肩こりには

肩こりには

コリを楽にする肩こり解消法

肩こりを楽にしていくには肩こり の原因になっている筋肉ばかりに 注目されて筋肉を解消することでもよくなってしまうのでまたわからなくなってしまうので筋肉のコリを解消して肩こりを治したと思っている場合が多くあります。

 

しかし肩こりというのは筋肉のこりだけで起きていることはあまり少なく 本当の原因があって肩こりになっています。

 

肩こり

 

しかし肩こりと言うと湿布を貼ったりしても肩こりが楽になることもありますし 家族の家 専門家の方にマッサージをしてもらっても肩こりが楽になることもありますし 低周波治療器などの電気などでも肩こりが楽になることがありますし 肩こりを解消するというサプリメントを飲んでも肩こりが良くなることもあるかも分かりません。

 

しかし先ほども言いましたように肩こりには肩こりの原因があるから肩が凝っています。

 

この肩こりを起こしている原因を見つけることもなく探すこともなく 起業することが 対症療法という治療ですが原因を残したままで肩こりを治したと思っています。

 

肩こりには原因がある

 

肩こりを起こしたり繰り返し肩が凝ったりすることは多くの方に見受けられるものなんですが ほとんどの肩こりには原因があってこりを起こしていますのでリンパの流れが悪くなったり循環が悪くなったり筋肉の緊張が起きたりするということは原因があって起きています。

 

何も原因がなくて肩こりが起きたり肩が凝ったりということはありませんので原因を見つけていくことも必要な方法です。

 

しかし肩こりの原因になってるものは大変分かりづらく検査をすることができないと原因を見つけることもできませんから当院の院長は30年の経験から 検査することを磨いてきましたから精度の高い検査技術を有しています。

 

院長は肩こりを検査することををしていく時には筋肉のコリや靭帯残りが本当にあるのかということから検査をしていきます。

 

もし本当に筋肉のコリや靭帯のコリがあればそのこれから解消していくことをしますが それだけではありません。

 

その先にあるものが存在するのかまたは存在しないのかということまで検査で見つけていかなければ筋肉のコリだけほぐして 筋肉だけやら柔らかくして肩こりが良くなったと思うことはありません。

 

筋肉のコリや 緊張が

 

筋肉のコリや緊張がどうして起きて肩こりになっているのかということを見つけていく必要がありますのでそのためにもいらないものを解消していくようにしなければ また軽いものから解消していくようにしなければ原因は見つかりませんし反応もしません。

 

当院では肩こりの原因になってるものから検査することができますので検査することで肩こりの原因になっているものを見つけることができますが単純なことではありませんので何も考えずに 肩をマッサージしたり電気治療器や低周波治療器をあてるという対症療法ほど簡単なものはありません。

 

肩こりをしていくためにはただ気持ちが良くすれば良いというわけではなく実際にどうして筋肉のコリが起きているのかということを探っていく必要があります。

 

筋肉の凝りが起きる理由

 

筋肉のコリが起きる理由を見つけていくためにも入らないものから改善していかなければいけませんし軽いものから改善していくようにしています。

 

肩こりを良くしようと思うなら筋肉のこりから改善できたらその次にあるのは背骨の歪みやズレです。

 

必ず筋肉が こりが起きる場合は背骨の歪みや擦れが重なって起きていますのでその重なりから改善していかなければ肩こりは良くなってくれません。

 

筋肉は骨から骨にくっついていますので骨が歪むことで緊張したり引っ張られたり掘り起こしていきますからコリを起こせばもちろんリンパの流れも悪くなって老廃物が多く溜まってしまって循環が悪くなったり代謝が悪くなるのは当然です。

 

歪みやズレが起きる原因

 

しかし歪みやズレが起きる原因がありますので何も原因がなくて中枢神経系を守っている背骨が歪んだりズレたりすることはありませんから その歪みが起きている原因を見つけていく必要があります。

 

背骨は中枢神経系を守っていますのでそんなに姿勢などで曲がってしまったら大変です。

 

背骨というのは 背骨の中に間があって空間があって脊髄を守っている部分が背骨ですから背骨がないと タコのように 体を維持することができませんから背骨は必要な部分ですがどうして背骨の歪みは何が起きたのかという原因があります。

 

原因を見つけていくことも大切な肩こりを解消していくための手段だと思います。

 

体質改善の治療

 

当院では肩こりを改善していくためには体調からあげて整えていく治療と体質改善という治療で肩こりを治していくことができる治療があります。

 

体には多くの疲れやストレスが溜まっていますので自分でも気がつかないくらい多くの疲れやストレスが溜まっていきますがこの疲れやストレスというのは一体どこにたまるのかということが一番の問題になります。

 

