筋肉のコリから解消する肩こり

筋肉のコリから解消する肩こり

肩こり

肩こりを解消するためには何をしたらいいのか考える必要がありますので筋肉ばかりが肩こりの原因になっているわけではありません。

 

肩こりを解消するためには、まず何よりも筋肉を中心に考えるようにしていて筋肉が柔らかくなるようにマッサージをしたりということが多くありますがもちろん当然として筋肉からほぐさなければいけないんですが筋肉ばかりほぐして終わりというわけではないということです。

 

肩こり

 

肩こりを解消するために

 

肩こりを解消するために多くの治療院では湿布を貼ったり病院に行って注射を打ったり薬をもらったりサプリメントやドラッグストアで売っている健康食品を試したり家族の方に揉んでもらったり叩いてもらったり 針をしたりお灸をしたり指圧をしたり 低周波治療器や電気などをかけたり整体院やカイロプラクティック院に行ってボキボキしたりすることが多いようですが、どれもこれも対症療法ばかりしていますので対症療法ばっかりしていると原因が、いつまでも残ったままになっていますので進行していくということがあります。

 

肩こりを解消しようとする対症療法という治療法があります。

 

対症療法とは

 

対症療法という治療法は多くの治療で肩こりを楽にするために使われている方法です。

 

対症療法という治療法は原因何かは関係なく、ただ、コリを感じているところを 楽にしていく治療法です。

 

対症療法というのは遠い言っても用いていますがまずは肩こりを楽にしなければいけないために対症療法をしていますが当院では対症療法するときも検査することをしています。

 

違いというのは肩こりを見た目だけで判断することは大変難しくどんなプロの方でもできないということですからただ触ってみて筋肉が硬いと感じるというのは 肩こりを起こしているわけですから当然の結果になってます。

 

肩こりの方が治療に行くと筋肉が硬くなってますねと言われることが多くありますが肩こりを起こしているわけですから当然の結果だということです。

 

肩こりとは

 

肩こりというのは筋肉のこりという意味がありますが筋肉のこりというのは意味不明な言葉でもありますので 筋肉が緊張したり筋肉が疲労したり筋肉が一時的に硬くなる現象のことを言います。

 

筋肉が硬くなってしまうと リンパの働きが悪くなり老廃物が多くたまることで循環が悪くなってしまうのは当然の結果ですから 何も原因がなくて筋肉が硬くなることもなくリンパの働きが悪くなることはありませんので老廃物が多くたまるということは体に多くの何かが起きている証拠になります。

 

何も原因がなくてリンパの働きが悪くなることはありませんし 老廃物が溜まるということは考えられないということですからリンパマッサージというのも意味はないので軽いマッサージということになりますので単純にリンパが流れてしまうというのは あると思いますが維持できないと思っています。

 

肩こりの原因

 

肩こりの原因というのは 筋肉の凝りを伴いながら起きている背骨のズレに原因があります 背骨のズレが起きてしまうと筋肉は骨から骨にくっついているものですから骨が動くことが原因で筋肉は引っ張られたり緩んだりしますのでリンパの働きが悪くなり老廃物が溜まって循環が悪くなることから肩こりなっていきます。

 

しかし何も原因がなくて背骨がズレたりすることはないし姿勢が悪かったりしてもずれることはありませんし、猫背だからといってさ骨がずれるかと言うとそういうものではありません。

 

背骨のズレを起こすとは

 

背骨のズレを起こす原因として一番に考えられるのは 毎日毎日の生活や運動することや仕事をすることや歩いたりすることや階段を上ったり下りたりすることや買い物をして歩き回ることや散歩することや スマートフォンなど暑かったりすることが原因って積み重なっていって生み出されることが原因です。

 

積み重なるものというのは何をしても多くなっていきますし逆に何もしなくても多くなっていくものが体に溜まって行って肩こりになっていきます。

 

今まで多くの方と肩こりを楽にすることをして行きましたが、筋肉の凝りからほぐすようにしていますので筋肉のこりというのは、筋肉の緊張だったり筋肉疲労だったり筋肉が一時的に硬くなることでリンパの働きが悪くなり老廃物が多く蓄積していき 肩こりになるということです。

 

しかし当院では普通では出来ない検査をすることができますので検査をしてみると肩こりというのは筋肉だけで起きていることはないと検査結果を見ると分かっていますが多くの治療が検査することはできないから単純に凝りを感じている ところに対して何かをしているという治療が多く見受けられますので対症療法という治療法になってしまっています。

 

対症療法とは

 

普通一般的には対症療法という治療方が多く見受けられますが 湿布を貼ったりすることも対症療法の一つですけど家族の方に肩を揉んでもらったり叩いてもらったり することや専門家の先生にマッサージをしてもらうことや鍼灸をすること指圧をすることなども対症療法の一つです。

 

対症療法という治療方は当院でも楽にするために用いていますが 当院では検査することをしてどういう状況になっているのかということを確認しながら矯正にあたっていますので何も考えずに何も検査することができない状態で治療を行うことはありません。

 

普通一般的には目で見て確認するしかありませんので当院ではそういう状況も確認の手段として用いていますが検査することをしていますので検査をしてみると、肩こりの筋肉の度合いがどれぐらい凝りを起こしているのかということを見つけ出すことをしていますし解消法も揉んだりまさにしたりということはしていますが、その先にあるものを解決するためにマッサージをするような手段として用いています。

 

肩こりは原因から

 

肩こりというのは原因が存在しますので筋肉のコリだけで起きていることはなくどうしてこりが起きてしまったのかなどやコリが 改善しないのかということを考えなければいけませんのでただ単に肩こりで筋肉だけを揉んでマッサージをしたりして楽にすればいいというわけではありません。

