肩こり

肩こりを 楽にしていくためには筋肉のコリからほぐして 楽にするようにしていますが多くの肩こりというのは筋肉だけで起きている肩こりはあまりないですが 筋肉を揉んだりマッサージをしたり低周波治療器などをしたりすると圧力が下がってしまって原因があるにも関わらず肩こりを感じないということが起きますので肩こりを感じなければ肩こりが治ったと思うでしょうがそれは大きな間違いなんです。

 

肩こりを 感じる時にはどういうことで肩こりを感じているのかということですが肩こりを感じる時には全体的に体に疲れやストレスが溜まっていることが多く見受けられますので疲れやストレスがきっかけで肩こりになるということです。

 

肩こりというのは単純な筋肉のこりだけではなく本当は背骨の歪みやズレが起きていることが原因で筋肉が引っ張られたり緊張したりすることが肩こりになりますが筋肉だけをほぐしても何も背骨の歪みを改善しなくても筋肉さえ楽にすれば肩こりが楽になることがありますので 肩こりを治したと思っているでしょうが本当の原因は背骨のズレにあります。

 

肩こりを楽にすることと肩こりを原因から直していくということは全然意味が違います。

 

肩こりを楽にする方法というのは湿布を貼ったりしても鎮痛効果があって肩こりが楽になることもありますし肩こりを楽にするというドラッグストアなどで売っているサプリメントや医薬部外品などを服用することでもカタクリは楽になりますしマッサージをすることでも専門家の先生に揉んでもらうことでも家族の方に肩を揉んでもらうことでも肩こりは楽になることはありますして周波治療器や電気などをかけて肩こりを楽にしていくという方法もありますし針、お灸などをさして肩こりを楽にする方法もあります。

 

肩こりを楽にする方法というのはこのように色々ありますけど本当の意味で肩こりを治しているわけではなく特に低周波治療器などは肩こりのこりをプラスの端子から電流を流してマイナスへ電気を流すことで筋肉を刺激することでリンパの働きは良くなりますし老廃物は流れていきますが流れていくのは一時的ですぐにまた元に戻ってしまいます。

 

多くの治療院で色々な低周波治療器の機械を用いている場合が多くありますが低周波治療器を当院でも昔はよくを使っていましたが意味も知らずに使っていました。

 

低周波治療器というのは本当に低電流の電気をプラス端子からマイナス端子に流して筋肉を疲労させることをしていますが筋肉が電気で刺激することでリンパの働きは良くなりますし老廃物は一時的に流れていきますが原因を取り除いているわけでもないのですぐにまたリンパの働き悪くなり老廃物が多く蓄積していきます。

 

肩こりを治している治療院でさえ肩こりの原因を知りません。

 

肩こりというのは見た目で見て表面上には筋肉しかありませんから筋肉さえほぐせば肩こりは楽になる場合が多くありますからこれは圧力が下がることで肩こりを解消しようという方法ですから肩こりを感じている時には圧力が上がったままになっています。

肩こりを検査

肩こりを検査する方法というのは 大変難しく誰でもできるものではありませんのでどこから肩こりが起きているのか本当に筋肉のコリで起きているのかということを検査することをしていません。

 

ただ肩こりの筋肉を触ってみて固くなっているという風に言うしかありませんがどうして固くなっているのか、なぜ硬くなっているのかということを考えてもいませんし見ていません。

 

肩こりを起こしている時には筋肉が中心的に考えられていますが、どうして筋肉が凝りを起こすのかという裏側にある原因まで考えて改善しようとしていませんので 元に戻りやすく肩こりを感じていない時でも原因がいつまでもそのままではいられません。

 

肩こりの原因というのは どうして筋肉のコリが起きて肩こりになるのかというわけがあるということですからその理由まで考えて肩こりを改善するようにしないと本当の意味で肩こりを治したまたは楽にしたということは言えないと思いますので対症療法ばかりしていると肩こりの原因を見逃す結果になると思います。

 

対症療法というのは原因なんかは関係なくただ楽にすることを考えている方法なんですが 対症療法という方法はマッサージをしたり電気をしたり低周波治療器を当てたりサプリメントを飲んだり する方法です。

 

