肩こりを楽にする為には

肩こりを楽にしていこうと思うなら肩こりと言うと筋肉のコリというイメージがどうしてもつきまとってしまいますので筋肉のコリを解消することばかりに治療が集中していますが確かに筋肉をほぐすことでも肩こりを楽にすることもできますが楽にすることと原因を見つけ出して直していくということは意味からして全然、違います。
肩こり
肩こりを楽にする治療は色々な方法で行われていますが一般的には湿布を貼ったりすることでも肩こりを楽になりますしドラッグストアで売っているサプリメントや肩こり解消グッズを買ったりすることでも肩こりを楽にすることができるかも分かりませんし家族の方や専門家の先生にマッサージをしてもらったり揉んでもらったりすることでも肩こりを楽になることがありますし電気治療器、低周波治療器どこでも肩こりを楽にすることができます。

肩こりを楽にすることと直すこと

しかし楽にすることと原因を見つけ出して直していくということは全然意味からして違いますので楽にすることばかりしていても原因もいつまでも同じままではいられません。
肩こりを慢性化させる原因になってしまったり肩こりとしてではなく違う形として出てくる可能性もあります。
肩こりがどうして起きているのかということを見つけ出すことをしていないということです。
普通一般的に肩を触ることで筋肉のコリがわかるということで硬さを判断する場合もありますが筋肉というのも人それぞれ硬さが違うということがあります。

触ってわかるものではない

一概に硬さをわかるわけではありませんので表面上には何があるのかということを考えなければいけないと思います。
肩の表面上には皮膚があって皮膚も厚みや硬さがあります。人それぞれ皮膚が分厚い型もいれば皮膚が硬いかと思いますので 触ってわかるものではないと思います。
そして皮膚の下にある脂肪も厚みも違いますし人それぞれ脂肪の硬さも違います。
そして皮下脂肪の下には筋肉と靭帯がありますので筋肉や靭帯も硬さも違いますので一概に触ってわかるものではないありません。
筋肉というのは鍛えれば鍛えるほど硬くなっていきます。
いい筋肉というのは力を入れた時だけ硬くなるのが筋肉の良さです。もちろん筋肉が力がないといけませんので力があればいいというわけではありません。
肩こりを楽にするには

コリを起こす筋肉とは

いい筋肉というのは力があることに代表されて勘違いされてしまいますがいい筋肉というのは普段は柔らかくしっかりした状態の硬さと言うかそういう状態のものがあるものがいい筋肉です。
筋肉が硬いということは筋肉が老化しているということにも繋がります。
本当にもし硬い筋肉が良い状態のものであれば運動選手が早死にすることはありません。

筋肉のダメージ

しかし筋肉で死亡することはありませんので中の内臓の状態がどうなのかということもありますが内臓を鍛えることはできませんがダメージを与えることはいっぱいあります。運動したりストレッチをしたりすることでも筋肉は鍛えられますが鍛えられる筋肉は表面上の外側の筋肉だけです。
内臓というのも心臓に代表されるのが分かるように心筋という風にいますので心筋というのは筋肉で構成されているという意味なんですが心臓の筋肉を鍛えることはできませんけど負担を多くすることをしています。
運動をしたりすること急激なダッシュをすることでも息が上がるという風に言っていますが息が上がるのは心臓に負担が起きている現象なんです

内臓負担

心臓に負担をかければかけるほど心臓が弱って行き最終的には何かの状態で起きていることも不思議ではありません。
内臓に負担をかければかけるほど内臓が強くなるかと言うとそういうものではなく人の体には弱い部分塗装でもない部分が存在していますのでそうでもない部分は何も負担に感じることもなく動いていますが弱い部分はそうはいきません。
弱い部分がもし心臓であれば運動したりストレッチをしたり急激なダッシュをしたりすることでも心臓に負担が起こります。
人の体には誰でもと言うか全員に対して弱い部分塗装でもない部分が存在しています。
例えばですけど起きていない場合もありますが病気として起きている方が親戚や家族や祖父母の方がいれば、その内臓は弱いということになります。

内臓の弱さとコリ

内臓の弱さというのは病気というわけではありませんが先将来の病気につながることが多くあり親が何らかの病気を持っていたり祖父母が何らかの病気を持っていれば確実に遺伝は、つながっているわけですから弱さがあるということです。
例えばですけど親が糖尿病を持っていれば血のつながりのある親族や家族の物全ては膵臓が弱いということになりますので糖尿病になっているかなっていないかということは数値的とものだけであり結果として膵臓が弱いということになります。
膵臓の弱いかたが下痢を起こしやすくなったりアトピーなどを起こす可能性があったり乾燥肌や痒みが多くなったりします。
膵臓の弱いかたが動脈硬化症を起こしていくと高血圧になる可能性も出てきます。
肩こりを楽にするには

