小顔矯正で顔を小さくする

当院では初回から顔が小さくなるので人気がある小顔矯正をしていますが顔を小さくしていくためにはどうやったら顔を小さくすることができるのかということを検査することをしていますから全員の方が今まで顔を小さくすることに成功しています。小顔矯正

自分で顔が小さくなったのがわかる

小顔矯正をしていくときには本人にわかるようにして顔を小さくすることをしていますので小顔矯正に入る前に全員の方に自分の顔の大きさを手で触って確認してもらっています。
小顔矯正に入る前に自分の顔の大きさや形や浮腫度合いなど覚えておかないと小さくなったのがしっかりと分かりませんしいい加減に触ってしまうと判断することができません。
矯正に入る前に顔をしっかり触って覚えてもらうことをしていますので変化したのが分かる方が多くいますが時々触り方が甘かったりいい加減に触ってしまっている方は小さくなってもわからないという方がいるのは事実です。

小顔矯正をする時には顔を触る

しかし10人の方が来て9人の方が分かると思いますができるだけしっかりと触って覚えてもらうことをしていますので触り方がいい加減では無い方がしっかりと分かると思いますからしっかりと触って自分の顔の大きさや形や輪郭などやむくみ度合いをしっかりと覚えておいてください。
矯正に入る前に顔を触る時には両方の手首を顎の部分に合わせるようにして触って手のひらと指を顔に密着させるようにして触るだけなんです。
しかし触るだけといっても鏡で見て判断するよりも手で触るということは大変難しいことですから簡単だと思って手を当てただけでは顔の大きさを分かっているものではありません。

左右差を感じること

顔を小さくしていく矯正に入る時には左右差を感じるようにして触ってください。
まず顎の部分に両方の乳首をくっつけるようして触って手のひらと指を顔に密着させるようにして触ります。
この時に目の前に鏡を置いて手の状態を確認しながら触ってもらった方がいいと思いますので必ず手が顔にくっついているかどうかを確認してください。
矯正に入る前に2度ほど顔を触って覚えてもらうことをしていますがどうして2度も練習をしているのかと言うとしっかりと触ってもらうことができているのかということがありますし、いい加減に触る方が時々いるからです。
いい加減に触ってしまったかたほど分かりませんので左右さを感じようとして触るということが一番、大切ですから左右差を感じようとして触って覚えるようにしてください。
顔の左右差

顔の左右差を感じることが大切

どうして左右さを感じようとして触った方がわかるのかと言うと左右差を感じようとする時に手の集中力と体だけではなく大脳にある感覚神経が働くからです。
手の集中力と大脳 働かせることで手の感覚が増しますからしっかりと顔の大きさがわかるということです。
手だけで当ててしまった方ほど分かりませんので感じようとしてください。
顔の大きさを感じようとした方ほど小さくなったのがしっかりと分かるからです。
しかし強引に言うことはできませんので甘く指導はしていきますし説明はしっかりとしています。
当院では初回から顔が小さくなりますのでしっかりと触って覚えてもらうことをしています。

顔を小さくする為には

顔を小さくするためにはどうやったら顔を小さくすることができるのかという問題なんですが当院では検査することをしていますので検査をしてみて多くの方の異常のある部分を見つけ出すことができます。
今まで小顔矯正に当院に訪れて顔に異常がない方はいませんので異常のある部分を見つけ出して行くと顔を小さくすることができますが以上のある部分というのは顔にも疲れやストレスが多くたまることがあるわけです。
変な言い方かも分かりませんが実際に顔に疲れやストレスが多く溜まっていることがありますので疲れやストレスが顔に多く溜まっているとむくみや脂肪が多くなっていき顔の骨が炎症を起こしたり腫れたりすることがあります。

顔に炎症やハレがあると顔が大きくなる

顔に炎症や腫れが多くなっていくとむくみが多くなり脂肪が多くなっていきますので徐々に顔をも大きく見えるようになり実際に骨が炎症を起こしたり腫れたりすることで顔が肥大していき大きくなっていきますが特に日曜よりも夜寝て朝目が覚めた時ほど顔が肥大していく傾向がありますので徐々に顔というのは大きくなっていくわけです。
特に顎の部分というのは顎のラインが細くなっていくことがありますが逆に考えれば顎のラインの骨が炎症や腫れが強く起きているとむくみや脂肪が多くなったりあごのラインがなくなっていくということがあります。
顔を小さくしていく矯正というのも検査をしてみると色々な状況がわかってきますがただ何も考えずに顔を小さくすることではなくどうやれば顔は小さくすることができるのか何をすれば顔を小さくすることができるのかということを考えて検査することをしています。
当院の小顔矯正は電気などを使うこともなく機械を使うこともなく手の技術力のみで顔を小さくすることをしています。

手の技術だけで顔を小さくする

当院では顔を小さくしていくためには手の技術力と言ってもどういう技術力なのかということがありますのでマッサージをするような感じだと思えば近いと思いますけどマッサージをして顔が小さくなることはありませんので実際に小顔矯正をしている時に友人の方が見ている場合もありますがマッサージをしているように簡単にしているとしか見えないということが多く言われます。
しかし何回も言いますがマッサージをして顔が小さくなることはありませんので上手にマッサージをしているわけでもなく単純に顔を揉んだりしているだけで徐々に顔が小さくなっていくという小顔矯正をしています。
小顔矯正をして行く時には深く関係しているものがあります。
小顔矯正と睡眠負債