対症療法というやり方は多くの治療院で一般的に使われている方法なんですが対処療法というやり方でも楽にすることはできるために原因なんかを見つけ出すことは大変難しく高等テクニックを要するので表面上の痛みやコリを楽にすることばかりしていますが肩こりと言っても単純な筋肉の疲労だけで起きている古里はあまりないと思います。

 

肩こりと言うと筋肉の疲労から起きている緊張で肩こりを起こしていますので筋肉疲労が起きた時の一番の特効薬はアイスノンなどで肩の凝りを感じているところを冷やすことなんですが又は湿布でも構わないと思いますが何よりも冷やした方がこりを改善できるときもありますし温めたりお風呂に入ったりすることでも構いませんがそれでも改善しなければそれ以外で起きていると考えた方がいいと思います。

 

それ以外というのは筋肉意外という意味になります。

筋肉以外で起きる肩こり

肩こりと言うと 多くの肩こりは筋肉のコリを伴う状態で起きていますが筋肉のコリが起きる時には必ず背骨のズレやゆがみが起きています。

 

背骨がずれたりすると筋肉は骨から骨にくっついていますので骨が動いたりすることで筋肉は引っ張られたり緩んだりということで緊張状態になりコリになります。

 

しかし姿勢が悪かったり猫背になったりして背骨がずれたりすることはありませんので どうして背骨がずれたのか背骨がゆがんだのかという原因が体の中にありますので外的な要因つまり姿勢で背骨がずれたりすると中枢神経系を守っている背骨ですから大変なことになります。

 

ではどうして背骨がずれたり背骨が歪んだりするのかということですが毎日毎日の生活でまたは仕事でまたは睡眠不足状態が積み重なっていき体には多くの疲れやストレスが溜まっていきますのでこの疲れやストレスが蓄積した状態が背骨の歪みを起こしていきます。

 

毎日働いた疲れやストレス家庭での疲れやストレスを唯一減らすことができるのは美味しい焼肉を食べることでもなく 焼肉以外でもうなぎを食べることでもなく アルコールを飲んだりすることでもなく タバコを吸ったりすることでもなく唯一疲れやストレスを減らすことはできるのが寝ている時だけです。

 

寝ている時というのも脳から寝ていない限りは眠れているとは言えませんので脳が休養とって寝ていることが眠りなんですが、多くの方が、これを勘違いしています。

 

寝ている人を人が見てもスースー寝息を立てて気持ちよさそうな眠りをしていても脳の中が寝ているかということを考えてみていません。

 

脳の中を見るということは大変難しいんですが 誰が見ても寝ているような状態でも眠りが浅くても寝ている状態ですから眠りが浅くて寝ている方が5時間も6時間も多くなっています。

睡眠障害と肩こり

最近は多くの方が寝ているようで眠りが浅くて目が覚めなければ寝ていると勘違いしていますし夜寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っている方が多くなっていますが本当の眠りというのは脳から休養とって脳が寝ていることを言いますので誰が見ても体を横たえてグーグー寝ていても眠れているとは限りません。

 

脳が休養とって寝ている時こそを体に蓄積した疲れやストレスを減らすことが出来唯一の方法なんですが眠れていない状態だったり夢ばかり見ていると脳は活性化していますので脳の活性化状態が長い時間あればあるほど脳は弱っていきます。

 

夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えていますが 一番最悪な睡眠というのは寝ながら考え事をして睡眠なんですが寝ながら考え事を知る睡眠は目が覚めた瞬間に忘れてしまいます。

寝ながら考え事をしている睡眠と肩こり

多くの方が寝ながら考え事をしている状態になっていて肩こりを起こしていますので寝ながら考え事をしている睡眠をしていると体調はどん底のような体調していますし奈落の底のような体調をしていても脳が弱ってしまっていると痛みやこりと体調の悪さを感じ取ることができません。

 

肩こりを起こしている時には全体的に体調を落としていますのでそこは感じていない方が多くなっていますからただ肩こりとしてしか感じていないという方がいますが背骨や骨盤の歪み、開きを見てみると大変多く起きていますがそれらを感じていることはできません。

 

脳が元気だから軽い 時に痛みやコリを感じていきます。

 

脳が元気だからインフルエンザが体内に侵入して増殖してしまうと熱を上げてウイルスを減らそうとすることをしますが脳が元気ではないと隠れインフルエンザになります。

 

 

 

 

 

八幡東区八幡西区戸畑区門司区若松区から多くの方が楽になる肩こりを。

トップへ戻る