体が疲れたとかストレスが溜まったと簡単によく考えもせず使っているのが我々ですがこの疲れやストレスというのは筋肉にもたまりますが 他にも溜まる場所があります。

 

疲れ、ストレスが溜まる場所

 

疲れやストレスがたまるところは 病気ではありませんが内臓です。

 

内臓と言っても即病気というのを結びつけることではありませんが 多くの疲れやストレスは 内臓に溜まっていて内臓疲労を起こしながら どんどん際限なく限界もなく溜まっていきます。

 

疲れやストレスが溜まる時には限界はありませんので 最大限様溜まっていきますから オーク貯まれば貯まるほど 溜め込むことができますので溜め込んでしまえば内臓が炎症を起こしたり腫れたり 内臓疲労から起きる歪みというのが起きていきます。

 

しかし内臓が炎症を起こしたり腫れたりというものは病気ではありませんので 病院に行っても検査をしても異常なしという場合が多くありますし自分で何かの症状を感じて病院に行っても病気になって完成していなければ 尿検査や血液検査やレントゲンなどでは わかりません。

 

病院では病気の専門家

 

病院というところは病気の専門家なので病気になってしまって完成してしまわないとまたは完成する前でしか数値で 異常を見つけることはできません。

 

病院というところは病気として完成した方が検査に訪れると陽性反応が出て病気という診断がつきますが 多くの方が異常を感じても病院に行って検査をしても異常なしとか健康とか言われる場合が多くありますがこれは異常なしでもないし 病気でもありませんが健康ではないという意味です。

 

何かの痛みやこりを感じる時には健康とは言い難く何かが起こっているわけですがその何かが起こっているということがわからないだけです。

 

肩こりというのは

 

肩こりというのは 肩こりになっていなくても歪みはずれが起きている方が多くいますので コリを起こしているか起こしていないかということにつながっていきますが肩こりもいつも悪いわけではなく時には軽く感じたり何かに集中したりしていると肩こりを感じないという方も多くいますから肩こりは自分の体調に左右されると思った方がいいと思います。

 

体調が落ちてしまったり集中力が欠けた時に一気に肩こりになる方もいます

 

肩こり を楽にしていくためには 肩こりの原因になっているものから見つけて確認していくようにしています。

 

肩こりというのは筋肉のコリのことなので いつも使う肩や腕の筋肉を使いすぎていると筋肉にも疲労や疲れが溜まってしまって コリを起こしたり緊張が高くなるということが起こりますので起きると肩こりになります。

 

別に肩や腕を酷使しなくても、いつも使っていると休める暇もなく使っていると筋肉は次第に疲労や疲れやストレスを溜めてしまうということが起きてしまいますので筋肉が弱ったり疲れたりストレスを食べたりすることが多くなってリンパの働き悪くなったり循環が悪くなったりして老廃物が多く溜まってしまって肩こりになります。

 

人や肩や腕を使う時には無意識な状態で使っていることが多くありますので無意識に使っていても筋肉疲労は起きていきますので筋肉疲労が起きれば起きるほど筋肉は疲れたりストレスを溜めたりして疲労していきますから疲労すればするほど筋肉は硬くなって緊張したりしていきます。

 

筋肉疲労から肩こり

 

筋肉疲労というのは大変多くの方に起きていますのでスポーツをしたり運動したりストレッチをしても解消できるものではないという方が多くなっています。

 

重たいものを急に持ったりして黒子をするということもありますし弱っていれば使うことでそれだけでも酷使するということにもなります。

 

別に特別なことをしなくても弱っている状態で腕や肩を使うことが多くなったりしていると筋肉疲労はさらに広がっていきます。

 

筋肉疲労が広がると肩こりになります。

 

少し肩こりが良いからといって筋肉を使いすぎたり肩や腕を使いすぎることが黒子につながっていますので筋肉も疲労したり衰弱したりということが起こりますから筋肉が問題を起こしている時に何かをしたら余計に肩こりになります。

 

最近は多くの形が携帯を持っていますのでガラケーであろうとスマートフォンであろうと肩や腕に力が入っていることが多くありますので細かい文字を打ったりすることでも肩に 力が入ったり腕に力が入ったりすることでも筋肉は緊張したり疲労したりストレスを溜めたりすることがありますからそれだけでも肩こりになります。

 

本などを読む動作でも本を持つことでも肩に力が入っています。

 

いつも持ちやすいからといって同じ方ばっかりにバッグを持ったりすることでもいつも意識していることが多くなりますので開けているだけでも肩に力が入っています。

 

筋肉も疲れる

 

力が入ることが長くなればなるほど 筋肉疲労は進行していきますので肩こりになります。

 

ショッピングなどをする時でも 重たいものを持ったりすることでも軽いものでも意識することで持つことができますので意識すればするほど 筋肉疲労は起きていき肩こりになります。

