肩こり

肩こり を楽にしていくためには 肩こりの原因になってるものを見つけ出さなければいけませんが原因を見つけ出さなくても楽にすることができるため一時抑えばかりして治ったと思わせる方法が多くありますのでこの方法のことを対症療法と言います。
一時抑えをして肩こりを楽に思わせることができる方法は対症療法といいますが対症療法という方法は湿布を貼ったりすることでも肩こりを楽にすることはできますが原因がすべて残ったままになっています。

 

対症療法という方法はいろいろありますので湿布を貼ったりするだけではなくマッサージをすることも対症療法になりますが多くの方は肩こりと言うと筋肉のこりというイメージがどうしても強いために筋肉のこりを改善しても楽になることもありますがその裏側に潜んでいる原因は変わりなく存在しますので楽にしても原因はいつまでも存在しています。

 

肩こりと言うと 指圧さんや針やお灸などをすることもあると思いますがこれらも全て対症療法というやり方で 原因が残したまま楽にしてもという意味がありますがこれは整体カイロプラクティックの考えなので 他の治療から見ると違うという方はいるかも分かりません。

 

特に肩こりと言うと マッサージをすることでも楽になることがあるためにマッサージをしたり低周波治療器などの電気を当てて楽にする方法もありますが低周波治療器というのも当院では研究をすることをしてみましたので定電流の電気をプラス端子からマイナス端子に流して筋肉を刺激しているだけですから筋肉のコリは一時的に改善するかも分かりませんしリンパの働きが良くなって循環が良くなるそして老廃物が流れるということはあるかわかりませんが、またしばらくすると同じことを起こしています。

 

特に多くの治療院では低周波治療器などの電気を使っていますが 低周波治療器をすることが多いと筋肉は次第に固くなっていきますので硬くなると神経的に麻痺が起きたりすることもありますので麻痺すると肩こりを感じなくなるということが起きています。

 

筋肉は何かの問題を起こしたら感じなければいけませんがあまりにも低周波治療器などの刺激を加えると筋肉が凝ったということがわからなくなるということがありますので 要注意しなければいけません。

 

筋肉が硬くなると筋肉だけ硬くなるということはありませんので周辺にある血管や神経やリンパ管などにも影響を与えてしまい特に神経の流れが悪くなっていくと手のこわばり握力の低下、物を落としやすいなど起こします。

 

神経だけではなく血管の問題が起きると流れが停滞して悪くなりますので老廃物が多く溜まった状態の静脈をうまく流すことができないということもありますが血行不足が起きると筋肉がだんだんと細く力がなくなっていきます。

 

肩こりといっても神経や血管やリンパ管などにも影響を与えることもありますのでその原因たるものを見つけて改善していくことをしないと一時的に楽にすることばかりしていると大変なことになります。

肩こりと疲れやストレス

肩こりというのはどうして起きるのか筋肉のコリが原因なのか筋肉疲労が原因なのか筋肉の中にある循環が悪いのが原因なのかといういろいろな原因がありますが 体には毎日毎日多くの疲れやストレスが溜まりますので疲れやストレスが溜まることが原因で体の歪みやズレが起きていきます。

 

毎日毎日の仕事や生活する時でも精神的な緊張、抑圧やプレッシャーなどを与えられても疲れやストレスが多くなりますので疲れやストレスが体に溜まっていくということが起こりますがこの疲れやストレスがどこにたまるのか。

 

疲れやストレスが溜まるところがあるから たまります。

 

疲れやストレスがたまるところは筋肉にはたまりますが筋肉以外にも多くの疲れやストレスは溜まります。

 

筋肉以外にも疲れやストレスがたまるところは内臓です。

 

内臓と言うと何でもかんでも病気というのを関係づけることなく内臓にも疲れやストレスが多く蓄積していくことが原因で体の中から崩れを起こし崩れることが原因で骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のズレになります。

 

ですから内臓と言うと病気というわけではありませんので注意して説明を聞いてください。

 

毎日毎日の生活や仕事や精神的な緊張状態で疲れやストレスが多く溜まっていきますが筋肉にもたまりながら内臓に溜まっていき肩こりを起こす内臓に多く蓄積していくと背骨のズレになります。

 

骨が動くと筋肉は骨から骨にくっついていますので骨がズレて動いてしまうことで筋肉が引っ張られたり緩んだりということで起きるのが肩こりなんです。

 

多くの筋肉の緊張や筋肉疲労から起きている肩こりは単純に湿布を貼ったりすることでも改善していくことがあると思いますが筋肉だけでコリを起こすことはないと院長は思っていますので必ず背骨のズレが存在しています。

 

