肩こりとは

肩こりを楽にしていこうと思うなら筋肉のコリから始めていかなければいけませんが肩こりというのは筋肉のコリほぐしてしまえば楽に感じてしまうことがあるために筋肉のコリをほぐして施術している側は「治した」とか、受けた人は「治った」と思うことが多くあります。
肩こり
肩こりというのは筋肉さえほぐしてしまえば楽に感じてしまうことが多くあるのは事実です。
しかし、どうして筋肉はこりを起こすのかということを考えたり検査して見つけ出すことをしていませんので検査することもなくマッサージをしたり揉みほぐしたり低周波治療器や電気などをかけたりしている場合が多くあります。

肩こりとは

肩こりを楽にしていくためには色々な方法があると思いますが直しているわけではなく楽にしているだけですから湿布を貼ったりしても鎮痛効果がある薬剤で楽になることもありますし冷たい感じがする霊シップを当てても楽に感じてしまったりすることもあります・
またドラッグストアなどに売っているサプリメントを飲んでも肩こりを楽にすることがあるかも分かりませんが栄養でも筋肉のコリを和らげていくという効果があると宣伝していますので、それなりにあるんでしょうが本当の肩こりを楽にしていくためには原因を見つけ出さなければいけませんので単純に栄養でコリをほぐしても原因もいつまでも同じままではありません。
肩こりと言うと低周波治療器や電気などをかけて楽にする方法もありますが低周波治療器は特に多くの治療院で用いられている機械なんですがプラス端子からマイナス端子に定電流の電気を流すことで筋肉をもみほぐすような状態を電気でしています。
一番簡単な方法が低周波治療器をかけることですから機械さえあればこりを起こしているところに対してタイマーセットをして出力をセットするだけですから一番簡単な方法でもあります。
低周波治療器や電器

低周波治療器や電器とは

当院でも昔は何も考えずに低周波治療器や電気などを多く使っていましたが今では一切の低周波治療器や電気などを使うこともなくての技術だけで解消することをしていますが解消するためには、まずは検査が出来なければいけませんので検査する技術を磨いています。
本当に筋肉のコリがあるのかということを10段階評価すると多くの方は2、3段階ぐらい残りのある感じなんです。
今まで色々な検査をしてきましたが多くの方が筋肉というのはそれほどコリを起こしている方はいません。
何も根拠がないのに筋肉のこりだと決めつけてしまっている方は多くいますが検査をするとそれ以外のものが見つかる場合があります。

コリを専門家でさえ検査することは難しい

専門家の先生もある程度、経験のある先生でも知らない場合が多くありますので本当に筋肉のこりなのかということを検査するということは簡単な方法ではないためにかなりの熟練度が必要になるために、または研究しなければ、どうやって検査することができるのかということを考えなければいけませんので簡単な方法ではありませんが簡単な方法です。
単純に専門家の先生でも肩の筋肉を触ったりすることで硬さがあれば肩こりがあるといいますが単純にそれだけでは分からないということなんです。
肩こりを検査する時には筋肉や皮膚だけをつままなければいけませんので皮膚をつままないと筋肉を確認することができません。
大きくつまんでしまうと違うものがつまんでしまっている場合がありますので単純に何を検査するのかということを深さで検査し なければいけません。
検査する時には皮膚の硬さはどういう形さを持っているのかということを違うところを触ってみて確認しなければいけませんし全員の方が皮下脂肪が同じ硬さでも厚さでもありませんのでそれらも検査しなければいけません。
低周波治療器や電器と肩こり

肩の部分には

皮膚の下には皮下脂肪があって皮下脂肪というのは皮の下の脂肪ということですから皮膚の下の脂肪ということです。
皮膚があって皮下脂肪があってその下には筋肉と靭帯が存在しています。
筋肉の周辺に神経と血管とリンパが撮っています。
筋肉のコリが起きてしまうと筋肉が 一時的に硬くなるったり緊張したりすることでリンパの働きを悪くなり老廃物がたまって循環が悪くなるということが起こりますので何も気がなくてリンパの働きを悪くなったりすることはありませんし老廃物が溜まるということは考えられませんから何かの原因があって起きているということですから多くは筋肉の緊張や筋肉費用から起きています。

 

筋肉のコリとは

一般的に筋肉のこりというのは筋肉疲労や緊張などのことですから当然として筋肉の疲労や緊張が起きたりするとリンパの働き悪くなり老廃物は停滞気味になります。
肩こりが起きる時にはどうして肩こりが起きるのかということを考えなければいけませんので何も原因がなくて筋肉のコリが落ちたりすることもなく筋肉疲労が起きたりすることはありませんが筋肉というのは何気ない動作で色々な使い方をしていますので毎日毎日の筋肉疲労の積み重なりが緊張を起こしたりすることもあると思います。
しかし筋肉疲労から起きるこりというのは多くの場合10段階中、二段階か三段階ぐらいの場合が多くあります。
今まで30年間肩こりを解消してきて10段階中、10章レベルの8段階とか9段階とか十段階の方は一人もいませんでした。
多くの肩こりの場合、筋肉のコリもおきながら筋肉というのは骨から骨にくっついていますので骨が動いたりズレたりすることで、引っ張られたり緊張したり緩んだりしますので引っ張られたり緊張したり緩んだりしたことがコリになっています。

筋肉は

筋肉というのは骨から骨にくっついているものですから骨が動くことで一ミリでも2ミリでも3 mm でも動けば筋肉を引っ張られたりまた動いた側が緩んだりしますので筋肉のコリを起こしていきます。
しかし姿勢が悪かったり猫背だということで背骨がずれたりすることもありませんので背骨がズレたりすることも原因があります。
姿勢でずれたり猫背だからといって背骨がズレることはありませんので、どうしてズレを起こしたのかということを考えなければいけませんが日常的な動作でズレたりすることはありませんので何というのは何が原因で起きているのかという問題があります。

背骨のズレ

背骨がずれたりする原因は毎日毎日の生活や運動することや仕事をすることで積み重なって生み出されていくものが原因です。
人が生活していくだけで生きていくだけで積み重なって生み出されていくものは疲れやストレスです。
疲れやストレスというのは体に溜まるということは分かっていると思いますが体のどこにたまるのかということが一番の問題になりますが多くの方は考えてもいませんし専門家の先生も検査することはできませんので知らない方が多くいます。
検査といえば病院でしている検査というのは病気の検査ですから疲れやストレスの蓄積度藍や疲れやストレスが溜まった部分の検査をしているわけではありません。
疲れやストレスというのは体に溜まっていく傾向がありますがどこに溜まるのかという問題なんですが人の体には弱い部分と、そうもない部分が存在しています。
強いというわけではありませんがそうでもない部分というのは疲れやすですをためにくくなりますので痛みやこりになったり先将来の問題につながるということは少ないと思いますが、 人の体には弱い部分が存在していますので弱い部分がそういうわけにはいきません。
疲れやストレスと肩こり

弱い部分

弱い部分に疲れやストレスが多く溜まっていくと体は自然と骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが起きていきます。
弱い部分に溜まってしまった疲れやすですが徐々に大きくなっていくと背骨のズレを起こしていきますので弱い部分が全て関係していますから腰痛であろうと片栗であろうと生理痛であろうと便秘であろうと弱い部分に溜まった疲れやストレスが原因なんですが弱い部分というのは体質レベルで弱い部分です。
一時的に弱い部分というのは一時的に弱っているというだけであって弱い部分ということではありません。

 

トップへ戻る