 

寝ている時に腕枕をすることでも腕や肩が変な状態の維持になりますから筋肉疲労は起きていき肩こりになります。

 

車の運転を長時間する時でも肩は力が入りぱなしになっていますので肩に力が入れば肩こりになるのは当然です。

 

いつも使う方ですから筋肉疲労はいつでも起きやすくなっていますから筋肉疲労が起きれば肩こりに繋がっていくということが起きてしまいます。

 

しかし筋肉だけで起きていく肩こりというものはあまりないと院長は思っています。

 

筋肉疲労だけで肩こりもありますが多くの場合は筋肉と背骨や首の骨の歪みとして筋肉が緊張したり硬くなったりして老廃物が多く溜まってしまってリンパの流れが悪くなったり循環が悪くなったりということで肩こりになっています。

 

背骨の歪みや背骨のズレが原因で筋肉は骨から骨にくっついていますので骨がずれることだ と筋肉も緊張したり硬くなったりして肩こりに繋がっていきます。

 

何も原因がないのに筋肉が疲労したりストレスを溜めたり疲れを溜めたりすることはないと思いますので何かの原因があるから肩こりに繋がっていると考えた方がいいと思いますので多くの場合の肩こりの場合 首の骨や背骨がずれたりすることで筋肉が引っ張られたりして肩こりになっていると思われます。

 

当院では肩こりの方の筋肉は、まずこりをほぐすことから始めていきコリがほぐれてきたら背骨の歪みやズレを見つけていくことをしています。

 

今まで30年間肩こりを解消してきましたが 全員と言っていいほど筋肉のこりだけで起きている隔離はありませんでした。

 

全員が背骨や首の骨が歪んだりずれたりして筋肉の緊張が起きているという方ばかりでした。

 

しかし首の骨や背骨の歪みというのは原因があって起きていますので中枢神経系を守っている骨などが姿勢などで曲がったりすると大変なことになります。

 

ですから重たいものを持ったりすることで背骨や首の骨が曲がったりずれたりすることはありませんし ショッピングなどをして重たいものを持っても曲がったりすると中枢神経系を守れなくなります。

 

肩こりの原因として主なものをあげるとしたら疲れやストレスの蓄積です。

 

疲れやストレスが多ければ多いほど溜め込んでしまうことができますので疲れやストレスの蓄積というのは限界がなく溜まっていきます。

 

疲れやストレスというのは筋肉にも溜まっていきますがさらに多くの疲れやストレスはある部分に溜まっていきます。

 

いつも何も考えずに食事をしたり空気を吸うことをしていますが空気を吸うことでも疲れやストレスが溜まってしまえば溜まってしまうほど弱っていきますので吸えなくなったりしていることが多くあります。

 

つまり内臓が弱ることが背骨や首の骨の歪みやズレを起こしています。

 

毎日の生活や仕事や眠りの浅さや精神的なプレッシャーなどで疲れやすレスは溜まっていきます。

 

疲れやストレスがたまりば貯まるほど内臓に蓄積していきますので内臓疲労として起きていき内臓疲労から内部が崩れていき内部の崩れから背骨の歪みや首の骨の歪みになります。

 

内臓疲労から内臓の調子の悪さを感じるかと思いますがはいで言うと咳が出やすくなったり息苦しさが起きたりまた心臓などに疲れがたまることもありますから心臓に好かれるやストレスがたまりば貯まるほど 動悸が起きたり息苦しさが起きたり不整脈が起きたり時々胸のあたりがチクッと一瞬痛みが起きることがあります。

 

内臓疲労から肩こり

 

内臓疲労というのが骨盤の歪みや背骨のズレを起こす原因です。

 

しかし内臓疲労ですから病気ではありませんから内臓と言うと何でもかんでも直結して病気と考えるのはよしてください。

 

体にある無数の内臓というのは日々働いてくれているから動いたり食事をしたり消化をしたり呼吸をしたりすることができますが日々勝手に動いていることではありませんしエネルギーを使いながら働いてくれています。

 

内臓が働いて評価をしていることでエネルギーが生まれますが内臓が弱っていくとエネルギーの生産量が減っていきますのでエネルギーの生産量が減っていけば体は疲れやすくなったりします。

 

エネルギー発散量が多くなればなるほどまた商品の量が多くなればなるほど背骨の歪みやズレとして自分に感じさせるということで肩こりを起こしていることが多くあります。

 

内臓から起きる前というのは痛みやコリとして自分に感じさせることしかできませんから。

 

内臓の病気になる前に痛みやこりとして起きています。

 

何度も言いますが内蔵という単語や言葉が出てきますが病気というわけで言ってるわけではありませんのでご注意したりしてください。