肩こりを良くすること

北九州市小倉北区、八幡東区で肩こりを楽にするなら徳力整体院。

 

肩こりを楽にしていくためには筋肉のコリから解消していかなければ先に進むことができないため、筋肉のコリを解消する手段として筋肉を押したり、もんだりすることで普通の肩こりなら楽になっていきます。

 

しかし肩を揉んだり押したりすることで楽になってもどうして肩こりが起きたのかという原因が残ったままになっていますので原因を見つけ出すことなく肩のこりを押したり揉んだりすることで楽にしても、原因というのは見つけ出すことをしなければ改善することもできないため本当の肩こりの原因が残ったままになっています。

 

肩こりを楽にするなら

 

肩こりと言うと多くの方がテレビや雑誌の紹介などでストレッチをしたり、体操したり、運動したり筋トレをしたりする方法やサプリメントを飲むことや湿布を貼ることで肩こりは解消して楽になると思いますが、肩こりを起こした原因があるということも分かっていたいため中途半端な解消法にしかなっていません。

 

肩こりを湿布を貼ったり、筋肉を押したりもんだりすることで一時的に楽になることはあるでしょうけど、肩こりが、どうして起きたのかという原因まで考えたり確認したりすることもなく楽にしているだけですから、肩こりを感じていない時でも原因は、いつまでも同じままではいられませんので、進行するということもあるということです。

 

肩こりと言うとテレビや雑誌でも多く紹介されることがあり芸能人の方が色々な方法で肩こりを解消しようとして良い評判を作って見たままで自分でしてみても、効果がなかったという肩こり解消法までありますので、その原因を探ることなく肩こりを解消しようとしても効果が出ないということが多くありますが、肩こりというのも原因があって起きていることだということも分かっていないためただ運動したりストレッチをしたり体操したり筋トレをしたりと多くの方法が取り上げられています。

 

肩こりを良くするなら

 

肩こりを本当の意味で楽にするためには筋肉を中心に揉むばかりしていても効果がない方も最近は多くなっていますので、原因を見つけ出すことを考えなければ、本当の意味で肩こりを楽にするというよりも、良くすることはできないと思います。

 

肩こりというのは原因があって起きてる事なんですが、肩こりのこりというのは抽象的な言葉ですから意味不明な言葉なのに普段から使っていることが多くあり、当然のように意味がわかっていないのが肩こりです。

 

肩こりの意味というのは筋肉のコリという意味がありますから筋肉疲労や筋肉の緊張や筋肉のバランスの悪さの状態のことを表していると思いますが、 そういうことをして楽になっても原因が残ったままになっていると大変な事になる可能性もありますし、 こじらせてしまうこともあります。

 

肩こりには原因がある

 

肩こりに限らず体に何かの症状が起きたり痛みやコリが起きるのは、必ず原因があって起きていることですから、原因を見つけ出すこともなく、筋肉ばかりをしたり、揉んだり電気をかけていても楽になるかも分かりませんが一過性の問題でしかないと思います。
筋肉を押したり揉んだりすることで楽になっても一時的に楽になって肩こりが軽くなるかも分かりませんが原因が残ったままになっていると整体やカイロプラクティックの見地からいうと大変なことになっていきます。

 

肩こりといっても筋肉のコリがどうして起きるのか理由があるはずですから理由を見つけ出すことは簡単な方法ではないため多くの方が肩の筋肉を揉む事ばかりしていると思います。

 

肩こりが起きる原因

 

肩こりが起きるのは特別なことが理由や原因ではなく普段から生活したり運動したり体を動かしたり仕事をしたりすることが原因で積み重なっていきますが、さらに最近はスマートフォンなどを操作することでも細いものに対して指でタッチすることさえ肩や腕や指先に力を入れないとできないため肩の筋肉には疲れが残りやすいんです。

 

疲れというのも筋肉に残って行きますので筋肉に残っていく疲れが多くなればなるほど疲労になり、疲労が多くなればなるほど蓄積疲労になっていきますので、蓄積された疲れが多くなると体にとってはストレスとして感じてしまい、疲れやストレスの蓄積が筋肉の疲労を起こし自力で筋肉の疲労を解消できなくなることから肩こりになります。

 

つまり普段、日常的に使う筋肉を使う動作、すべてが筋肉疲労を残してしまい解消できなくなったものが肩こりなんです。

 

普通は筋肉の緊張やバランスの悪さ、代謝が悪くなったりすることやリンパの働きを悪くなる事や筋肉疲労が起きても自力で解消できなければいけないんですが何かの原因があって自力で解消することができなくなって肩こりとして感じてしまうわけです。

 

運動することで肩こりが

 

例えばカタクリと言うと筋肉を鍛えたり筋トレしたりすることでも、多少は改善される場合があるんですが多少は改善されても原因が残ったままになっています。

 

カタクリだからといってストレッチすればいいというわけではなく、肩や肩甲骨を動かせばいいというわけではなく、筋肉が弱ってるから肩こりが起きているんだと考えて筋トレしたりすることは逆のことをやっていると思いますので、あまりお勧めはしません。

 

肩こりは体の崩れから

 

当院では整体とカイロプラクティックの見地から説明をしていますが、肩こりと言うと体の崩れが一番の原因で身体の崩れ起こしていると筋肉のバランスが悪くなりやすく、老廃物やリンパの問題が起きて会社が悪くなることも起きて筋肉のコリが起こりやすく、自力で回復できない状態になっていると思います。

 

体の崩れを起こす原因というのは普段の生活している時に生み出されていく疲れが原因なんですが疲れというのは新しく作られたり生み出された時にしか感じ取ることができないためたまっていることさえわかっていないことがあり、いざ何かの症状が起きてしまってやっと状態が良くないと感じてしまうことがあります。

 

毎日の生活や仕事や体を動かしている洗えることで疲れは生み出されていき生み出された疲れはなくなるものと、残って自分の体にたまるものに分かれます 。

 

なくなっていくお疲れは解消されて体に何かの症状を起こしたり、ダメージを与えたり肩こりになる事はありませんが、自分の体に残る疲れの蓄積が多くなればなるほど、疲れは限界なくたまっていきますので、たまれば溜め込むほど、体の崩れを起こしていき肩こりを起こしたり自力で肩こりを解消できなくなっていきます。

 

自力で肩こりを解消できるうちはいいんですが、疲れやストレスが多く玉あれば溜め込むほど筋肉の解消をできなくなったり筋肉のバランスが悪くなったり、さらに背骨のズレを起こしていきます。
これが当然の結果として肩こりになっていきます。

 

肩こりを解消するなら

 

肩こりを解消するなら全身の疲れを取る必要があるんですが初回から全ての疲れを取ってしまうと余計ダメージになる場合もありますので、1回目と2回目ぐらいは肩の部分を中心に筋肉疲労を取って行きますが肥料の取り方は見て見てわかるものではありませんが筋肉から揉んでいく行為をしますが筋肉を揉んでいるだけではありませんけど目に見えないだけです。

TOPへ