肩こり

肩こりを楽にしていくためには肩こりと言うとどうしても筋肉のこりというイメージが強くありますので筋肉のコリを楽にしてしまえば肩こりを治したという感じで思う方が多いと思いますが肩こりというのは筋肉のコリだけで起きていることはあまりないと思います。
しかし肩こりの方は筋肉のコリほぐしてしまえば楽になってしまいますし、そう感じてしまいます。
肩こりの方は筋肉を揉んでも楽になってしまうこともありますし楽に感じてしまうこともありますので治ったと思うでしょうが実は筋肉だけで起きている肩こりはあまりないと思っていますのでその先にあるものも解消していかなければ本当の意味で肩こりを楽にすることをしているだけですから直しているわけではありません。
肩こり

肩こりのコリとは

肩こりのコリというのは意味不明な言葉でもありますから筋肉が疲労したり緊張したりということが凝りということだと思いますが最近は筋肉のコリだけで起きている肩こりはないということですからその先にある背骨のズレが深く関係している場合がありますが筋肉というのは骨から骨にくっついているものですから骨が少しでも動くことで筋肉が引っ張られたり緩んだりしていきますので緩んだり引っ張られたりしたものがリンパの働きを悪くなり老廃物が多く蓄積していき流れが悪くなった状態が必然的に起きていきます。
何も原因がないのにリンパの働き悪くなることはありませんし老廃物が多くたまったりすることは起こりません。
逆に何も原因がないのにリンパの働きを悪くなったりすると大変なことが起きている可能性があります。
老廃物が多くたまるということは体を動かしていない証拠ですから体を動かしたりすることでもリンパの働きが悪くなるということはないと思います。

リンパの流れで老廃物がたまる

寝たきりの方はリンパの働きが悪くなりますので寝返りをさせたりしなければいけません。
肩こりというのは筋肉のコリが起きているのかということを単純に筋肉を摘んだりするだけで判断することをしています。
当院では何事にも検査することをしていますので単純に筋肉のコリがあれば筋肉のこりから解消していくのは必然的です。
しかし検査をしてみると多くの方が筋肉のコリだけで起きているものはありませんので筋肉のコリを伴いながら背骨のズレが起きています。
背骨のズレが大きく起きていたり慢性化した状態の方は骨と骨の間にある椎間板に損傷状態が起きていきますので損傷状態が起きることを椎間板ヘルニアと言います。
肩こり

肩こりといっても

肩こりと言っても筋肉のコリや肩の重たさやだるさや痛みを感じてしまっている方も多くいます。
肩こりというのは、指先でつまむことができるのは肩こりの筋肉の部分ですから指先だけで大きくつまんだだけでは本当に筋肉が凝っているのかということも専門家の先生が判断することにはなりませんし筋肉というのも人それぞれ硬さが違います。
肩の筋肉が本当にこりを起こしているのかということを検査して見つけ出すことをしていますので単純に肩こりというのは筋肉の検査をしてみると分かりますが普通では簡単なことではありませんので多くの方が分からないと思います.
カタクリというのは筋肉のこりというイメージが強いために筋肉の凝りばかりほぐすようにして楽にすることをしていますがどうして筋肉のコリが起きるのかということを見つけ出すことはしていませんのでその先にあるものまで検査をすることはしていません.
何も原因がなくて肩が凝ったりすることもなく肩こりを起こすことはありませんので何かの原因があるから肩が凝っていると考えなければいけないと思います.。

肩こりを解消するには

しかし多くの肩こりを解消する方法というのは対症療法ばかりして治ったという感じになっていると思います。
しかし肩こりを楽にすることと肩こりの原因を見つけ出して直していくということは全然意味が違います。
肩こりを楽にしたら肩こりの原因になっているものを見つけ出すことをしています。
しかし肩こりのこりというのは意味不明な言葉ですから筋肉の緊張や筋肉疲労や固くなる現象が一時的に起きてしまうことが肩こりという感じですからどうして筋肉のコリが起きるのが緊張するのが硬くなるのかということを見つけ出さなければいけません。
何も原因がなくてリンパの働きを悪くなることもありませんし老廃物が溜まることはありませんからどうしてたまるのかということを考える必要がありますので単純に湿布を貼ったり肩こりを良くするというドラッグストアなどに売っているサプリメントを飲んだりすることも構わないと思いますがマッサージをすることも構わないと思いますけど原因を見つけ出すことをしていきたいと思っています。
肩こりを起こしている時には体調も悪く落ちていますので体調が良い時には肩こりを起こすこともなく感じることもありませんし肩こりを軽く感じていると思います。
肩こり

体調とコリとは

体調というのはいつも変化しているものですから午前中と午後でも違いますしいろいろなものごとをした時に体を動かしたりすることでも肩こりの度合いは違ってくると思います。
肩こりというのは同時に起きてしまうことが多くありますが首の痛みや首のこりまで起きていたり目が疲れているから肩が凝るという方や頭痛から肩がこるという方や色々な現象が伴って起きていますが別物として考えた方がいいと思いますけど首のコリをほぐしても肩こりは楽になることもありますから同時に重なっていると考えた方がいいと思います。
肩こりというのは起こらない人もいれば起きやすい人もいます。
人の体というのは弱い部分とそうでもない部分に分かれて存在してますので弱い部分には疲れやストレスが多くたまりやすくそうでもない部分には疲れやストレスは溜まりにくくなりますので体には強いという部分はないと思います。