 

一番簡単な対処法というのが湿布を貼ったり何も考えずにマッサージをしたり揉んだり低周波治療器が電気などをかけたりすることだと思いますのでそんなことをしていたら原因は見つかることもなく考えることもないからです。

 

肩こりを起こしてきているわけですから筋肉のコリや筋肉が硬くなるということは普通に起きていますので 筋肉が硬くなれば肩こりがひどくなっているネットを言われるのは当然のことです。

 

肩こりは背骨のズレ

 

肩こりというのは背骨のズレから起きていますので背骨がズレてくると 特別なものではありませんので、疲れやストレスの蓄積から背骨はずれてくるんですが、筋肉というのは骨から骨にくっついているものですから、骨が動いたりすると、筋肉が引っ張られたりいるんだりしてリンパの働きが悪くなり老廃物が多く蓄積していき循環が悪くなることから肩こりになります。

 

しかし背骨のズレが普通に起きている場合があっても原因があるから背骨はずれているわけですからどうしてどこから起きるのかということを考えなければいけませんので全ての原因があるということですから原因から改善していかなければ筋肉だけのこりをほぐしたりマッサージをしても 感じていない期間があるだけで原因は残ったままになっているということです。

 

肩こりとは

 

肩こりというのは背骨がずれて筋肉が引っ張られて緊張したり筋肉疲労を起こして一時的に硬くなる現象を言いますが一時的に硬くなると言っているんですから永久的に固くなる筋肉というのもありますので永久的に固くなる筋肉というのは老化した筋肉です。

 

筋肉も一時的なものではなく永久的に老化して硬くなる筋肉というのも存在しますので筋肉が硬くなればなるほどひどく肩こりを感じている方もいれば麻痺した状態で肩こりを感じなくなる場合もあります。

 

肩こりを麻痺させてくると中に神経や血管を通っているので神経は特に腕に行く神経ですから握力が低下したり物を落としそうになったりこわばりが出たり手がしびれたりという色々な状況が起きて行きますので筋肉のコリもほっといていいわけではありません。

 

肩こりを楽にするためには筋肉のコリから解していかなければいけませんので筋肉のコリをほぐすために筋肉を揉んだり押したりマッサージをしたりと言う感じで筋肉からほぐしていくようにしますが筋肉だけで起きている肩こりというのはあまりありませんので筋肉のコリの先にあるものを見つけ出さなければ本当の意味で肩こりを治すと言う事は言えないと思います。

 

しかし肩こりの治療と言うと多くの治療法が存在しますのでストレッチをしたり肩や腕を動かしたりすることも多く使われている方法なんですが可動域を拡大した左肩甲骨を犯したりと言うことで肩こりを解消しようとしたり湿布を貼ったりすることやサプリメントを飲んだりすることや家族の方に揉んでもらったり叩いてもらったり専門家の先生にマッサージをしてもらったり低周波治療器や電気などをかけたり温めたりと言ういろいろな方法があると思いますがどれもこれも対症療法と言う治療法になっています。

 

対症療法とは

 

対症療法と言う治療法は多くの治療院で行われているものなんですが多くは痛みやコリを感じているところに対して何かをすると言うことなので中心が症状を感じている部分になりますので原因何かを見つけることもなく検査することもなく症状を感じているところに対して湿布を貼ったりマッサージをしたり電気を当てたりと言うことですから原因が残ったままになっていると言うことも考えなければいけません。

 

何かが体に起きるときには必ず原因が存在しますので原因を見つけ出すこともなく表面上の痛みやコリを楽にすることばかりしていると原因もいつの間にか進行していくと言うことが起きてしまうんです。

 

何かの症状を感じていなくても原因は少しずつ進行して悪くなっていきますので表面上の痛みやコリと言うのも原因が存在しますので原因から変えていかなければ原因を進行させてしまうと言うことがあると言うことです。

 

しかし肩こりと言うのは筋肉のコリと言うイメージがありますので筋肉のコリからほぐすようにしています。

 

筋肉のコリとは

 

筋肉のコリと言うのは筋肉疲労のことであり緊張であり筋肉が一時的に硬くなった現象のことを言いますので肩こりで訪れて生きているわけですから治療院やマッサージにいかれると肩が硬くなってますねとか肩が張っていますねと言う感じで言われていると思いますが当然のことだと思います。

 

肩こりで行っているわけですから何らかの状態が起きていないと肩こりとして感じ取ることができませんので肩の筋肉が緊張したり硬くなったり披露したりと言うことで起きていると言う事ですから肩こりになっているわけですから。

 

肩の筋肉が緊張したり硬くなるとリンパの働きが悪くなり老廃物が多く蓄積してしまい循環が悪くなることから肩こりになります。

 

肩こりの原因

 

しかし何も原因がなくて肩こりが起きることがありませんのでどうしてどこから肩こりが起きているのか筋肉疲労が起きているのか筋肉が一時的に硬くなる現象が起きているのかということを見つけ出さなければいけませんので検査することができないと単純に押したり揉んだりしたり電気をかけたり湿布をかけたりと言うことになります。

 

肩こりの原因とは

 

多くの場合肩こりの原因と言うのは筋肉のコリから起きているわけではなく背骨のズレが重なって起きていますので背骨のズレも特別なものでもなく普段日常的に起きている現象です。

 

筋肉と言うのは骨から骨にくっついているものですから骨が動いたりずれたりすることで筋肉が引っ張られたり反対側は緩んだりしますのでリンパの働きが悪くなり老廃物が多く蓄積していき循環が悪くなることから肩こりとして起きていきます。

 

しかし背骨のズレも原因があるから背骨がずれているわけですから何も原因がないのに背骨がずれる事はありません。