顔を小さくする為には疲れやストレスと睡眠負債が深く関係

顔を小さくしていく小顔矯正には疲れやストレスの蓄積と睡眠負債状態が深く関係していますので疲れやストレスを顔だけではなく体からも減らさなければ維持する力や持続性はありませんので顔だけして顔が小さくなっても体がボロボロであれば維持することはできませんし持続力なんかはありません。
体に疲れやストレスが溜まる時には身体全体に疲れやストレスが溜まっていますので身体全体というのは顔や頭にも疲れやストレスが溜まるということもあるということですから特別なものではなく普通一般的に生活したり仕事をしたり運動したりすることで疲れやストレスが多くなっていきます。

疲れやストレスの蓄積

多くなってしまった疲れやストレスが体に溜まっていきますので体に溜まることで体のむくみや脂肪が多くなったり単純にむくみや脂肪だけではなく骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレが起きていくということが多く見受けられます。
そしてさらに最近は多くの方が睡眠負債状態に陥っていますので睡眠負債状態に陥っていることに気がついていない方が多くいます。
不眠症という言葉がありますが不眠症ということは夜寝ようとすると1時間も2時間も眠れなかったり夜中に何回も目が覚める方が不眠症です。

不眠症と睡眠負債

不眠症と言うと多くの方がなんとなく理解していると思いますが睡眠負債という言葉が最近新しい言葉としてありますが睡眠負債という言葉は不眠症とは全然違う現象が起きていますので多くの方が睡眠負債状態に陥っていることが検査をしてみると分かります。
睡眠負債状態に落ちている方は自分で気がついていない方が多くいます。
睡眠負債状態の方は夜寝ようとすると朝まで眠れて目が覚めることはありません。
普通に考えれば良い睡眠をしているような感じなんですが実はここに大きな間違いがあります。
睡眠負債状態というのは夜中に目が覚めることはあまりなく朝まで目が覚めることはありません。
夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えていますが睡眠負債状態の方は寝ながら考え事をしている時間が圧倒的に長くなっています。
しかし寝ながら考え事をしてる睡眠というのは一応は寝ていますので寝ていると思っているでしょうが実はとんでもないことが起きています。
睡眠負債状態というのは寝ているようで眠れていませんので大脳が急激に弱っていきますしあくびが出ることがあまり少なく朝起きてもあくびが出ないから寝ようとする時間にあくびが出ない方が多くいます。
代表的な例で言うとあくびが出ないのが睡眠負債状態だと思っても間違いではありません。
睡眠負債状態の方は顔が大きくなりやすく肥大しやすく顔のむくみや脂肪が多くなりやすくなります。
体の方もむくみや脂肪が多くなるのが特徴です。

検査することで判明すること

小顔矯正を希望されて訪れた方の検査をしてみると多くの方が睡眠負債状態に陥っている方が多くいますので睡眠負債状態に陥っていると大変なことが起きていきますので大変なことというのは内臓疲労や大脳の疲労が強く起きてしまっていることです。
大脳疲労や内臓疲労が強く起きてしまうと体調が総合的なもので言うと奈落の底のような体調していたりどん底のような体調になってしまいますがそれを言う状態になって寝込んでいなければいけない状態の体でも分からなくなってしまいますのでわからないと風邪をひくこともできませんから風邪の細菌がいっぱい入っていても風邪で寝込むこともなく熱を出すこともありません。
大脳が元気だから風邪の細菌を減らそうとして熱を上げる動作をしていき風邪の諸症状が起きていくということが起こりますが滞納が弱ってしまった方ほどめいっぱいまで溜め込まない限りは風邪を引くこともありませんし高熱が出ることもありません。
すべては体の状態が関係していますので風邪と細菌が入っていても普通は体内に増殖しても何も起こることはありません。
大脳が元気だから高熱を上げて細菌を減らそうとしているわけです。
大脳が弱ってしまうと熱を上げる元気もありませんし仮に熱を上げてしまったら細菌を減らしても下げることが出来なくなってしまい死亡に至ることもあるわけです。

睡眠負債で大脳が弱ると顔にも浮腫み、脂肪が多くなる

昔からことわざにあるようにバカは風邪ひかないという感じで言うこともありますがバカというのは大脳が弱った方の場合です。
小顔矯正をしていくときにも体に溜まる疲れやストレスの蓄積度合いと睡眠負債状態が一番関係していますし顔の近くにあるものは大脳があるわけですから大脳が深く関係してしまっているということが顔を小さくするための障害になっています。
小顔矯正で顔を小さくしていくためには疲れやストレスを減らすことはもちろんですし大脳に溜まってしまった疲れやストレスまたは体に溜まってしまった疲れやストレスを減らすことで顔が小さくなっていき骨の変形が取れて骨の肥大状態が解消できると顎のラインは特に小さくなっていき細く引き締まっていきます。
疲れやストレスというのは溜まるところに関係なく溜まっていきますのでどこに溜まったかで骨が変形したり炎症を起こしたり腫れたりすることや骨が肥大しながら形を変えてしまうということが起きてしまうのが事実なんです。
特に本当に顎のラインというのは多くの疲れやストレスを溜めてしまって肥大や炎症を起こしていますので肥大や炎症を起こすと起こしたところの周辺の部分はむくみや脂肪が多くなっていきます。
小顔矯正の方法として二つの方法があります。
一つは疲れやストレスの蓄積状態を減らしていく方法で顔を小さくすることです。
あともう一つは体質改善の施術で体を治していくことで顔を小さくしていき維持する力屋持続力をつけていく方法があります。
小顔矯正と睡眠負債

トップへ戻る