肩こりが起きるのは

肩こりを解消しようと思うなら筋肉のコリを改善していくことももちろんなんですが筋肉のこりという意味は筋肉の緊張や筋肉疲労のことを合わせてこりと言いますので何も原因がなくて筋肉の凝りが起きることがありませんので何かの原因があるから筋肉のコリや筋肉疲労を起こしているのが続いているということです。
肩こりは筋肉のコリ

肩こりには原因があります

肩こりが起きる時には必ず原因がありますが原因を見つけ出さなくても楽にすることはできますが楽にしても表面上のものを楽にしているだけであり原因を治しているわけではありませんし原因を見つけ出すこともしていませんから表面上のコリを楽にしているだけなんです。
肩こりを起こす時には方というのはいつもいつも使うことが多くありますので腕や指先や肩を使うことでも多くの筋肉疲労が起きてしまい肩こりに進行していくということがありますのでいつも同じ持ちやすい側にバッグを持ったり、荷物を持ったりすることが多くありますので肩こりは起きやすいといえば起きやすいわけです。

同じことをしてもコリにない方とならない方がいる

しかし同じことをしても肩こりが起きない方もいるわけですからどうして肩こりが起きるのかどこから起きるのかということを見つけた3なければ表面上のこりを楽にすることばかりしていると原因もいつのまにか進行していきまうことがありますのでどうして肩こりが起きるのかどこから肩こりがあるのかということを考えなければいけません。
そのすることができますので検査をしてみると表面上の筋肉の硬さだけではなくどこから肩こりが起きるのかということを見つけ出すことができますが簡単な方法ではありませんけど30年の研究と臨床の成果がありますので簡単にしているようにしか見えませんが大変難しい技術です。
肩こりは筋肉のコリと疲労

筋肉の硬さだけでは決めらない

普通一般的に筋肉の凝りが起きた時には筋肉のコリを起こしている方の肩の部分などを触ってみると硬く感じでは肩こりが起きていると説明していますが筋肉にも暑さや標準的な硬さというのが全員の場合、違いますので一概に触っては来るものではありません。
肩こり起こしてきているわけですから「肩が固いですね」といえば誰でも該当するということなんです。
かたくりというのは一般的に身体全体にストレスが溜まった状態で起きていますのでストレスといっても蓄積した疲れが原因ですからストレス=蓄積疲労になりますので蓄積疲労が多く溜まった時にある現象が起きてしまうんです。

ストレスの蓄積から肩こりになる

ストレスが多くとまった方は筋肉のコリや緊張や疲労を改善できる力もなくなってしまいますので肩こりとして進行してしまうということはありますが筋肉だけで肩こりが起きるものではありませんので筋肉を伴いながら背骨のズレが同時に重なって起きています。
背骨のズレがある時に筋肉というのは骨から骨にくっついているものですから骨がずれて動いたりすると筋肉が引っ張られたり緩んだりして老廃物の蓄積が大きいリンパの働きを悪くなることで循環が悪くなってしまいます。
何も原因がなくてリンパの働きを悪くなることはありませんし老廃物が溜まるということは起きませんので何かの原因があるからリンパの働きを悪くなり老廃物が多く溜まってしまうということがあるということです。
肩こりは筋肉のコリと疲労

弱い部分にストレスがたまる

肩こりであろうと腰痛であろうと頭痛であろうと生理痛であろうと便秘であろうと弱い部分にストレスが溜まったことが原因ですからストレスが溜まっていくと徐々に弱い部分は余計によってしまいますので色々な症状が起きたりすることが内臓的にも来たり骨盤の歪みや背骨のズレとして起きてしまうことが多くあります。
体にストレスがたまるということは知っていると思いますが知ってる所ではなくよく使ってる方が多くいますがストレスが溜まる場所を知っている方はいませんし考えている方もいませんので専門家の先生も知らない場合が多くありますがストレスというのは人の体の弱い部分にたまる傾向がありますので弱い部分が肩こりに関係する部分にあれば肩こりになるということなんです。

筋肉のコリだけでは起こらない

今まで30年間肩こりを改善してきて筋肉だけ残りで肩こりを感じている方はいませんでしたので全員の方が背骨のズレを起こしている場合がありますが筋肉左衛門でしまえばまたマッサージをしてしまえば表面上のものは楽になることもありますのでその先にあるものを見つけることはしていません。
筋肉のコリだけではなく背骨のズレがどうして起きてしまうのかという原因がありますので姿勢が悪かったり猫背になることでも背骨がずれることはありませんので背骨のズレがどこから起きるのかということが一番の重大な問題になってしまいます。

筋肉のコリと背骨のズレ

肩こりになる筋肉の凝りが起きるのは背骨のズレが原因ですから背骨のズレの大きさ原因を見つけ出さなければいけませんが背骨のズレというのは毎日毎日の仕事や運動することや体を動かしたりすることで多く満たされていくものが原因ですから多くみなされていくものはストレスなんですがストレスというのは弱い部分にたまる傾向がありますので肩こりを起こす方は肩の部分が弱い場合が多くありますので詳細に言うと背骨のズレが起きてしまうのは背骨のズレが支配している部分に関係があります。
肩こりにつながる背骨のズレが起きてしまうのは背骨の部分だけで言うと横隔膜と心臓と肺に関係する場合がありますので病気ではありませんけど横隔膜の働きが悪くなっていたりして呼吸が浅くなっていたり時々咳が出たりすることが起きたり胸苦しさや息苦しさを感じる場合は横隔膜と心臓と肺が関係しています。

内臓ストレスが肩こりになる

病気ではありませんが背骨のズレを矯正できたら横隔膜と心臓と肺の検査をすることをしていますが多くの場合は横隔膜と心臓と肺に該当するものがありますのでストレスが溜まっているという状態で背骨のズレを起こしているということがわかります。
いくら筋肉を使うことをしても筋肉疲労が長く続くことはありませんので普通であれば筋肉疲労を起こしたらホルモンが分泌されて筋肉の疲労を取ってくれることをしていますのでホルモンの何かの異常が起きているのかということを考えるというよりもストレスが溜まっていて起きている現象だと考えた方が自然なと思います。
肩こりは筋肉のコリと疲労とは

TOPへ