生活で疲れやストレスがたまる

毎日毎日の生活をすること屋運動することや仕事をすることで体を動かしたりすることで色々な疲れやストレスが多く生み出されていきますが疲れやストレスというのは体に溜まるということが分かっていると思いますが体のどこにたまるのかということを考えている人はいませんし疲れやストレスを減らすことをしている方は少ないと思います。
疲れやストレスというのは体の中に溜まっていくことが多くありますので体には表面上の皮膚や筋肉や靭帯や脂肪や骨が存在しリンパや血管や神経が存在しています。
例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると65 K gの水分が出てきます。
つまり体重の半分以上は水分で構成されているということですから水分と言っても何でもない水分ではなく血液だったりリンパ液だったり体液だったり色々な部分に水が存在していますので細胞の中にも水分が存在していますからこの水分、全てが65 kg もの水分になって出てくるということです。
水分に疲れやストレスが溜まるということはないと思いますので後残った35 kg の中に疲れやストレスが存在するところがあるということですね。

どこにたまる疲れやストレス

35 km の中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と内臓しかありません.。
この中で疲れやストレスがたまりやすいところと考えられるのは筋肉にもたまにながら内臓に多くの疲れやストレスが溜まるということが起こります。
しかし内臓と言っても病気というわけではありませんので何でもかんでも内臓と聞くと病気の関係付けるのはやめてください。
中枢神経系の大脳や脳幹や脊髄も内臓の一部になります。
疲れやストレスというのは病気という状態ではない状態で内臓に多く溜まっていきますから内臓疲労から背骨のズレや骨盤の歪みが起きていくということが起きます。
しかし内臓といっても病院で検査するのは病気になってしまった段階で検査をしますので病気として完成してしまわない限りはいくら検査をしても分かりません。

一気に病気になることはない

健康な細胞から病気の細胞に一気に変わることはありませんのでなっていく過程で肩こりが起きてしまっているという可能性もあるということですが病気というわけではありませんので注意をしてください。
そして背骨の歪みが起きたりする原因は疲れやストレスの蓄積だけではなく最近、多くの方が睡眠負債状態になっています。
睡眠負債状態というのは不眠症とは違います。
不眠症というのは寝ようとする時に1時間も2時間も3時間も眠れなかったりするのが不眠症ですし夜寝たら1時間ごとに目が覚めることがあったりするのが不眠症になりますし夢ばかり見た感じがするのが不眠症です。
しかし睡眠負債状態というのは夜、寝ようとするとすぐに溺れて朝まで目が覚めないのが特徴なんです。
朝まで目が覚めることもなく夜もすぐ眠れてしまうために分かっていない方が多くいます。
夜寝ようとすると朝まで眠れるから寝ていると勘違いしてる方がいますが眠りというのは大脳が休養とって寝ていることだけを言います。

睡眠負債と肩こり

普通でしたら夜すぐ眠れて朝まで目が覚めなければ寝ていると思いますよね。
しかし本当に眠れているとしたら肩こり何かが起きる理由はないんです。
筋肉のコリから起きている肩こりでも長く続くこともなく慢性化したりすることもありません。
大脳が休養とって寝ていることができないと寝ているとは言えませんので眠りが浅いということは大脳が急激に弱っていきます。
大脳が弱るということは生命機能の中枢である脳幹の部分も弱っていきますので脳幹に支配されている自律神経を介して行われている内臓の支払いが滞ってしまうことがあります。
肩こりが起きている時には自律神経のバランスが狂っていますので自律神経のバランスが狂う時には体調をとしていますから疲れやストレスが溜まっている時に肩がこるということが起こります。

睡眠負債とは

睡眠負債状態が起きている時には自律神経のバランスは狂っていますので肩こりが起きても当然だんです。
肩こりを楽にするという治療法は表面上の筋肉ばかりに注目してしまっていることがありますので表面上の筋肉の解消を中心に考えている治療法が多くありますが本当の原因はさらにその奥の方にあるのが原因です。
しかしどうしても表面上の筋肉をほぐすことでも肩こりを楽にすることができるために背骨のズレや背骨のズレを起こした原因が残ったままになっています。
何事にも起きるにも原因があるから肩こりになっているわけですから原因を見つけ出すこともなく表面上の筋肉ばかりに注目してしまって楽にすることばかりしていると背骨のズレもそのままではいつまでもありません。
そして背骨のズレが起きてしまったのは内臓疲労が原因ですから内臓疲労も単純な疲労ではなくなっていくということが起こります。
楽にすることばかりしていると内臓疲労もどんどん進行していきます寿司睡眠負債状態から起きてしまう大脳の問題も進行していくということが起こります。
目が覚めないから寝ていると思わないでください。
目が覚めなくても浅い眠りがあります。
目が覚めなくても浅い眠りのことを寝ながら考え事をしている睡眠と言います。
寝ながら考え事をしている睡眠というのは目が覚めた瞬間に忘れてしまう睡眠でもありますから気がついていない方が多くいます。
大脳が睡眠負債状態で弱ってしまうと大変なことに進行していきますので悪くなりすぎたものは取り返すことはできません。
肩こり

トップへ戻る