背骨がずれると筋肉は緊張したり緩んだりすることで神経の流れも滞ってしまい循環が悪くなりますので肩こりになります。

肩こりと睡眠負債

肩こりを起こすのは疲れやストレスの蓄積で背骨のズレになることが原因なんですが、もう一つの肩こりを起こしている原因があります。

 

肩こりを起こしているもうひとつの原因は睡眠負債です。 睡眠負債というのは夜寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っている方が睡眠負債状態になっていることが多いようですが普通に考えたらこれは最高に良い睡眠つまり眠りをしているように思えますが実は違うんです。

 

単純に目が覚めないから寝ていると誰でも考えていると思いますが寝ている人を見てスースー寝息を立てていたり気持ち良さそうな眠りをしていても脳の中のことまでは見えていませんし考えていません。

 

表面上の横になって目を閉じてスースー寝息を立てているのが寝ているということではないということなんです。

 

眠りというのは脳が休養とって寝ていることを言いますので脳が休養とって寝ていない限りは寝ていません。

 

どんなにいくらスースー寝息を立てて寝ているように見えても 頭の中つまり脳の中のことまで考えてみていませんし頭の中までは誰でも分かりません。

 

寝ている本人も目が覚めないから寝ていると単純に考えるだけなんです。

 

脳から眠りができていないと体はどんどん衰弱状態に陥っていきますので衰弱状態に陥るとハイテンションになり脳は興奮状態になりますから眠れていないにも関わらず朝から元気に動くことが出来ますし疲れることを知れない状態で毎日を過ごすことができます。

 

眠れていないことから起きる脳のハイテンションというのは大変危険で怖いことなんです。 どれだけ心臓など内臓にも負担が起きているのかということが関係しています。 症状が起きてしまって気が付いてしまうような状態では遅いです。

脳疲労と肩こり

肩こりを繰り返し起こしやすい肩こりを感じやすい肩こりになりやすい形の多くは眠れていない方が多くなっていますので眠れていないとどうも弱っていき脳が弱ると心臓が一生懸命働いて脳に血流を良くしようと働きますので時間が長いと心臓が弱っていきます。

 

腎臓の弱りから起きる首の骨の下の胸椎という一番目、二番目の骨は心臓に関係する部分ですから心臓が弱っていくとその骨はズレを起こします。

 

腸毎日毎日の仕事で 疲れやストレスが多く溜まっていきますので疲れやストレスが多くたまると 内臓は弱っていき内臓の弱りが心臓や肺に疲れやストレスを溜めていくと胸椎の一番目、二番目の骨はズレます。

 

内臓に多くの疲れやストレスが溜まることが原因で必ずせも手にズレが生じていきますので何が起きると筋肉は引っ張られたり緩んだりした状態が起き悪化させて進行したものが椎間板ヘルニアになります。

 

椎間板ヘルニアというのも誰でも着るものですから特別なものではありませんので体が疲弊したり衰弱したりということが起きると背骨のズレが起き悪化したものが椎間板ヘルニアという軟骨が飛び出て膨隆した状態、つまり膨らんだ状態のことを言います。

 

最近は多くの方が肩こりにを解消する ために訪れていますが 多くの方が 毎日毎日の疲れやストレスが溜まることが原因で 起きている肩こりの方と睡眠負債状態で起きている方両方の肩こりの原因を持っている方が多くなっていますので検査をして見るとどこから来ている肩こりなのかということが単純にわかります。

肩こりとは

肩こりとは 二つの原因から重なって起きている肩こりが多くありますので両方とも減らすことをしていかなければいけませんが内臓に溜まった疲れやストレスを減らすことで徐々に体は緩んでいき楽になっていきますし背骨のズレも改善されていきます。

 

そしてさらに二つ目の睡眠負債状態の方が多くいますので夜寝ようとするとすぐ眠れる市朝まで目が覚めないから寝ていると勘違いしていて寝ている間も寝ながら考え事をしている睡眠になっている方です。

 

夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えていますが夢を見る前の時間はどんな時間だったのかということを考える人はいません。

 

夢を見ている時間は1秒だったり2秒だったり5秒だったり10秒だったり短時間なんですが長い夢を見ていたような記憶があってもたった1秒ということもあるのが脳が起こすトリックです。

 

夢よりもさらに最高に一番浅い睡眠が寝ながら考え事をしている睡眠なんです。

 

寝ながら考え事をしている睡眠が長時間になってしまうと毎日毎日の生活に影響を出すというよりもハイテンションになった方ほど何もわからなくなります。

 

 

八幡東区八幡西区戸畑区若松区門司区から 多くの方が肩こりを楽にするために訪れています。

トップへ戻る