係を服用して疲れやストレスを除くことはできません。
点滴注射を打っても疲れやストレスは解消できることはなく 点滴をしてブドウ糖を体内に入れても元気になることはありません。
低周波治療器などを体に当てても電気で刺激をしているだけですから電気で刺激をしても疲れやストレスを明るくなることはありません。
疲れやストレスが蓄積しているところを見つけて疲れやストレスを減らす努力をしないと疲れやストレスは溜まったままになっていきどんどん多くなっていきます。

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスがない生活はありませんので誰でも疲れやストレスが溜まっていますがそれを感じているか感じていないかということがあります。
最近は多くの形が睡眠不足状態になっていますのでどういう睡眠不足かと言うと寝つきが悪いかたや夜中に何回も目が覚める方や夢ばかり見て寝ている方 などは睡眠不足です。
しかし最近は多くの方が 寝ながら考え事をしてる睡眠をしています。
寝ながら考え事をして睡眠と言うの言うのは夜に寝たら朝まで目が覚めないから寝ていると思っている方がしている睡眠です。
この睡眠をしていればしているほど 脳疲労が強くなっていき脳が弱ってしまうと痛みやコリが感じなくなります。
痛みやコリが感じないし疲れやストレスが溜まっているということもわからなくなりますから体調が良いと思っているし元気だと思っているし健康だと思っています。

睡眠負債から肩こりに

眠りが浅い方ほど朝、目が覚めたらパッと動くことができます。
精神的にハイテンションになっていますから元気だし動きがよく見えますが 本当はそんなことができる状態ではありません。
脳が弱るということは脳血管にも影響を与えて詰まりやすくなったり出血傾向を起こす場合もありますし心筋梗塞や心臓の負担が大きくなっていますし他の内臓も元気な理由はありませんから。
寝ながら考え事をしている状態で夜寝たら朝まで目が覚めないという方は本当はすごく体調悪くなっていますので骨盤の歪みが大きく背骨のズレも大きく疲れやストレスが多く溜まってしまっています。

 

 

八幡東区や八幡西区と戸畑区と若松区と門司区からも多くの方が訪れている 肩こり を楽にすることをしている徳力整体院です。

トップへ戻る