肩こりを楽にするために

八幡東区と小倉北区で肩こりを楽にして行くなら筋肉のコリから解消しなければいけませんので筋肉を揉んでいくことで多くの方よりは楽になる場合がありますが、楽にすることも当然なんですが原因を見つけ出すことも考えていかないと。

 

肩こりを解消

 

肩こりとは

 

肩こりと言うと多くの方が筋肉のコリというイメージがどうしても付きまとってしまうため筋肉を揉んで楽になることがあるために、筋肉を解消したり揉んでいくことをすることが多くあるんですが、どうして筋肉のコリが起きたのか理由があるはずですから、揉んで楽になっても原因が残ったままになっていると、いつのまにかかたくりをこじらせたり、悪化させることもあるので注意しなければいけません。

 

肩こりといっても原因がなくて、筋肉のコリが起きることはありませんので、どこかに筋肉のコリを起こしてしまう原因があったり、自力で筋肉のコリが解消できなくなってしまっている原因があります。

 

どうして筋肉のコリが起きるのか?

 

普通一般的には筋肉のコリと言うと運動したり、体操したりストレッチしたりする方法や筋トレしたりする方法やサプリメントや湿布を貼るということが多くあります。
肩こりと言うと氷というのは意味不明な言葉ですが、一番近い言葉で説明すると肩こりのこりとは筋肉が疲労した現象のことを言うと思います。

 

日常でも肩の筋肉は使うことが多くありバッグを下げたり手荷物を持ったりすることでも筋肉を使っていますし、スマートフォンで操作する時や検索するときでも肩や肘や指の筋肉を多く使うことがあり、 いつのまにか溜まってしまうことがあるのが筋肉のコリです。

 

筋肉のこりというのは筋肉が疲労した現象から起きてしまっていますので、普通であれば筋肉の疲労は自力で解消していかなければいけないんです。
では、どうして筋肉のこりである肩こりが起きるのか?

 

筋肉のコリが起きる原因は

 

筋肉のコリが起きる原因は、いろいろな状況があると思いますが、普通一般的には筋肉を多く使うことから起きてしまうと考えたほうがいいと思いますので、肩にバッグや荷物を持ったり指先にコンビニの袋を下げるだけでも指や腕や肩に力が入っていますので力が入ることが原因で筋肉疲労が起きて行きます。

 

特別なものが原因ではなく普段の日常的な生活している時や仕事をしている時や運動している時でも筋肉を動かしたり鍛えようとしたりすることで、筋肉の疲労がたまっていくということが起きています。

 

筋肉の疲労がたまっていくと普通は正常であれば、筋肉の疲労を取ることが自力で出来るはずなんですが、自力でできることができなくなっているということで筋肉疲労が積み重なっていき肩こりとして感じてしまいます。

 

筋肉疲労を解消したり減らしたり楽にしていくためには、筋肉を押したり揉んでいくことで楽になるんですが、この現象は筋肉の疲労を取るというよりも刺激をしているだけなんです。

 

筋肉をしたり揉んだりすると代謝が良くなり、リンパの働きや老廃物が流れるということは普通に起きてしまいますが、普段の動作でもある程度は、できていることなんですが、何かの影響からできなくなっているということも考えられます。

 

しかしだからといって、筋肉をストレッチしたり体操したり、運動したりすることでも、解消することもありますが、筋肉を動かしたりすることでも、疲れが生み出されていくということも考えなければいけませんが、生み出された疲れは一時的に新しく作られた時にしか感じ取ることができないため、自分の体に溜まっているということが、わかっていないことや感じていない場合が多くあります。

 

疲れの蓄積と肩こり

 

疲れというのは何をしても生み出されていき、自分の体に溜まっていくんですが生み出されて新しく作られた時にしか、疲れた~ということは感じない為、いつのまにか自分の体にも溜まっていくことが、肩こりの原因になったり解消できない原因になっていきます。

 

新しく生み出されたり作られていくつ彼ほど怖いものはなくたまっていることに気がついていないで普段生活している方が多くいますので、 循環や代謝やリンパの問題だけではなく体にとって、どれほど負担になっているのかという問題が大きくなっていきます。

 

疲れも生み出されたり作られていくのは限界なく生み出されていきますので、自分の体に溜まっていくのも限界なくたまっていき、たまって行けば行くほど体にとっては、ストレスとして感じてしまいストレスの蓄積の朝から体は崩れを起こしたり歪みを起こして行きます。

 

疲れの蓄積が多くなれば疲労になり、疲労が多くなれば蓄積疲労という言葉があるように、体にとっては最大のストレスに繋がっていきますので、ストレスの蓄積の大阪肩こりを起こしたり自力で肩こりを回復できなくなっていきます。

 

眠りと肩こり

 

そしてさらに日常で多くなっていく疲れや疲労や蓄積疲労やストレスを減らすことが唯一の手段である眠りの問題がないことに気がついていないで、寝ている間にも疲労を溜めてしまい体の崩れが大きくなるかと思います。

 

眠りというのは脳が寝ていることだけを言いますので、どんなにスースー寝息を立てていても脳が寝ていなければ眠れているわけではありません。

 

眠りと肩こり

 

脳が寝る時間の長さや深さほど必要なものはなく グーグー寝息を立てていても、夢を見たり寝ながら考え事をしているような状況では、体の疲れやストレスがとれるわけではありませんので、どんなに美味しい焼肉やうなぎを食べても栄養豊富な体の状態を作っても無駄に終わり疲れが取れることはありません。

 

栄養は必要ですが栄養があっても、基本的な体ができていない限りは崩れが大きくなっているような状況であればまた歪みが大きくなっているような状況では、肩こりの筋肉を自力で回復することもできなくなり、寝ている間にも体に多くの疲れが蓄積していきます。

 

眠りといっても目が覚めなければ寝ていると多くの方が思っているようですが、本当の眠りは脳から寝る熟睡の状態のことだけを言いますので、朝まで目が覚めないから寝ているとは思えないと思っています。

 

しかし一度眠りが浅くなってしまえばもう寝ようとして眠れることなく、夢を見る時間が圧倒的長くなってしまったり、寝ながら考え事をしてる時間がなくなってることさえ気が付いていないで眠っている場合がありますので目が覚めないからと言って寝ているわけではありません。

 

多くの方が眠りというのを勘違いしていますが不眠症と言うと寝つきを悪くなったり夜中に何回も目を覚ますことが不眠症の一種なんですが、 睡眠負債という言葉があるように寝れば寝るほど負債を抱え込んでしまうという眠りがあるということです。

 

寝れば寝るほど負債を抱え込む睡眠というのは 非常に厄介な状況であり妄想に走っているような睡眠ですから簡単に改善できることがなく簡単に改善できない限りは肩こりが回復したり緩和したり楽になる事はなりにくいと思います 。

 

TOPへ