小顔矯正

当院の小顔矯正は初回から顔が小さくなる小顔矯正ですから 多くの方が初回から 顔が小さくなっていっています。

 

当院では顔の小さくなるということがわかってもらえるように 小顔矯正に入る前に顔を触って覚えてもらうようにしています。
小顔矯正に入る前と小顔矯正をした後の 変化が分かるようにしています。
多くの小顔矯正をする治療院がありますが当院では必ず顔が小さくなりますから 顔を触って覚えておかないと 顔が小さくなったということがわからなくなりますのでしっかり触って覚えておくようにしてください。
当院の小顔矯正は他とは違う小顔矯正をしていますので 必初回からまた始めから顔が小さくなる小顔矯正をしています。

 

当院では小顔矯正に入る前に 顔の触り方を 教えていますので顔の 触り方は 料亭で 顔全体を覆うようにして 手のひら全体で触るようにします。

 

そして手のひらで左右を感じるように触ると多くの方がわかる場合がありますが中にはこの触り方をしても 顔が小さくなったということがわからないかと思いますのでしっかり触って覚えるようにしてください。

顔の触り方

顔の触り方は 大変難しいので 簡単ではありませんが 自分の手で 顔が小さくなったということが分かるため 多くの方が 変化に驚いています。
しかし中には顔をどんなに小さくしてもわからない方もいますので しっかり触って 覚えるようにしてください。

 

顔を触って覚える時には 手だけではなく頭を使って覚えていますので頭の感覚神経という神経を総動員して触るとわかりますがまた感じようとするとわかる 場合が多いようなので感覚神経を頭をいっぱい働かせて 手に集中させて 判断するようにしてください。

 

顔どんなに小さくしてもわかる方と 同じように顔を小さくしても分からないかと思います。

 

顔をどんなに小さくしてもわからない方は 手の問題があるか 感覚神経の異常になっていますので治療を受け続けてもらうとわかるようになりますがこれがわからないということは大変なことです。

 

本当に最近時々分からないか違いますのでこれだけ顔を顔をかえてもわからないのかということにもなりますので注意してしっかりと覚えるようにしてください。

 

顔の触り方は顔の 部分を全体的に手のひらで触って 少し抑えながら 左右さを感じるようにします。

 

顔を触る時にパっぱって触ってしまうとよく分かりませんのでしっかりと把握するようにして触ると 100人中、90人の方はわかります。

小顔矯正に入ります

顔の大きさを覚えたら 小顔矯正に入っていきますから しばらくは 力を抜いて うえむきに寝ているだけです。

 

当院では小顔矯正をする時に顔を無理に押さえつけたりすることなくボキボキすることもなく強くもなく痛くもなく安心安全な小顔矯正をしています。

 

当院では小顔矯正をしていくときに 顔をマッサージするようにして 顔を小さくするようにしています。

 

マッサージをするようにと言いましたが実際にはマッサージをしているわけではありません。

 

マッサージをするようにして顔を揉んだりしているだけで顔が小さくなっていく技術をありますので マッサージをしているようにしか見えないだけです。

 

しかしこのマッサージをするようにして小顔矯正をしていくまた顔が小さくなる技術というのは大変難しく誰でもできるものではありませんが簡単にしているようにしか見えないためにマッサージをして小顔矯正をしているという風にしか説明できません。

マッサージをして小顔矯正

マッサージをするようにして顔を揉んで小顔矯正をしていきますので 顔を触って小顔矯正に 入ります。

 

ですから顔を揉んだり しながら顔を整えていくこと言うことをしていますが特に顎のラインは 変化が大きくありますのでしっかり触って顎のラインを覚えてもらうようにしています。

 

顎のラインというのは大変多くの形が太くまた大きくなっていますのでその部分を変えることでも顔が小さくなります。

 

そしてもう一つ変わりやすい所は ホホ骨の出っ張り度合いです。

顔を矯正する時に

当院では顔を矯正していくときに 検査することをしています。

 

この検査も特殊な検査なので誰でもどこでもできるものではありませんがかなり高度的な 熟練が必要な検査法です。

 

顔を検査するというのも大変変な話なんですが小顔矯正をして行く時には 多くの方が自分で気づかずに持っている顔の異常というものを見つける必要があります。

 

小顔矯正をして行く時には一番ここが重要な問題になるわけですけど多くの方が何も症状が起きなくても顔の異常を持っています。

 

顔の異常を見つけていくという検査も大変重要な要素になるのがここなんですが検査をしないと見た目だけでは顔のどこの部分に異常があるのかまた何が起きているのかということがわかりません。

 

顔を見て判断できるものではありませんのでどういう風にしてまたどこの部分が何が起きているのかということを探さないと 小顔矯正をしていく意味はありませんし効果はありません。

 

顔を触って小顔矯正をして行く時には 特に異常のある部分を見つけて治療に入っていきますが小顔矯正というよりも本当に治療という要素が多くあり今までたくさんの小顔矯正をしてきましたが100人中100人の方が 何らかの顔の異常を持っている方ばかりでしたからそれらを調整して改善していくだけでも顔が小さくなって顔がすっきりしていきました。

 

顔の異常を見つける検査というのも大変難しいことですができるようになればすぐにできますからそんなに難しい技術ではないと思う方も多いと思いますができるから簡単に行ってるだけであってできるからそう見えるだけであって簡単な技術ではありません。

小顔矯正をしてる時に

当院では小顔矯正をしていくときに顔の異常のある部分を検査することに見つけることができますから その異常のある部分を整えていくことで顔がすっきりしていく小顔矯正です。

 

顔の異常というのは見た目見て分からない状態で色々なことが起きていますので中には骨が炎症を起こして骨が腫れていると言うかと思いますので骨の炎症や腫れを調整して整えていくことでも顔が スッキリして小さくなります。

 

大変多くの方に顔の炎症や腫れということが起きていますし筋肉や靭帯を 炎症を起こしたりハレたりということが起きますし顔の骨自体も炎症を起こしたり晴れということもあります。

顔の炎症や腫れ

顔の炎症や腫れというのは大変多くの方に起きていますがその起こるには原因があります。

 

何も原因がなくて顔の炎症や腫れが起きるということはありませんが多くの場合しっかりとした原因があってその原因が大変なことになっています。

 

その原因というのは脳疲労なんですが脳疲労がどうして起きているのかという原因があります。

 

脳疲労が起きる原因は眠りの問題にありますしまた最近多くの方が 脳疲労が起きている原因は睡眠負債という問題になっています。

 

睡眠負債という問題は重ねれば重ねるほど無限大に限界なく際限なく積み重ねることができますので 脳疲労が起きれば起きるほど積み重なって蓄積していきます。

 

脳疲労が起きる原因というのは不眠症です。

 

しかし最近の不眠症は昔とは違います。

 

最近の不眠症は夜に寝たら朝まで起きないと不眠症です。

 

夜に寝たら朝まで起きないから寝ていると勘違いする不眠症なんですが この不眠症が最近、多くの方に起きている現象です。

 

当院では体質改善という小顔矯正の治療法がありますので体質改善の 小顔矯正の方法が一番効果も大きく変化も大きく持続力があります。

 

しかし初回からできる 治療法ではありませんので早い方で3回目とか4回目とか5回目から小顔矯正の体質改善の方法ができます。

 

 

 

 

 

当院では北九州市八幡東区と八幡西区と戸畑区などから多くの方が訪れている小顔矯正をしている カイロプラクティック徳力整体院と言います。

 

トップへ戻る