肩こり

 

肩こりを解消する為には、肩こりというと筋肉のコリというイメージが強いので、筋肉のコリから改善するようにしていますが、筋肉の凝りというのは筋肉疲労や緊張で固くなった現象を言いますので、固くなってくるとリンパの働きが悪くなって老廃物が多く蓄積していき、循環が悪くなり余計に筋肉の緊張が進んでしまいますので肩こりとして感じてしまうということが起きてしまいます。
肩こりがどうして起きるのか、何が原因で肩こりになるのかということを見つけ出さなければ本当の意味で肩こりを解消することはできませんので、肩こりを楽にすることはできるかも分かりませんが、解消することをしないと繰り返しやすく戻りやすく、また悪化させやすく、さらに違った形として肩こりの原因になってるものが出てくる可能性があります

 

肩こりというのは原因があるから肩が凝っている訳ですから、単純に筋肉のコリや緊張や疲労だけで起きているということはあまりないと思いますけど、肩こりというと筋肉をマッサージしたり電気治療器をかけたりすることで楽になってしまって分からなくなりますので楽にすることと治すということは意味が違うという風に説明をしています

筋肉のこりとは

肩こりを起こす時には、筋肉のコリというイメージが、どうしても強いために筋肉のコリをほぐすようにしていますが、筋肉の凝りというのは筋肉疲労だったり緊張だということで、コリという意味になりますので、どうしてこれが起きるのかということを見つけなければいけないということなんです。

 

筋肉のコリというのは、筋肉疲労からは起きていますので、筋肉が疲労していくと緊張することで筋肉のリンパの働きが悪くなって老廃物が多く蓄積していき、循環が悪くなることで肩こりを拡大させてしまいます

 

肩こりというのは、筋肉疲労から起きているものと、それ以外から起きている者に分けることができます

 

筋肉の疲労から起きているものは、長期間悪くなることはなく、繰り返し起きるということもありませんので、それ以外のものが考えられるということなんです。

 

しかし、どうしてもその先にあるものを見つけ出すことは簡単ではありませんので、目の前にある筋肉の緊張や疲労を解消することでも肩こりは楽に感じることができますから楽にすることをして肩こりを散らしてしまっているということがあります

筋肉のコリをほぐすには

筋肉のコリをほぐしていくためには、湿布を貼っても楽になることはありますし、ドラッグストアなどに売っているサプリメントを飲んでも肩こりは楽になることもありますし、マッサージをしても肩こりを楽にすることはできますし、低周波治療器などの電気をかけても肩こりは楽になることもあります

 

しかし、肩こりを楽にすることというのは大変多く用いられている対象療法という治療法のひとつですから、原因なんかは関係なく単純に肩こりをラクにすることばかりしているのが、対症療法の治療法などで対症療法というのは湿布を貼ったりすることやサプリメントを飲んだりすることやマッサージをすることや、低周波治療機で電気をかけるということは対症療法の1つです。

 

対象療法という治療法の中には、マッサージをすることや湿布を貼ったりすることやサプリメントを飲んだりすることも入りますし、低周波治療器などの電気をかけることを言うことも対症療法の1つです。

 

対症療法というやり方の治療法は一番簡単というか原因を考えることもなく、ただ揉んだり、かけたりするだけや飲んだりするだけですから、何も解決策にはなっていないんです。

 

肩こりがどうして起きるのかということを見つけ出すことをしなければいけません。

肩こりの原因

肩こりの原因を見つけ出さなければいけませんので、筋肉の問題が肩こりを起こしている方もいると思いますし、それ以外の原因が存在して肩こりになっている方がいます

 

肩こりというのも原因があるから、起きているわけですから、原因を見つけ出さなければいけませんので、当院では原因の検査をする事をしています

 

本当に筋肉のコリだけで肩こりが起きているのか、それ以外のものが存在するのかということを見つけ出すようにしていますので、単純に筋肉だけ揉みほぐしたり、マッサージしたりして肩こりを楽にしたからといって、それで安心していることはできません。

 

当院では30年の肩こり解消の経歴がありますが、今まで1人も筋肉のコリだけで起きている肩こりの方はいませんでした。

 

肩こりを起こしている原因を見つけ出さなければいけませんが、多くの場合、筋肉のコリだけで起きている肩こりはないということですから、検査することをして見つけ出すことをしています

肩こりを検査する

肩こりの原因を検査して見つけ出すことをしていますので、筋肉のコリからもちろん解消するようにしていますが、その先にあるものは多くの場合、背骨の歪みやズレです。

 

筋肉というのは骨から骨にくっついているものですから、骨が動いたりズレたりすることで筋肉は引っ張られたり緩んだりしていきますので、引っ張られたり緩んだりすることが原因で筋肉が緊張したり緩んだりということで硬くなっていきます。

 

肩こりというのは、筋肉のコリが起きるのは背骨の歪みやズレが原因なんですが、背骨の歪みやズレも何も原因がなくてズレたり歪がんだりすることはありません。

 

そして、よくズレや歪みというと姿勢が悪いとか猫背だから曲がっているのかと聞かれるのが多くありますが、どうして姿勢が悪いのか猫背になるのかということを考えていないで猫背だから姿勢が悪いから歪むということはありません。

 