進行する肩こり

人というのはなっていく過程がありますので過程というのは進行していく事があるということです。
人の体というのは一年に一才歳をとるものではありませんので暦歴で計算することなく内臓の年齢が関係しているということですから内臓年齢がすべての痛みやコリを過ごしている原因になり歪みやズレの原因になります。
肩こりを起こしている場合筋肉だけで緊張や筋肉疲労を起こして乳酸が多く溜まっているということはありませんので筋肉だけという感じではなく筋肉を伴いながら背骨のズレが起きています。

疲労物質

確かに疲労物質である乳酸が多く蓄積していることが原因でリンパの働き悪くなって老廃物が多く溜まっているということが起きていると思いますが何も原因がなくて、こういうことが起きることはないということです。
何かの原因があるから症状を起こすわけですから何かの原因を見つけ出さなければいけませんが病院で行う検査で見つかることはありませんので病院の検査で見つかることは病気になってからの検査になります。
つまり病気の段階に近づけば数値的な異常が出てしまい病院の検査でやっとわかるということです。
健康な細胞から病気な細胞に一気に変化することがありませんのでなって言ってる過程というのは病気ではありませんのでいくら病院で検査をしても異常が見つかることはなく健康だと言われる場合があります。
病気になる時でも一気に病気になることはありませんので健康な細胞から病気の細胞に変化するためには1年や2年ではなく20年前後かけながらなっていきます。

内臓の弱さがコリにつながる

子供の時から何かの病気を起こすということは内臓の病気になりますので親からもらった内臓がそれだけ悪かったということになります。
遺伝というのは親から繋がっているものですから親からもらう遺伝子がどういう状況にあるのかということで産まれた、すぐの子供が病気になる可能性もあります。
生まれた状態がゼロからスタートすることはありません。
生まれた状態が60近くの数値を示している場合もありますが60近くの数字というのは80を完成状態として考えればということです。
この意味で言う完成というのは病気という意味です。
人の体には生まれつき弱い部分塗装でもない部分が存在していますのでそうでもない部分は痛みやこりにつながることはなく腰痛や肩こりや生理痛、頭痛なども起きることもありません。

疲れやストレスの蓄積

しかし弱い部分というのは弱いから疲れやストレスがたまりやすくなりますので毎日毎日の生活で運動することで仕事をすることで精神的な緊張やプレッシャーなので疲れやストレスは多く生み出されていきますので生み出されたものが体に溜まっていき内臓に溜まっていきます。
しかも疲れやストレスというのは弱い内臓に蓄積していく傾向がありますので弱い内臓が疲れやすくレスを貯めやすくダメージとして一時的に歪みやズレ起こし痛みやこりになります。
肩こりでも同じことが言えますので弱い筋肉がある方でしたら、筋肉疲労がたまりやすくなるということも起こりますが今まで、30年間肩こりを解消してきて、筋肉だけが凝りを起こしている筋肉だけが弱いという方はいませんので筋肉だけではなく、背骨のズレが重なっていますが背骨のズレも、どうしてどこから起きるのかという原因があるということです。
何も原因がないのに背骨がズレたりすることはありませんし姿勢でズレたりすることもありませんし猫背だからといって背骨がずれることはありません。
連れというのは一つの骨が横に回転したりするのがズレてす。
例えば背骨のところの真ん中を触って触れる部分を棘突起と言いますが棘突起の部分が右側に動いたり左側に動いたりすることが回転と言う連れになりますので背骨のズレになるということです。

背骨のズレとコリ

背骨がずれる時には伴いながら起きている場合がありますけど傾斜というのがあります。
傾斜というのは棘突起ではなく横の突起つまり横突起が上がったり下がったりしてることです。
背骨の多くの場合回転、傾斜で起きている場合があります。
猫背や姿勢の悪くなる場合は湾曲というのが大きくなった状態のことを言います。
背骨のズレを起こす場合は傾斜しているか回転しているか湾曲が大きくなってる状態のことを背骨のズレと言います。
しかし背骨のズレも単発でズレたりすることはありませんので裏側にどうしてズレを起こしたのかということが原因としてあるということです。
肩こりのこりを起こす時には、必ず原因があって背骨がズレて筋肉が緊張したり緩んだりして肩こりを起こしています。
何も原因がなくて背骨がずれたりすることはありませんので毎日毎日の生活で仕事をすることで運動することで精神的なプレッシャーが加わることで疲れやストレスが多く生み出されて息弱い内臓にたまることで歪みやズレを起こします。
肩こりを楽にするには
北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから徳力整体院。

トップへ戻る