背骨というのは、中枢神経系を守っているものですから、簡単に姿勢が悪かったりすることで曲がったりすることもなく、猫背だからといって曲がったりすることはありませんし、姿勢が悪くなるのも猫背になるのも原因があるから猫背になったり姿勢が悪くなったりということです。

歪みやズレの原因

肩こりを起こすのは歪みやズレが原因だと説明しましたが、どうして歪みやズレが起きるのかということが検査する事で見つけ出すことをしなければいけませんので、検査をしてみると大変なことが分かってきます。

 

肩こりというのは、密接に内臓と関係があるということなんです。

 

内臓と言っても病気と言ってる訳ではなく、内臓に疲れやストレスが溜まっているということが分かったのが一つの肩こりの原因になっているというものです。

 

毎日毎日の生活する事や掃除をすることや洗濯をすることや食事をすることや車の運転をすることや仕事をすることや運動することやジョギングをすることや歩いたりすることなどが多くあると身体には多くの疲れやストレスが溜まっていきます。

 

この疲れやストレスが、どこにたまるのかと言う事が一番の背骨のズレを起こしている原因になります。

肩こりを起こす原因

肩こりを起こす原因は毎日毎日の生活や運動や仕事をすることで疲れやストレスが多くなっていくのが原因なんですが、疲れやストレスが多くなるという割には疲れやストレスがどこに溜まるのかということを考えている方は少ないと思います。

 

疲れやストレスはどこに溜まるのか。

 

疲れやストレスというのは、内臓に貯まるという風に説明をしましたが、内臓と言ってもなんでもかんでも病気というのを、すぐ考えることなく、内臓に疲れやストレスが溜まることが多くあります。

 

多くの疲れやストレスというのは、筋肉にもたまにながら内臓にたまっていきますので、内臓疲労や内臓の疲弊状態や内臓の衰弱状態が起きている方が多くいます。

 

例えばですけど、体重が100キロの方がいるとしたら百kg中、体をぎゅっと絞ってみると水分が60キロから65キロにもなります。

 

体重の半分以上が水分だということなんですが、随分と言っても血液だったりリンパ行きだったり、体液だったり細胞の中にも水がありますので全ての水を慌てたらという意味になります

 

水分が何かを起こしたり、水分に疲れやストレスが溜まるということは、考えられませんので、あと残った35キロの中に疲れやストレスがたまるところが存在するということなんです

 

35キロの中には皮膚の重さ、筋肉靭帯の重さ、脂肪の重さと骨の重さと中枢神経系と内臓しかありませんので、消去法で言うと疲れやストレスが溜まる所というのは筋肉にも、たまりながら多くは内臓に溜まっていくということが分かると思います。中枢神経系も内臓-1部ですから、内臓と筋肉に疲れやストレスがたまるということです。

疲れやストレスと肩こり

体に多くの疲れやストレスが溜まることが最終的に内臓に蓄積していき、内臓のバランスが崩れた状態で骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレになっていきます。

 

背骨のズレが起きると骨が動いて移動しているので、筋肉は引っ張られたり緩んだりすることが起きますので、緩んだり引っ張られたりするとリンパの働きが悪くなって老廃物が多く溜まり循環が悪くなります。

 

一番、肩こりを起こしやすい、内臓というのは、心臓と肺が主になります。心臓や肺と言っても病気ではありませんので、何回も注意をしておきます

 

時々、咳が急に出やすくなったり、息苦しさや胸苦しいさや動悸があったり、胸のところで一瞬ですけどチクッとする痛みがあったりということが起きていませんか。

 

この症状が肩こりと関係していますので、いつもいつも出ている訳ではなく、忘れた頃に出てしまうのが肩こりの原因になってしまっている場合が多くありますので、心臓が弱っていると肩こりになりやすく、胸苦るしさが起こりやすく、動悸があったりすることもあったり、胸のところで一瞬ですけど痛みがチクッとする症状が起きるとか言うことがあります。

 

肩こりの方は心臓や肺が弱っていることがありますので、更に心臓や肺を弱らせてしまって進行したものが病気として反応することもありますので、予備軍だというになります。

 

予備軍の中は検査をしても異常は出てきませんから、病院の検査もあてになることはありませんので、病院では病気の検査をしていますので、病気になったら初めて数値の異常が出る場合があります。

検査してみても

当院の心臓や肺の問題というのは、弱りという段階ですから、病気と言っている訳ではありませんから、病院の検査をしてみてもいつも定期検査をしていても見つからない場合が多くあります。

 

病院では病気の検査をしていますので、病気になったら病院に行って検査をしてみなければいけません。

 

寝汗をかきやすかったり、トイレが近かったりというのは心臓から起きている可能性もありますが、心臓と言っても肺が圧迫してしまって心臓になっている可能性もあります。

 

昔であろうと、今であろうと咳が出やすくなった時がないですか。

 

心臓が弱ってしまうと、利尿ホルモンが多く分泌されてしまいますので、トイレが近くなったりすることもありますし、最近多くの方が睡眠負債状態になっていますので、睡眠負債状態等を言うのは寝ているようで眠れていないことです。

 

夜寝ようとするとすぐ眠れるし、朝まで目が覚めないから寝ていると勘違いしてる方が多くいますが、眠りというのは大脳が休養とって寝ている時だけが眠りといいますので、大脳が休養取るということは熟睡状態だということです。

 

 

 

八幡東区八幡西区戸畑区若松区戸畑区などから肩こりを解消する為に。

トップへ戻る